軍事的報道

ついに全貌を表す第6世代戦闘機「FCAS」、パリ航空ショーでモックアップ公開予定

現在、フランスのパリで開催されている「パリ航空ショー」で月曜日、フランスとドイツが共同開発を行っている第6世代戦闘機開発計画(Future Combat Air System(以下、FCAS))のモックアップが公開される予定だ。

フランスとドイツが共同開発を行っている第6世代戦闘機「FCAS」の全貌が明らかに

フランスのダッソーは、17日の月曜日(現地時間)、パリ航空ショーでFCASのモックアップを公開すると予告し、既にシートに覆われたFCASのモックアップの姿を会場で目撃したという報告が、SNSを中心にあがってきている。

フランスとドイツが共同開発を行っている第6世代戦闘機開発計画(Future Combat Air System(以下、FCAS))は、高度なネットワークを通じて、あらゆるセンサー、あらゆるドローン、あらゆる兵器を制御可能な、これまでに見たことがない能力を持つ「第6世代機」だと、フランスとドイツは定義している。

既に、フランスとドイツの企業は、概念研究、試作エンジンの開発に着手し、実際に計画が動きだしていて、この計画へのスペインの合流が決まっている。

出典:pixabay ラファール

FCASプロジェクトの参加国が持つ潜在的需要は、ドイツとスペインの「ユーロファイター・タイフーン」の後継機として200機前後、フランスの「ラファール」の後継機として約130機、フランス空軍のミラージュ2000も含めれば、さらにもう100機以上の需要があるので、この3ヶ国だけで400機以上の潜在的需要を抑えたことになる。

一方、英国主導の第6世代戦闘機開発計画「テンペストプロジェクト」は、欧州の大手軍需企業(BAE、レオナルド、MBDA、ロールス・ロイス)の計画参加表明こそあるものの、このプロジェクトに参加するという国は、今の所皆無だ。

プロジェクトを主導している英国ですら、正式にプロジェクトへの投資を行うか判断を下しておらず、インドや日本に対する売り込みの結果によっては、英国単独開発、もしくはプロジェクト中止も十分に考えられる。

昨年のパリ航空ショーでは、英国の「テンペストプロジェクト」が注目を集めたが、今年のパリ航空ショーでの主役は、確実にFCASだ。

24時間後には、モニター越しに映るCGモデル上の存在でしかなかった第6世代戦闘機「FCAS」の全貌が明らかになっているだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

海上自衛隊の戦闘指揮所が進化!近未来的なCICを搭載する新型護衛艦前のページ

日本F-35爆買いは愚かな証拠? F-35を2000機以上爆買いする米国は愚かなのか?次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    韓国、国産戦闘機「KFX」用AESAレーダー設計完了!2020年にも試作レーダー完成

    韓国の防衛事業庁は、韓国型戦闘機「KFX」に搭載されるAESAレーダー…

  2. 軍事的報道

    またF-2と同じ運命? 米国、日本の次期戦闘機「F-3」開発は日米同盟の象徴となる

    米国のシンクタンク「大西洋評議会」は17日、日本の次期戦闘機「NGF(…

  3. 軍事的報道

    米メディア、日本の進める第6世代戦闘機開発計画は欧州の計画より実現性が高い

    米国のミリタリーウォッチは28日、日本独自の第6世代戦闘機(次世代戦闘…

  4. 軍事的報道

    B-2にそっくり? 米空軍、ステルス爆撃機「B-21レイダー」の新CG画像を公開

    米空軍とノースロップ・グラマンは開発を進めているステルス爆撃機「B-2…

  5. 軍事的報道

    インドネシアと組んだのは失敗? 韓メディア、戦闘機「KFX」開発はロッキードと組むべきだった

    韓国メディアは開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」について、インドネシ…

  6. 軍事的報道

    アフガニスタンで旅客機墜落は誤報? 米空軍の戦域通信中継機「E-11A」が墜落

    ポーランドのF-35導入契約に関する話題や、アフガニスタンで民間旅客機…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 6月 17日

    おー結構ワクワクする
    地味に第六世代戦闘機の開発で一番進んでない?

    • 匿名
    • 2019年 6月 17日

    モックまでなら韓国でも作れる。

  1. 開発方針のモデルはいろいろですね
    合衆国はニューコンセプト、新部材、ニューエアーフレーム、ソフトでゲームチェンチェンジャーorデス
    ロシアはエアフレームに新部材搭載毎にエアフレームの再設計で終わらない設計開発&補給負担
    本邦は開発済み部材を取りまとめてニューエアフレームに押し込みで後追い開発
    ヨーロッパは船頭多くて公共事業要素が強く、エアフレームとエンジンの同時開発
    上手くいくとイイネ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP