軍事的報道

ロッキード、F-35Aを8,028万ドル(約88億円)に引き下げ!優位を失ったF-15EX導入の行方は?

ミリタリーマガジンの“Military Watch”は、ロッキード・マーティンが、F-35の生産ロット(12~14)に関する交渉を、米国防総省と開始したと報じている。

参考:America is Finally Getting Cost Effective Stealth Jets; F-35A Price Drops to Just $80 Million

7000万ドル台まで後少し!F-35の機体単価を8,028万ドルに引き下げ

ロッキード・マーティンが、F-35の生産ロット(12~14)で、機体単価を8000万ドル(約88億円)以下まで引き下げることが出来るか注目されている。

出典:ロッキード・マーティン

2007年に生産が始まった、F-35の初期ロット(低率量産)の単価は2億ドル(約220億円)以上だったが、2010年半ばには、1億2000万ドル(約130億円)まで単価が引き下がった。現在生産が行われているロット11では、ロット10よりも5.2%単価が下がり、8,920万ドル(約98億円)を記録し、初めて9,000万ドル台の壁を突破した。

※ロット11で、8,920万ドル(約98億円)を達成したのは、通常型のF-35A型だ。

ロッキードは、ロット12~14において単価を、ロット11(8,920万ドル)よりも、さらに10%下げることを目標にしている。これはロット12~14間で平均3.3%以上の単価引き下げを意味する。

もし目標が達成されれば、ロット14でのF-35の単価は8,028万ドル(約88億円)になり、もしかすると8,000万ドル以下、7,000万ドル台を達成する可能性すらある。

さらにロッキードは、2025年までにF-35の1時間あたりの運用コストを、現在の3万5000ドル(約380万円)から、2万5,000ドル(約270万円)まで引き下げるために努力をしていると話している。

但し、F-35の1時間あたりの運用コストの内、ロッキードが関わる部分は50%に過ぎず、15%はエンジンを製造しているプラット・アンド・ホイットニー、残りの35%は各種部品サプライヤーの領域だ。恐らくロッキードの努力だけで、2025年までに運用コスト、2万5,000ドルを達成するのは難しいかもしれないが、間違いなく3万ドルは下回ってくるだろう。

出典:ボーイング

今回のロット12~14における、F-35の機体単価の具体的な引き下げ目標が提示されたことで、現在米空軍がF-15EXの導入根拠としている価格面や、運用コストの優位を脅かすだろう。

ボーイングがF-15を再設計し、最新のアビオニクスを詰め込んだF-15EXの機体単価は、おおよそ8000万ドル(約89億円)だ。

たった数年後には、米空軍が導入するF-35Aの価格が、F-15EXと同じか、もしくは、それを下回る可能性すらあり、運用コスト面でも、F-35が3万ドルを下回ってくれば、2万7000ドルに設定されたF-15EXの優位性は、大きなものではなくなる。

もはやF-15EXの導入理由として、F-35Aとの費用比較だけでは、ワシントンのF-35支持派を納得させることは困難だ。米空軍は、本当にF-15EXが欲しいなら、F-35AとF-15EXの2刀流による、戦術の有用性について、もっともらしい説明をする必要がある。

間違っても、第6世代機開発まで競争試作体制を維持するため、ボーイングの戦闘機部門を潰す訳にはいかないという『本音』で勝負するのは止めたほうがいい。

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain

米国防総省「日本へ提案してない」、次世代戦闘機「F-3」へのF-35用ソフトウェア提供を否定!前のページ

軍事的雑学|F-35全タイプの最新価格が判明!日本が導入予定のSTOVL仕様「F-35B」の価格は?次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    全滅に近い米海軍の空母戦力に光明、空母「ハリー・S・トルーマン」がトラブルから復帰

    米海軍の原子力空母「ハリー・S・トルーマン」は、8月末に発生した深刻な…

  2. 軍事的報道

    開発中のKFXステルス化を想定? 韓国、ステルス技術の国産化計画を発表

    韓国の防衛事業庁と国防科学研究所は、国内技術のみでステルス技術の開発に…

  3. 軍事的報道

    1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円

    日本が提案した「そうりゅう型潜水艦」ベースの新型潜水艦を破って、オース…

  4. 軍事的報道

    諦めきれない韓国、訓練機T-50と輸送機A-400Mのスワップ取引は実現困難か?

    韓国メディアは、韓国の国産訓練機「T-50」とスペインが購入する輸送機…

  5. 軍事的報道

    米国、日本のF-15J近代改修仕様「Japanese Super Interceptor」を45億ド…

    米国務省は10月29日、日本が運用中のF-15Jを「Japanese …

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 12日

    日本向けのも安くなるかな?
    だったらいいな

      • 匿名
      • 2019年 5月 12日

      あくまでも「”現時点で”LMが言っているだけの米軍価格」
      対抗馬のボーイングが無くなったったら、どうなるものやら

      • PO
      • 2019年 5月 13日

      今年H31年度の調達(6機)から国内生産をやめて完成品輸入に切り替えるけど、どのロットになるのかな?
      今年度の防衛予算では1機あたり116億円(1億ドル強)になってるけど、米軍向け価格とFMS他国価格ってどのくらい違いがあるのかな。

    • 匿名
    • 2019年 5月 12日

    用途的に被らないA10でも作らせとけばと思うがA10の知財権ロッキードだった

    • 匿名
    • 2019年 5月 13日

    F-15EXはF-35の補佐機としてBVRミサイルキャリアーの役割を果たすことが求められているので、ビーストモードのF-35でF-15EXを不要にできるなら今回の値下げは大きいでしょうね。
    ただ、F-35がトラブルで飛行停止になればスクランブル以外で飛べなくなってしまうので、F-15EXとF-35の組み合わせは飛行停止問題の解決策の一つですね

    • 匿名
    • 2019年 6月 21日

    価格引き下げあるなら離島運用にB型を追加購入していいんじゃないかね?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  3. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP