軍事的報道

嘘か真か、F-35プログラムからのトルコ追放は韓国に幸運をもたらすか?

韓国メディアによればトルコのF-35プログラム追放は韓国防衛産業にとって「恵みの雨」となり、3つの幸運が掴めるチャンスになると報じている。

参考:F-35 프로그램에서 퇴출된 터키, 한국 방위산업에겐 ‘새로운 기회’

幸運に頼らざるを得ない韓国防衛産業界の現状

米国の警告を無視する形でトルコはロシア製防空システム「S-400」導入を強行したため、F-35プログラム出資(約14億ドル:約1,520億円)の見返りとして獲得したF-35部品製造からも追放されることになったが、韓国にとっては幸運を掴むチャンスが訪れたと見ている。

韓国メディアによればトルコ追放によって韓国が掴める「幸運」には3種類あるらしい。

出典:Public Domain 製造途中のF-35の胴体部分

1つ目の幸運は、トルコが製造していた部品の大半を米国企業が引き継ぐ予定で、今後韓国がF-35A追加導入や新規にF-35Bを導入する際の見返り(オフセット契約)として部品製造を提案してくれば、仕事量の安定確保に悩まされている韓国防衛産業にとって「恵みの雨」になる。

補足:F-35部品製造からトルコが追放されるのは今年の3月と言われているが、機体を製造しているロッキード・マーティンやエンジンを製造しているプラット・アンド・ホイットニーは最近、トルコ企業との契約期間が終了するまで取引を続けさせて欲しいと要請、国防総省もこれを容認したため、トルコ企業がF-35部品製造から手を引くのは当分先の話になる。さらにトルコ企業も素直に追放を受け入れる気はなく、米国の制裁対象はトルコ政府であってトルコ企業は制裁の対象外だと主張し、欧州のブルガリアで部品製造を継続できないか検討中で、本当にトルコ排除が行われるのか不透明な状態だ。

2つ目の幸運は、トルコが開発を進めていたF-35のウェポンベイに搭載できる対地攻撃用の巡航ミサイル「SOM-J」も消滅することになり、ここに韓国が付け入るチャンスが生まれたと韓国メディアは主張している。

出典:Noblemouse / CC BY-SA 4.0 トルコが開発した巡航ミサイル「SOM-J」

トルコが開発を進めていた「SOM-J」は米国でさえ持っていない「タンデム弾頭」を搭載した対地巡航ミサイルで、F-35導入国への輸出が期待されていたのだがトルコ追放で「SOM-J」のF-35統合も白紙化したため、韓国がKFXやK-16用に開発を進めている空対地巡航ミサイル「タウルスKEPD350」の小型版「タウルスKEPD350 K-2」をF-35に統合すれば、この需要を掴む事が出来ると言っている。

補足:韓国が開発した兵器をF-35へ統合するには米国の許可が必要で、F-35プログラムに参加していない国からの兵器統合要請は恐らく採用されない。

3つ目の幸運は、ロシア製防空システムは安価で性能が良いと評価が高いのだが、導入すればトルコの二の舞になる可能性が高いため、ロシア製防空システムの技術を導入して開発した韓国製防空システムに注目が集まるかもしれないと主張している。

ロシアはソ連時代に韓国から借款した14億7,000万ドルの返済を現金ではなく「兵器」や「軍事技術」で償還しており、韓国の防空システムはロシアの「S-300」や「S-400」に使用されている技術をベースに開発が行われ、これに西側の敵味方識別装置(IFF)を取り付けたのが韓国製防空システム「天弓」で、書いたくても買えないロシア製防空システムと「同じ技術で開発された」とアピールすることで輸出のチャンスに繋がると言っている。

補足:これに関しては何とも言えない。果たしてロシア製防空システムと「同じ技術で開発された」とアピールしたぐらいで、実戦経験も輸出実績もない韓国製防空システムが売れるのかは謎だ。

確かに「幸運」と言うだけあって目も眩むような話が並んでいるが、裏を返せば韓国の防衛産業が「幸運」に頼らざるを得ないほど苦境に立たされているという意味で、韓国に対する先入観を捨てたとしても、この「幸運」が現実になるとは到底思えない。

 

※アイキャッチの出典:Public Domain F-35A

訓練も無理?通信も無理?敵との交戦も無理? ドイツが手を焼くプーマ装甲歩兵戦闘車の欠陥前のページ

アフガニスタンで旅客機墜落は誤報? 米空軍の戦域通信中継機「E-11A」が墜落次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    艤装工事が原因? 謎の火災で黒焦げになった中国海軍初の大型強襲揚陸艦

    中国海軍とって初の強襲揚陸艦「075型」1番艦が火災で黒焦げになってし…

  2. 軍事的報道

    インドネシアと組んだのは失敗? 韓メディア、戦闘機「KFX」開発はロッキードと組むべきだった

    韓国メディアは開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」について、インドネシ…

  3. 軍事的報道

    次期戦闘機「F-3」日米共同開発を否定する海外メディア、日本はパートナー国を決定していない?

    英国のジェーンズは10日、日本が戦闘機F-2の後継機として開発予定の次…

  4. 軍事的報道

    総額300億円規模! 韓国、米空軍「A-10サンダーボルトⅡ」主翼スペア製造契約を獲得

    韓国の韓国航空宇宙産業(KAI)は11月25日、ボーイングから米空軍の…

  5. 軍事的報道

    露のステルス戦闘機「SU-57」量産初号機が墜落、原因は尾翼の不具合

    12月24日に墜落したロシアの第5世代戦闘機「SU-57」は、技術的な…

  6. 軍事的報道

    最高速度が若干性能ダウン?韓国型戦闘機「KFX」の実物大モックアップ初公開

    15日に開幕する「ソウルADEX 2019」で、韓国が開発中の第4.5…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    取らぬ狸の皮算用
    なぜ韓国はこうも自分たちに都合が良い未来ばかりを描くのだろうか
    引き寄せの法則でも信じているのだろうか?

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    日本はもっと酷い状態にある。
    隣を笑っている場合ではない。

      • 匿名
      • 2020年 1月 28日

      この記事と関連する何があるんです?

      • 匿名
      • 2020年 1月 28日

      これと比較するような要件は、日本には何もありませんよ

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    素晴らしくポジティブで実におろしい

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    >「軍事技術」で償還しており、韓国の防空システムはロシアの「S-300」や「S-400」に使用されている技術をベースに開発が行われ、これに西側の敵味方識別装置(IFF)を取り付けたのが韓国製防空システム「天弓」で、書いたくても買えないロシア製防空システムと「同じ技術で開発された」とアピールすることで輸出のチャンスに繋がると言っている。

    ロシア系の技術ということで、今後「天弓」も排除対象になる、との懸念は無いのかな?

      • 匿名
      • 2020年 1月 29日

      韓国の天弓だってトルコのS-400と同等扱いで、天弓の防空域には、F-35飛行禁止が米国から通達されていたはず(IFFの組み込みはどうだったかな?)。
      なので、トルコと同等扱いになるだけだと思われます。

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    (lll゚Д゚)こんな感じの願望記事ではあるが、ある意味ではマトモな感じかと。「こうだからこうできる」って感じのポジティブな意見だし。日本の場合は「事実(不正確だとしても)だけ」の無益な記事か「出来ない」「無理だ」という無責任な批判記事がほとんどで、ちまたの意見も「出来る」「出来ない」の無益な言い争いだけ。どうやったら上手く行くのかを考察する意見は無いに等しい。次期戦闘機の関連の記事やスレなんかでも、「出来る」「出来ない」「国産の定義」「共同開発、国際協力の定義」を延々と言い争うだけ。どういう形態で開発すれば、日本の防衛産業や防衛装備輸出に益するのかの視点が全くない。サーブは単独開発せずにテンペスト参加、ボーイングとTー7Aを共同開発。オーストラリアはボーイングと無人機を開発など。こういう感じが良いというわけではないけど、生き残りを掛けたり、少ない投資で国内産業に益するわけで。

      • 匿名
      • 2020年 1月 28日

      貴方と言う「マトモ」の定義を疑う。
      「こうだからこうできる」って実際どれも出来ないだろうに。
      無責任に願望を垂れ流す記事がほとんどで、ちまたの意見も「きっとそうなる」「そうなるにちがいない」という願望を垂れ流すだけ。
      どうやったら実際に出来るかの考察や検証はないに等しい。

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    本文:
    補足:F-35部品製造からトルコが追放されるのは今年の3月と言われているが~

    ・・・なんだ結局トルコ企業が引き続きF-35のい部品作るんですね。契約まで~っていつまでなんだろう1年?2年?
    トルコ企業の言い訳で制裁対象はトルコ国であってトルコ企業は該当しないって論理は目茶苦茶ですね
    トルコ企業だけどブルガリアで作ったらOKだろって思考ももう・・・・

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    朝鮮人はどうしていつも、根拠もないのに自信満々なのだろう。
    現実を直視する能力がないのが不思議で仕方がない。

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    すでに韓国は米国からレッドチーム扱いされてるのに、なんで最高機密に関われるものか
    自己中妄想種族を嗤うばかり

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    韓国人もドラえモン好きらしいから、あったらいいな~できたらいいな~ってとこでしょうかね。

    • 匿名
    • 2020年 1月 28日

    希望的観測過ぎる
    この中で事実はトルコの契約がなくなったというだけだ。

    >F-35A追加導入や新規にF-35Bを導入する際の見返り(オフセット契約)として部品製造を提案してくれば
    まずこれが家庭の話に過ぎない。なぜ韓国だけを特別扱いする理由があるのか

    2つのミサイルの話もそも部外者でしかない韓国に何のチャンスがあるんだろう?
    F35側の対応許可すらないのに

    3つ目、まるで詐欺みたいな商法だ。
    まあ民度が低い国ならわいろで何とかなるだろう

    ただし対空ミサイルというのはシステムであって、ただ単に技術が優れているからいいというわけではない
    それこそネットにつながらないスマホのようなもので、高級電卓兼カメラにしかならないだろう

    • 匿名
    • 2020年 1月 29日

    只、陸軍の装軌車両はそこそこ売れてるような。自走砲が其れなりの国に売れてるしポーランドの次期主力戦車の有力候補になったりと装甲車両の実績は馬鹿に出来んかと。少なくとも世界的に見れば輸出出来てる方の国なんじゃないかと。

  1. 2020年 2月 08日
    トラックバック:My Homepage
  2. 2020年 2月 15日
    トラックバック:pozyczki
  3. 2020年 2月 17日
    トラックバック:chwilowki
  4. 2020年 2月 17日
    トラックバック:szybka pozyczka
  5. 2020年 2月 17日
    トラックバック:szybkie pozyczki
  6. 2020年 2月 17日
    トラックバック:p86373

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP