軍事的報道

2026年までに初飛行?公開された第6世代戦闘機「FCAS」モックアップ!

フランスのパリで開催中の「パリ航空ショー」で、フランスとドイツが共同開発を行っている第6世代戦闘機開発計画のモックアップを公開した。

2026年までに飛行モデルの初飛行を目指すFCAS

6月17日、フランスのパリで開催中の「パリ航空ショー」で、フランスの防衛企業ダッソーと、欧州防衛企業のエアバスは、フランスとドイツが共同開発を行っている第6世代戦闘機開発計画(Future Combat Air System(以下、FCAS))のモックアップを、初めて公開した。

モックアップ公開に先駆けて行われた式典では、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、フロランス・パルリ国防大臣、ドイツのウルズラ・フォン・デア・ライエン国防大臣、スペインのマルガリータ・ロブレス国防大臣が登場し、FCAS開発協定書にサインを行った。

3ヶ国によるFCAS共同開発への署名により、これまでの概念研究から、デモンストレーションフェーズに移行し、2026年までに飛行モデルの初飛行を目指しているらしい。恐らく、ここで言及された飛行モデルとは、量産機の試作機ではなく、日本の先進技術実証用の実験航空機「X-2」の概念に近い、技術実証用の機体のことだろう。

FCASの開発は、機体についてはダッソーが、システム開発についてはエアバスが、エンジン開発についてはサフランとMTUが担当するようようだ。


数値的なものは、全く公表されていないが、このモックアップの全長は、恐らく18~20m程度はあるのではないかと思う。

これがそのまま実機になるとは思わないが、フランスは戦闘機ラファールの後継機として、このFCASを採用する予定なので、当然、艦載機としての運用も考えている。

2040年頃に、フランスの空母「シャルル・ド・ゴール」が現役なのかどうかは不明だが、全長14m程度のラファールに比べて、大型化しているFCASを中型空母から運用できるのか非常に気になる。

空母での運用のため、機体サイズを小さくしろと言い出せば、ユーロファイター・タイフーンの二の舞になるのは確実だ。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

関連記事

  1. 軍事的報道

    歴史上初!飛行中のステルス爆撃機「B-2」コックピット映像をモザイクなしで公開!

    未だに秘密のベールに包まれている、米空軍のB-2ステルス爆撃機。最近、…

  2. 軍事的報道

    韓国空軍「F-35より優れ『極超音速飛行』が可能な第6世代機を開発」発言

    韓国空軍は、現在、導入が進められているステルス戦闘機F-35Aよりも、…

  3. 軍事的報道

    英国、時代遅れの戦車「チャレンジャー2」のアップグレード2年延期

    英国陸軍の主力戦車であるチャレンジャー2について、「1998年に登場し…

  4. 軍事的報道

    韓国、国産戦闘機「KFX」用AESAレーダー設計完了!2020年にも試作レーダー完成

    韓国の防衛事業庁は、韓国型戦闘機「KFX」に搭載されるAESAレーダー…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 6月 18日

    今回お披露目されたモックアップではDSIの採用とYF-23のように水平尾翼・垂直尾翼を統合しているらしい一対の尾翼でステルス性は確保してる感じかな?

    まあ、この機体サイズのままで行くならF-35みたいに一機種でCTOL/STOVL/CATOBAR機を揃えるのは難しそうですね

    • 匿名
    • 2019年 6月 18日

    ダイバータレスか…これ今後のステルス機の標準装備になるのかな?
    今の所賛否両論て感じだけど、少なくとも制空戦闘機につけるのはちょっと…と個人的には思う

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP