軍事的報道

空を飛ぶことが出来ないB-1B爆撃機?戦闘準備が完了してるのは6機だけ

米空軍が保有する61機のB-1B爆撃機の内、全ての任務を完全に遂行できるは6機しかないことを、共和党上院議員のマイク・ラウンズ氏が明らかにした。

参考:Senator: About 10 Percent of B-1s are Fully Combat-Ready

中東で機体の構造的寿命の大半を使い果たしてしまったB-1B

7月30日、米国議会上院軍事委員会に名を連ねる共和党上院議員マイク・ラウンズ氏は、空軍が保有する61機のB-1B爆撃機の内、全ての任務を完全に遂行できるは6機しかないと明らかにした。

これは以前、記事にした「米空軍は爆撃機戦力の40%を失う?任務遂行可能なB-1B爆撃機がほとんど無い」の内容と情報が一致する。

大型爆撃機のB-1B「ランサー」は、核兵器や大型の巡航ミサイル運搬用として設計された航空機で、ソ連崩壊、冷戦終結など、当初想定された任務の必要性が低下したため、通常兵器が搭載出来るよう改造され、約20年間、本来の任務からかけ離れた、長距離近接航空支援任務へ投入され、アフガニスタン、イラクで酷使を続けた結果、機体の構造的寿命の大半を使い果たしてしまった。

出典:pixabay B-1B

米国下院議会の委員会は「現時点で、作戦任務を完全に遂行可能なB-1Bの数は、一桁に過ぎない」と話し、B-1Bの状況が悪化していることを認め、さらに、必要な訓練に使用する十分な量のB-1Bがなく「B-1B搭乗員の練度を維持することが難しくなっている」と指摘している。

現在、15機のB-1Bが空軍の保守点検施設で機体メンテナンスを受けている最中で、39機のB-1Bが機体のメンテナンスやその他の問題により飛行を停止している。

※完全に作動する6機を足しても60機しかなく、残りの1機が何処で何をしているのかは謎。

戦略軍司令官のジョン・ハイテン空軍大将(現在、統合参謀本部副議長に指名され、指名承認手続き中)は上院軍事委員会の公聴会に出席し、資金さえあれば保守点検施設でB-1Bの問題を解決できると訴え、そのための資金を空軍に与えるよう要請した。

今後20年間、B-1Bを飛ばすためには、機体構造の大幅な補強が必要で、主に「主胴体、主力付け根部分、可変翼機構、昇降舵」についての補強を行う必要があり、2020年度の予算で39機分のB-1Bメンテナンス費用が認められなければ、B-1Bは当分の間、地上で過ごすことになる。

出典:public domain B-21

当初、ノースロップ・グラマンが開発中のステルス爆撃機「B-21」を100機調達し、2030年代までにB-2、B-1Bを退役させる予定だったが、米軍は中国の軍事力増強に対応するため2018年、議会に対し312個ある飛行隊を、今後10年間で386個飛行隊まで増やすよう要請している。

もし、この要請に議会が承認を与えれば、爆撃機の飛行隊を現行9から14(+5個飛行隊)へ増やさなければならず、さらに追加で100機前後のB-21が必要になる。

恐らく、B-21を200機前後調達し、B-52Hと合わせて14個飛行隊を構成するもと思われるが、B-21を年間12機づつ製造したとしても、200機を調達するためには16年ほど掛かるため、B-21の調達が完了するまで、B-2、B-1Bの退役を先延ばしし、14個飛行隊を実現しようと考えているのだろう。

この計画を実現させるには、B-1Bをあと20年前後は維持する必要があり、アフガニスタン、イラクですり潰してしまった機体寿命を、何としても取り戻さなければならない。

地上でモニュメントになるには、まだ早すぎる。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain

関連記事

  1. 軍事的報道

    どうしてこうなるのか?韓国海軍、調達した対艦ミサイルの半分が故障

    英国のアグスタウェストランド社が開発し、韓国海軍が主力ヘリとして採用し…

  2. 軍事的報道

    欧州、ユーロファイター・タイフーンを「第6世代戦闘機」相当までアップグレード?

    NATOユーロファイター・トーネード管理機関(NETMA)は、第4.5…

  3. 軍事的報道

    今度は有線誘導にも対応!韓国、ウェイクホーミング対応の新型魚雷を2020年までに配備

    軍事情報誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」は24日、韓国政府…

  4. 軍事的報道

    事故続く自衛隊、海外派遣中の輸送艦衝突、輸送機から迫撃砲落下

    豪州で行われる実動訓練、Talisman Sabre(タリスマン・セイ…

  5. 軍事的報道

    1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円

    日本が提案した「そうりゅう型潜水艦」ベースの新型潜水艦を破って、オース…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP