軍事的報道

北朝鮮の「瀬取り」監視のため、オーストラリアが4度目となる航空機「P-8ポセイドン」派遣

防衛省が4月26日、北朝鮮の「瀬取り」に対して、関係国による警戒監視活動について発表を行った。

参考:「瀬取り」に対する関係国による警戒監視活動について

北朝鮮の瀬取り監視のため、オーストラリアが4度目となる航空機派遣

防衛省の発表によれば、国連安保理決議により禁止されている北朝鮮籍船舶の「瀬取り」を含む違法な海上活動に対して、オーストラリア空軍が、5月上旬以降、国連軍地位協定に基づき、在日米軍嘉手納飛行場を拠点として、昨年以降4度目となる航空機による警戒監視活動を行う。

補足:国連安保理決議とは、平成29年9月に採択された国連安保理決議第2375号のこと。この決議は、国連加盟国は北朝鮮籍船舶に対する又は北朝鮮籍船舶からの洋上での船舶間の物資の積替え(いわゆる「瀬取り」)を容易にし、又は関与することを禁止した。

また、オーストラリア海軍が、フリゲート「メルボルン」を日本へ派遣し、5月上旬以降、東シナ海を含む日本の周辺海域において、昨年以降2度目となる警戒監視活動を行う予定だ。

因みに、オースラリア空軍が派遣する航空機は、最新鋭の対潜哨戒機「P-8A ポセイドン」だ。

オーストラリア海軍が派遣するフリゲート「メルボルン」は、アデレード級と呼ばれるフリゲートで、これは米海軍が建造していたペリー級ミサイルフリゲートを導入したもの。

設計や装備についてはペリー級フライトIIと完全に同型。

出典: public domain アデレード級フリゲート「ダーウィン」

後に、シーホーク導入のため、艦尾延長やフィンスタビライザーの装備などの改良が行われ、ペリー級フライトIIIに準じた構成になっている。

ただ、アデレード級フリゲートは、1970年代後半に建造された旧式艦で、6隻建造された同型艦の内、4隻はすでに退役済み。

今回派遣される「メルボルン」と、もう1隻「ニューカッスル」のみが、現役として運用されており、恐らく、現在建造中のホバート級イージス駆逐艦と交代する形で、数年後には退役するもの見られている。

 

これまでに、北朝鮮籍船舶による「瀬取り」行為と疑われる事例12件を確認

防衛省の資料によれば、北朝鮮籍船舶の「瀬取り」を含む違法な海上活動を取り締まるため、これまでに米国を始め、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、フランス、英国が、航空機や艦艇を派遣した。

航空機派遣国(米国以外)
2018年4月下旬から約1か月間 オーストラリア空軍、カナダ空軍
2018年9月中旬から約1か月半 オーストラリア空軍、カナダ空軍、ニュージーランド空軍
2018年12月上旬から約1週間 オーストラリア空軍
2019年3月中旬から約3週間 フランス空軍
2019年5月上旬以降 オーストラリア空軍

※派遣された航空機は、在日米軍嘉手納飛行場を拠点として、警戒監視活動を実施。

艦艇派遣国(米国以外)
英国海軍 フリゲート「サザーランド」 2018年5月上旬
揚陸艦「アルビオン」 2018年5月下旬~6月中旬
フリゲート「アーガイル」 2018年12月中旬~2019年1月上旬
フリゲート「モントローズ」 2019年2月中旬~3月上旬
カナダ海軍 フリゲート「カルガリー」 2018年10月上旬~下旬
補給艦「アステリックス」 2018年10月上旬~下旬
豪州海軍 フリゲート「メルボルン」 2018年10月上旬
フランス海軍 フリゲート「ヴァンデミエール」 今春より警戒監視活動を実施中
豪州海軍 フリゲート「メルボルン」 2019年5月上旬以降

※派遣された艦艇は、東シナ海を含む、日本周辺海域において、警戒監視活動を実施。

現在(2019年4月時点)までに、日本は12件の北朝鮮籍船舶による「瀬取り」行為と疑われる事例を確認し、関係国や国連安保理等へ報告している。

※アイキャッチ画像の出典: public domain

軍事的雑学|交換部品が届かない?米軍が頭を抱える「F-35ライトニング II」共食い整備の実態!前のページ

軍事的雑学|韓国がインドへ欠陥戦車「K2黒豹」輸出を推進!2000輌の大量受注を勝ち取る国は?次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    フランスが米国を批判、NATOは米国製兵器の「集団購入」は義務付けられていない

    フランスのマクロン大統領は、現状のNATOについて「脳死状態」だと発言…

  2. 軍事的報道

    伝説の戦闘機が70年ぶりにカムバック、XP-82「ツインマスタング」航空ショーに登場!

    米国、ウィスコンシン州オシュコシュで開催された航空ショー「Airven…

  3. 軍事的報道

    極超音速兵器開発で先行する中露、米国の「軍事的優位」は維持可能?

    米国の核兵器運用を指揮する戦略軍は、スピードの限界を高めるための、新し…

  4. 軍事的報道

    米海軍が第6世代戦闘機「F/A-XX」を単独開発する理由!第5世代戦闘機が犯した過ちとは?

    米海軍は、次世代戦闘機を米空軍とは共同で開発する予定はなく、米空軍とは…

  5. 軍事的報道

    2月のF-2墜落事故に続き、航空自衛隊のF-35Aステルス戦闘機1機が訓練中に消息を経つ

    航空自衛隊、三沢基地所属のF-35Aが太平洋上で消息不明になったと朝日…

  6. 軍事的報道

    韓国、新型コロナ影響でアルゼンチンへの軽戦闘攻撃機FA-50輸出が消滅

    韓国航空宇宙産業(KAI)は6日、国産軽戦闘攻撃機FA-50(超音速訓…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 4月 28日

    監視といえばOBSや 海底ケーブルセンサー網についても
    お話してほしい!┏○ペコッ

    • 匿名
    • 2019年 4月 28日

    何故、このタイプのフリゲートを派遣したのか?
    派遣されてるアメリカの沿岸警備隊のフリゲートもそうだけど、船尾には傾斜デッキがあり、高速ゴムボートを瞬時に海面に降ろせます。 つまり臨検をやる気満々。
     もっと大きい艦艇の場合にはクレーンでやるので時間が掛かります。
    「瀬取り」の監視は第2フェーズに入ったって事でしょうね。
    船舶のトレースから、実際の船舶の拿捕(北朝鮮では無く、相手国の船舶の拿捕)をやるのでは?
     どっちがターゲットなんだろう? 韓国、中国?

    石炭(粉炭)の偽装輸出はロシアのウラジオストクでの積み替えだから「瀬取り」の監視の対象外。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP