軍事的報道

空を飛ぶことが出来ないB-1B爆撃機?戦闘準備が完了してるのは6機だけ

米空軍が保有する61機のB-1B爆撃機の内、全ての任務を完全に遂行できるは6機しかないことを、共和党上院議員のマイク・ラウンズ氏が明らかにした。

参考:Senator: About 10 Percent of B-1s are Fully Combat-Ready

中東で機体の構造的寿命の大半を使い果たしてしまったB-1B

7月30日、米国議会上院軍事委員会に名を連ねる共和党上院議員マイク・ラウンズ氏は、空軍が保有する61機のB-1B爆撃機の内、全ての任務を完全に遂行できるは6機しかないと明らかにした。

これは以前、記事にした「米空軍は爆撃機戦力の40%を失う?任務遂行可能なB-1B爆撃機がほとんど無い」の内容と情報が一致する。

大型爆撃機のB-1B「ランサー」は、核兵器や大型の巡航ミサイル運搬用として設計された航空機で、ソ連崩壊、冷戦終結など、当初想定された任務の必要性が低下したため、通常兵器が搭載出来るよう改造され、約20年間、本来の任務からかけ離れた、長距離近接航空支援任務へ投入され、アフガニスタン、イラクで酷使を続けた結果、機体の構造的寿命の大半を使い果たしてしまった。

出典:pixabay B-1B

米国下院議会の委員会は「現時点で、作戦任務を完全に遂行可能なB-1Bの数は、一桁に過ぎない」と話し、B-1Bの状況が悪化していることを認め、さらに、必要な訓練に使用する十分な量のB-1Bがなく「B-1B搭乗員の練度を維持することが難しくなっている」と指摘している。

現在、15機のB-1Bが空軍の保守点検施設で機体メンテナンスを受けている最中で、39機のB-1Bが機体のメンテナンスやその他の問題により飛行を停止している。

※完全に作動する6機を足しても60機しかなく、残りの1機が何処で何をしているのかは謎。

戦略軍司令官のジョン・ハイテン空軍大将(現在、統合参謀本部副議長に指名され、指名承認手続き中)は上院軍事委員会の公聴会に出席し、資金さえあれば保守点検施設でB-1Bの問題を解決できると訴え、そのための資金を空軍に与えるよう要請した。

今後20年間、B-1Bを飛ばすためには、機体構造の大幅な補強が必要で、主に「主胴体、主力付け根部分、可変翼機構、昇降舵」についての補強を行う必要があり、2020年度の予算で39機分のB-1Bメンテナンス費用が認められなければ、B-1Bは当分の間、地上で過ごすことになる。

出典:public domain B-21

当初、ノースロップ・グラマンが開発中のステルス爆撃機「B-21」を100機調達し、2030年代までにB-2、B-1Bを退役させる予定だったが、米軍は中国の軍事力増強に対応するため2018年、議会に対し312個ある飛行隊を、今後10年間で386個飛行隊まで増やすよう要請している。

もし、この要請に議会が承認を与えれば、爆撃機の飛行隊を現行9から14(+5個飛行隊)へ増やさなければならず、さらに追加で100機前後のB-21が必要になる。

恐らく、B-21を200機前後調達し、B-52Hと合わせて14個飛行隊を構成するもと思われるが、B-21を年間12機づつ製造したとしても、200機を調達するためには16年ほど掛かるため、B-21の調達が完了するまで、B-2、B-1Bの退役を先延ばしし、14個飛行隊を実現しようと考えているのだろう。

この計画を実現させるには、B-1Bをあと20年前後は維持する必要があり、アフガニスタン、イラクですり潰してしまった機体寿命を、何としても取り戻さなければならない。

地上でモニュメントになるには、まだ早すぎる。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain

日の丸をつけたオスプレイが空を飛ぶ!陸上自衛隊、V-22B訓練風景の動画公開前のページ

日本が韓国への軍事情報提供を中止? 韓国、半年前から「情報報復」が始まっていた次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    歴史上初!飛行中のステルス爆撃機「B-2」コックピット映像をモザイクなしで公開!

    未だに秘密のベールに包まれている、米空軍のB-2ステルス爆撃機。最近、…

  2. 軍事的報道

    不味い食事や待遇が原因? 英国軍、1年で1万5,000人以上の兵士が軍を辞める

    英国軍では、この12ヶ月間に1万5,000人以上の兵士が軍から去ってし…

  3. 軍事的報道

    日本にも参加を呼びかける第6世代戦闘機「テンペスト」の価格は1億ポンド(約140億円)?

    英メディアは、第6世代戦闘機「テンペスト」は極超音速で4,000マイル…

  4. 軍事的報道

    英国主導のテンペスト参加に傾く日本へ圧力? 日本の次期戦闘機「F-3」を巡る米英の戦い

    米メディアは、日本が英国が主導する「テンペスト」プログラム参加に傾いて…

  5. 軍事的報道

    共同開発の泥沼から脱出? 第6世代戦闘機「FCAS」プロジェクトが技術実証機製造フェーズに移行

    今月の12日、フランスとドイツは遅れていた第6世代戦闘機「FCAS」プ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  2. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
PAGE TOP