軍事的報道

自ら「完全な孤立」を選ぶ韓国、日本との軍事情報保護協定を破棄

韓国政府は、日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)の破棄を発表したが、これは日韓間の信頼問題だとし韓米関係とは別事案だというスタンスを見せているが、DefenseNewsは、韓国は日本との「GSOMIA」破棄で、多くのものを失う可能性について言及している。

参考:South Korea ends intel-sharing deal with Japan

日本を困らせるつもりで切ったカードは、ブーメランのように韓国へ戻っていく

8月22日、韓国政府は「韓日間の信頼の問題」を理由に、日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を発表した。

韓国の安全保障分野に精通している正義党の金鍾大(キム・ジョンデ)議員は、日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)の破棄で、一番ダメージを受けるのは韓国ではなく日本であると強く主張している。

日本は、情報収集衛星(いわゆる偵察衛星)を7基運用中で、このような衛星を駆使して北朝鮮の情報を収集しているが、韓国は脱北者への聴取や、ヒューミント主体の情報収集を行っているため、日本が絶対に入手することが出来ない情報を握っているとし、日本から提供される情報は、米国から入手出来るため、韓国は日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)を破棄しても何の問題もないと思っている。

しかし米国のDefenseNewsは、今回の韓国の決定は、日本との関係をさらに悪化させるだけでなく、米国との関係を損なう可能性について言及した。

出典:public domain オバマ大統領、安倍首相、朴大統領の3者会談

そもそも、日韓秘密軍事情報保護協定はオバマ元大統領の肝いりで実現した、日米韓による安保協力の「象徴」としての意味合いの方が強く、日本ですら、自らこれを壊すような事はしなかったのに、韓国はこの枠組を壊してしまった。

これは結果的に、トランプ大統領が推し進めているインド太平洋戦略において、韓国は味方ではなく、中国やロシアに接近する存在だと映ってしまうため韓国政府も、韓米関係とは別事案だと必死にアピールしているが、そんな言い訳は通用しない。

韓国には軍事用の偵察衛星が1基もなく、自慢の対北朝鮮ヒューミント網も、李明博政権時代に政治的な理由で一度解体しており、朴槿恵政権、文在寅政権の6年間でどこまで再建されたのか未知数だが、2019年にベトナム・ハノイで行われた米朝首脳会談時、米国が掴んでいた寧辺以外の未申告な核施設の存在を韓国は全く掴んでおらず、結果だけ見れば韓国は情報らしきものは何も持っていない。

出典:public domain トランプ大統領と文在寅大統領

結局、偵察衛星による情報収集は他国任せ、対北朝鮮ヒューミント網は機能せず、時折、発生する脱北者に北朝鮮の内情を聴取するぐらいしか能がない韓国が、自ら日米韓3ヶ国の協力の象徴を壊したことで、米国の中国包囲網は後退し、中国は包囲網を切り崩す=韓国へ圧力をかける絶好のチャンスと捉えるだろう。

日本を困らせるつもりで切ったカードは、ブーメランのように中国の圧力という形で、韓国を困らせるために戻っていくだけだ。

DefenseNewsは、韓国は日本との「日韓秘密軍事情報保護協定」破棄で多くのものを失うだろうと指摘し、米国が協定を壊した主犯である韓国に背を向ければ、北東アジアで韓国は完全に孤立するという専門家の意見で記事を締めくくった。

日本政府は韓国の今回の決定について受け入れられないと、最後まで協定破棄に反対する姿勢を見せているが、内心は墓穴を掘った韓国を笑っているだろう。

 

※アイキャッチの出典:bong / stock.adobe.com

関連記事

  1. 軍事的報道

    欧州で最高の戦闘機?トルコが第5世代戦闘機「TFX」のモックアップ公開!

    6月17日、フランスのパリで開催中の「パリ航空ショー」で、トルコが開発…

  2. 軍事的報道

    ドイツ空軍所属のユーロファイター・タイフーン2機、空中で衝突し両機とも墜落

    ドイツ、メクレンブルク・フォアポンメルン州で24日午後2時頃、ドイツ空…

  3. 軍事的報道

    大胆な新デザイン!海自向け「次世代潜水艦コンセプトモデル」に海外も注目

    6月17日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された「MAST Asia …

  4. 軍事的報道

    弾道ミサイル迎撃も可能? 韓国、ミニイージス艦と呼ばれる「次期駆逐艦」設計に着手

    韓国型次期駆逐艦(KDDX)とは、韓国の国内技術のみで開発するイージス…

  5. 軍事的報道

    ドイツ駐留の米軍をポーランドへ移動?国防費増額を行わないドイツ批判高まる

    独駐在米国大使のリチャード・グレネル氏は、NATOが2014年に約束し…

  6. 軍事的報道

    本当に偵察用途?韓国、国産ステルス無人機の開発に着手

    韓国は、電波の反射を吸収する塗料や、機体形状を工夫しレーダー反射断面積…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 8月 23日

    他のサイトにも書いたのですが、今回の件は外部から見れば「何を馬鹿なことを…」と全くその通りなのですが、ムン・ジェイン政権からすれば恐らく端から日韓のGSOMIAは破棄する予定であって、それが今回うまい具合に日本のせいにできた、ぐらいにしか思っていないように思います。

    彼らはやると決めたことは何がなんでもやるつもりだし、できれば誰かのせいにして目論見を通したいのでしょう。徴用工の件に関しても三権分立などと噴飯ものの大義をかざしていますが、これもあくまで大法院のせいです。

    なるべく自分の手は汚さず成し遂げたい、それが自らを正義と位置付けるムン・ジェイン政権の行動原則でしょう。

    • 匿名
    • 2019年 8月 23日

    (サムネの地図の日本海がEAST SEAになっとる・・・)

    しかし、韓国は慰安婦合意の時の仲裁を不意にしただけでなく安全保障面でも結果的にアメリカのネゴを不意にして
    メンツを潰してしまったわけで、今後のアメリカの態度次第ではもう一波乱ありそうな気配ですね・・。

    • 匿名
    • 2019年 8月 23日

    この時代に軍事クーデターへの道を…

    • 匿名
    • 2019年 8月 23日

    管理人さん、タイムリーな記事をありがとうございます。
    あくまで軍事面のインパクトをはかるため、協定を通じて日本、韓国にそれぞれ、提供された情報の件数、概要を比較出来たら面白い結果が出てくると思います。
    機微に触れるため詳細が公表されるのは先になるでしょうが、情報の質・量ともに韓国の方がインパクトを受けるのが明らかなので文政権の間は公表できないでしょう。
    (公表されてしまうと韓国野党・打倒文政権の動きに直結する内容と見ています)

    恐らく日本から提供された情報は(北朝鮮)弾道ミサイル発射時のレーダー追跡情報、情報収集衛星の画像で、韓国から提供されたのは概ねヒューミント(人的収集)情報に限定されると推測されます。
    協定破棄の動きを受けて韓国政府筋が偵察衛星の早期打ち上げをぶち上げておりました。。

    • 匿名
    • 2019年 8月 24日

    いつまで経っても「アメリカの犬」でありつづけ、独立なんてする気概もない日本よりもよっぽどマシじゃないですかね?
    正直民衆がアメリカからの離反を決めた韓国が羨ましいですわ

      • 匿名
      • 2019年 8月 24日

      それで飯が食えるならよい。自殺率も失業率も高止まりの韓国を本当に羨む日本国民は殆んどいないでしょう。いるのなら、移民しているはずですよね?

    • 匿名
    • 2019年 8月 24日

    韓国人は「無視・軽視される」ということを一番嫌い怒るわけですが、彼らがそうされない為に取る行動は尊大に振る舞うことで自分を大きく見せるとか、相手の嫌がることをすることで関わりを断てなくすることであったりしますね。
    普通の人間であれば、尊重を得るためにはそれに足る誠実な人物であろうと心掛けるものですが、韓国人の場合、自分は変化を受け入れず全てにおいて他人を動かすことによってその効果を得ようとする。
    こういう自己愛の強い独善的な性向が左派やカルトとシンクロ率が高いために、韓国は左派カルトの野生の王国となりました。
    野生を躾けるにはムチや銃、電磁柵が必要です。必要な措置を取り続けましょう。とりあえず、ソウルと釜山の大使館を撤収するところから手を付けましょうか。

      • 匿名
      • 2019年 8月 24日

      韓国人に限らず自意識過剰な人に当てはまる特徴ですね。韓国人は~からの行が完全に一致する人が身近にいるので、思わず笑ってしまいました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP