軍事的報道

1機たったの56億円?米海軍が導入する新型「F/A-18E/F blockIII」は超リースナブル!

ボーイングは「Sea Air Space 2019」で、米海軍が調達を予定している「F/A-18E/F “スーパーホーネット” blockIII」の概念を発表した。

参考:Boeing unveils new version of F/A-18 Super Hornet developed for U.S. Navy

blockIIIは、改良内容に派手さはないが理にかなったプランだ

F/A-18E/F blockIIIは、現在、米海軍が運用中のF/A-18E/F blockIIに大幅な改良を加えて、機体寿命を6000時間から9000時間にまで引き上げる事が主な目的だ。

米海軍は2021年までに、78機(単座のE型61機、複座のF型17機)のF/A-18E/F blockIIIを新規に製造するため、約40億ドル(約4400億円)の契約をボーイングに与えた。

出典:pixabay

これは単純計算すると1機あたり約56億円で、F-35(約100億円)やF-15EX(約89億円)に比べると非常にリーズナブルだ。

主な改良範囲は以下の通りだ。

  1. 機体寿命を6000時間から、追加で3000時間延長
  2. F-16Vとよく似た、機体上部へのコンフォーマル・フューエル・タンク(3,500ポンド)の追加
  3. コックピットに10×19インチの、タッチ式ディスプレーを新たに搭載
  4. 大容量のデータを送受信出来るようネットワーク機能を強化
  5. 他のプラットフォームからの目標データ受信機能の強化
  6. IRST(赤外線捜索追尾システム)を組み込んだ増槽の採用
  7. LO塗装による低認識性の向上
  8. 推力向上型のF414-GE-EPE(26,400ポンド)の採用

F/A-18E/F blockIIIは、コンフォーマル・フューエル・タンクや、LO塗装により、敵レーダーからの認識性が減少する。これは機体形状の工夫による「レーダー反射断面積」を抑えるといった類ではなく、あくまで塗装と、機体素材による簡易的な「レーダー波の吸収」に留まる。

搭載レーダーも、blockIIの際、AN/APG-73からAN/APG-79に変更したが、blockIIIでは搭載レーダーの変更はない。

米海軍としては、ステルス戦闘機のF-35C配備が進む中、F/A-18E/Fに大金と時間をかけ機体形状をいじって「レーダー反射断面積」を抑えるよりも、改良範囲を絞り、ネットワーク関連の強化を行い、F-35Cとの連携を強化することで、F/A-18E/Fの価値とコストを保とうとしているのだ。

改良内容に派手さはないが、とても理にかなった能力向上プランだと評価できる。

出典:Public Domain 空母「ニミッツ」に着艦したF-35C

米海軍は、新規に製造するF/A-18E/F blockIIIの取得と同時に、既存のF/A-18E/F blockIIも、blockIIIへ改修を行う予定だが、全てのblockIIをblockIIIに改修するのかは未定らしい。

これは、今後F-35Cの配備が進めば、必要になるF/A-18E/Fの数も減少するという意味だ。

現在、F/A-18E/Fの導入を検討している、カナダ、ドイツ、フィンランド、マレーシア、ポーランド、スペイン、スイス等の国々だ。

仮にF/A-18E/Fを地上で運用する場合、艦載機特有の不必要な部分があるという欠点もあるが、1機あたり約56億円という価格は、空母を持たない国にとっても、非常に魅力的に映るだろう。もしかすると、米空軍が導入を要求しているF-15EXより魅力的かもしれない。

あくまで、性能とコストのバランスが良いという話で、F-35や、F-15EXよりも性能が優れていると言う意味でははない。

 

アイキャッチ画像の出典:ボーイング

軍事的雑学|「F-35」と旧式化した空対空兵器「AIM-120」で、中国のステルス機に対抗可能か?前のページ

逼迫する「空母派遣」需要解決の妙案?英空母に米海兵隊F-35Bを搭載し共同作戦を行う!次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    本当にツイてない? 不幸続きの米海軍、今度は強襲揚陸艦「イオー・ジマ」が火災で損傷

    米海軍は昨年、アーレイ・バーク級駆逐艦「オスカー・オースチン」がオーバ…

  2. 軍事的報道

    艤装工事が原因? 謎の火災で黒焦げになった中国海軍初の大型強襲揚陸艦

    中国海軍とって初の強襲揚陸艦「075型」1番艦が火災で黒焦げになってし…

  3. 軍事的報道

    条約は不平等? 米国、中距離核戦力全廃条約に続きオープンスカイ条約からも脱退

    ロッキード・マーティンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で…

  4. 軍事的報道

    革新より堅実さを選択したロシア、次世代戦車「T-14」の量産実用化は当面先送り

    ロシアが開発した次世代主力戦車「T-14」は2025年までに2,000…

  5. 軍事的報道

    中国軍の暴挙、航空ショー参加のため新型コロナが猛威を振るう湖北省の部隊を派遣

    中国軍は2月11日からシンガポールで開催される航空ショーに、新型コロナ…

  6. 軍事的報道

    本当に必要か? ロールス・ロイスが第6世代戦闘機「テンペスト」に売り込む「世界初」のエンジン技術

    ロールス・ロイスが第6世代戦闘機「テンペスト」に採用される可能性のある…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 09日

    先進国が先進国相手にする為の正面装備としては物足りないけど、アメリカのように大軍かつ、対テロに使う、もしくは韓国程度の国力なら十分有用な機体っぽいですね。

    日本もエンジンの運用実績あげるようにガワだけ買って載せ変えてみても面白いかも知れませんねぇ。

    • 匿名
    • 2019年 5月 09日

    開発費用は償却し終わってるから原材料と加工費だけですむからなぁ。

    • 匿名
    • 2019年 5月 10日

    これ米軍向け価格っしょ? 他国向けの価格は倍くらいになるっしょ

    • 匿名
    • 2019年 5月 13日

    うるさくて、足が短いことを、克服できているのかな?

      • 匿名
      • 2019年 5月 30日

      >>機体上部へのコンフォーマル・フューエル・タンク(3,500ポンド)の追加

      って書いてますがな

    • 匿名
    • 2019年 9月 13日

    スパホは見た目もかっこいいし、日本も可能なら数十機調達して欲しいな。
    グラウラー運用するにも有用だろうし。

    • 匿名
    • 2020年 7月 07日

    グラウラーの方が欲しい!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP