軍事的報道

顧客への引渡しは予定通り、日本とイタリアの生産ライン再開でF-35最終組立はフル稼働

米国、日本、イタリアで最終組立が行われているF-35の生産ラインは新型コロナウイルス「COVID-19」の感染が拡大したことで、一時的に生産ラインの稼働停止措置が取られていたが18日より全て正常に戻ると報じられている。

参考:As coronavirus rages, Italian F-35 plant to reopen tomorrow after precautionary cleaning

新型コロナウイルスの影響を受けないロッキード・マーティンと大ピンチのボーイング

米国のF-35生産ラインだけは新型コロナウイルスの影響を受けること無く操業が続いているが、日本の名古屋にあるF-35最終組立(FACO)工場の生産ラインは今月9日から13日まで稼働を停止する措置が取られたが、既に稼働は再開されており、関係者によれば三菱重工業が運営する日本のF-35最終組立工場は稼働停止以前から生産目標を遥かに上回っていたため一時的な稼働停止よる影響は全くないと話した。

レオナルドによって運営されているイタリア北部のピエモンテ州にあるF-35最終組立工場は、日本の生産ラインが稼働を停止している最中も操業を続けてきたが、同国で新型コロナウイルスが爆発的に広まる事態を受け16日から工場自体に洗浄と消毒のため稼働停止措置が取られていたが、レオナルドは18日より操業を再開させると話している。

出典:Public Domain 製造途中のF-35の胴体部分

F-35の製造元であるロッキード・マーティンによれば、米軍向けだけでなく海外顧客が発注した大半のF-35を生産しているテキサス州フォートワースの工場は継続して操業を続けており、欧州向けの生産の一部を担当するイタリアの工場も短期間の操業停止で済み、日本の工場は日本向けの機体しか生産していないため予定された顧客へのF-35引き渡しに大きな影響は無いらしい。

因みにボーイングも空中給油機KC-46A、戦闘機F-15QAやF-15EX、F/A-18E/F、訓練機T-7Aの生産ラインを停止するつもりはなく顧客への引き渡しに遅れはないと話しているが、ボーイング737MAXの運行停止措置に伴う経営状況の悪化に加え、新型コロナウイルスによる航空機需要の大幅な減少によって同社の資金繰りは危機的な状況に陥っておりトランプ大統領に対して約600億ドル(約6兆4,000億円)規模の資金支援を要請している。

これ受けトランプ大統領17日「我々はボーイングを守らなければならい」と記者会見で語り、新型コロナウイルスで悪化した国内経済を刺激するため用意した追加景気刺激策(総額8,500億ドル)から500億ドル(約5兆3,000億円)をボーイングや航空産業支援に回すことを明らかにした。

果たしてボーイングは、この苦境を切り抜け会社を再建することが出来るだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:US Air Force / Photo by: Staff Sgt. Kate Thornton

関連記事

  1. 軍事的報道

    進む米軍と自衛隊の一体運用、日米がF-35A運用で得た経験や教訓を共有

    米空軍のヒル空軍基地に駐屯する第388メンテナンス中隊(第388戦闘航…

  2. 軍事的報道

    インドネシア、韓国との契約破棄はトルコからAIP機関搭載潜水艦を調達するチャンス

    インドネシアメディアは4日、韓国から209/1400型潜水艦を3隻追加…

  3. 軍事的報道

    420隻体制の中国海軍に対抗不可? 自由を奪う「3つの呪い」で自滅する米海軍

    2035年までに中国は420隻もの艦艇を擁する大海軍建設を進めており、…

  4. 軍事的報道

    インドネシアのF-16V購入話は本物、米国の圧力とKFX開発費支払い停止が一致する偶然

    ブルームバーグは12日、トランプ政権はインドネシアに対してロシア製戦闘…

  5. 軍事的報道

    韓国、第4.5世代戦闘機KFXのレーダーは「F-35水準」でF-16Vより性能が優れている

    韓国のハンファシステムは、同社が開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」用…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 3月 18日

    ボーイングは、何が何でも、保たせるんだろう。
    F-35のライセンス生産でもすればいいのに。

      • 匿名
      • 2020年 3月 18日

      1機種の寿命が長くなり、単一機種大量生産に向かってますから、昔のように採用されなかったメーカーはワークシェアの形で生産に参加させないと経営的にも技術的にも難しいですね。

      • WSO
      • 2020年 3月 20日

      え?ライバル軍需企業のロッキードにLMが自社製品のステルス戦闘機のライセンス生産させてあげると?LMにとってそれ何かメリットあるんかい?

    • 匿名
    • 2020年 3月 18日

    日本の工場だと長袖長ズボンの作業服にヘルメットもしくは作業帽着用が標準的な服装なんだけど
    アメリカだと半袖半ズボンの私服で作業してもOKというのが凄いな

      • 匿名
      • 2020年 3月 20日

      お国柄ですかね。

    • 匿名
    • 2020年 3月 18日

    ボーイングの受難は続く…

    • 匿名
    • 2020年 3月 18日

    とりあえず空自の分は確保できるのね
    FACO維持しといてよかったなあ

    • 匿名
    • 2020年 3月 18日

    イタリアはEUの一時鎖国でも部品届くのか、在庫が溜まってるのか

    • 匿名
    • 2020年 3月 19日

    >>新型コロナウイルスによる航空機需要の大幅な減少によって同社の資金繰りは危機的な状況に陥っており

    コロナウィルスじゃなくボーイングさんの経営がクソなだけだと思うんですけど(名推理

      • 匿名
      • 2020年 3月 20日

      実際、ボーイングの民間部門はかなりヤバいようです。

    • 匿名
    • 2020年 3月 24日

    このサイトではF-35のボルト問題は扱わないのですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP