軍事的報道

空を飛ぶことが出来ないB-1B爆撃機?戦闘準備が完了してるのは6機だけ

米空軍が保有する61機のB-1B爆撃機の内、全ての任務を完全に遂行できるは6機しかないことを、共和党上院議員のマイク・ラウンズ氏が明らかにした。

参考:Senator: About 10 Percent of B-1s are Fully Combat-Ready

中東で機体の構造的寿命の大半を使い果たしてしまったB-1B

7月30日、米国議会上院軍事委員会に名を連ねる共和党上院議員マイク・ラウンズ氏は、空軍が保有する61機のB-1B爆撃機の内、全ての任務を完全に遂行できるは6機しかないと明らかにした。

これは以前、記事にした「米空軍は爆撃機戦力の40%を失う?任務遂行可能なB-1B爆撃機がほとんど無い」の内容と情報が一致する。

大型爆撃機のB-1B「ランサー」は、核兵器や大型の巡航ミサイル運搬用として設計された航空機で、ソ連崩壊、冷戦終結など、当初想定された任務の必要性が低下したため、通常兵器が搭載出来るよう改造され、約20年間、本来の任務からかけ離れた、長距離近接航空支援任務へ投入され、アフガニスタン、イラクで酷使を続けた結果、機体の構造的寿命の大半を使い果たしてしまった。

出典:pixabay B-1B

米国下院議会の委員会は「現時点で、作戦任務を完全に遂行可能なB-1Bの数は、一桁に過ぎない」と話し、B-1Bの状況が悪化していることを認め、さらに、必要な訓練に使用する十分な量のB-1Bがなく「B-1B搭乗員の練度を維持することが難しくなっている」と指摘している。

現在、15機のB-1Bが空軍の保守点検施設で機体メンテナンスを受けている最中で、39機のB-1Bが機体のメンテナンスやその他の問題により飛行を停止している。

※完全に作動する6機を足しても60機しかなく、残りの1機が何処で何をしているのかは謎。

戦略軍司令官のジョン・ハイテン空軍大将(現在、統合参謀本部副議長に指名され、指名承認手続き中)は上院軍事委員会の公聴会に出席し、資金さえあれば保守点検施設でB-1Bの問題を解決できると訴え、そのための資金を空軍に与えるよう要請した。

今後20年間、B-1Bを飛ばすためには、機体構造の大幅な補強が必要で、主に「主胴体、主力付け根部分、可変翼機構、昇降舵」についての補強を行う必要があり、2020年度の予算で39機分のB-1Bメンテナンス費用が認められなければ、B-1Bは当分の間、地上で過ごすことになる。

出典:public domain B-21

当初、ノースロップ・グラマンが開発中のステルス爆撃機「B-21」を100機調達し、2030年代までにB-2、B-1Bを退役させる予定だったが、米軍は中国の軍事力増強に対応するため2018年、議会に対し312個ある飛行隊を、今後10年間で386個飛行隊まで増やすよう要請している。

もし、この要請に議会が承認を与えれば、爆撃機の飛行隊を現行9から14(+5個飛行隊)へ増やさなければならず、さらに追加で100機前後のB-21が必要になる。

恐らく、B-21を200機前後調達し、B-52Hと合わせて14個飛行隊を構成するもと思われるが、B-21を年間12機づつ製造したとしても、200機を調達するためには16年ほど掛かるため、B-21の調達が完了するまで、B-2、B-1Bの退役を先延ばしし、14個飛行隊を実現しようと考えているのだろう。

この計画を実現させるには、B-1Bをあと20年前後は維持する必要があり、アフガニスタン、イラクですり潰してしまった機体寿命を、何としても取り戻さなければならない。

地上でモニュメントになるには、まだ早すぎる。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain

関連記事

  1. 軍事的報道

    生まれ変わるギリシャ空軍、F-16V導入に続いてF-35プログラムへの参加を希望

    ギリシャはF-16やミラージュ2000のアップグレードが完了すれば、F…

  2. 軍事的報道

    空自偵察機「RF-4E」45年におよぶ運用が終了、今後の偵察任務はF-35Aで代替予定

    航空自衛隊の百里基地は18日、航空自衛隊の偵察機「RF-4E」が最後の…

  3. 軍事的報道

    嘘か真か、F-35プログラムからのトルコ追放は韓国に幸運をもたらすか?

    韓国メディアによればトルコのF-35プログラム追放は韓国防衛産業にとっ…

  4. 軍事的報道

    1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円

    日本が提案した「そうりゅう型潜水艦」ベースの新型潜水艦を破って、オース…

  5. 軍事的報道

    レーダー開発が進む第6世代戦闘機「テンペスト」、2020年代テストベッド機試験開始

    イタリア防衛産業企業のレオナルド S.p.Aは、英国防省と「テンペスト…

  6. 軍事的報道

    再び「水漏れ」トラブル、英空母「クイーン・エリザベス」緊急帰投

    英海軍が誇る最新鋭空母「クイーン・エリザベス」が「水漏れ」のため、予定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP