軍事的報道

自滅するドイツ海軍!「212A型潜水艦」座礁で、実戦投入可能な潜水艦は2隻だけ?

数少ないドイツ海軍の稼働可能な潜水艦が座礁し、最悪、実戦に投入できる潜水艦が、たった2隻になるかもしれないとドイツメディアが報じている。

参考:Deutsches U-Boot auf Grund gelaufen

何度も事故を繰り返して自滅するドイツ海軍の潜水艦

5月14日、ドイツ海軍の212A型潜水艦「U-36」が、ノルウェーのハーコンスヴァーン海軍基地から出港した際、艦体の底と海底が接触し損傷を受け、現在、ダイバーが艦体の被害を調査し、修理の必要があるのか評価を行っている。

2017年、ドイツ海軍が保有する潜水艦は、通常の定期検査に加え、保守部品の問題で、6隻全てが運用不可能な状況に陥っていたが、ここ数ヶ月間で状況がわずかに改善し、3隻の潜水艦が実戦に復帰していた。

しかし、今回の座礁事故で、最悪修理が必要となれば、ドイツ海軍の運用可能な潜水艦は2隻にまで減ってしまう。

Attribution: Monsterxxl / CC BY-SA 3.0 ドイツ海軍 212型潜水艦

そもそも「U-36」は、1年に及ぶ様々な問題点の修理を終えて、再び海に戻ってきたのは昨年の2018年で、修理後の初の訓練航海で事故を起こしたことになる。2017年10月には、同型艦の「U-35」がノルウェー沖で潜航中に、岩に衝突し、スクリューのブレードに損傷を受け大規模な修理を受けた。

保守部品の問題が解決しても、艦を操艦ミスで壊してドック入りを繰り返していては、一向に潜水艦の稼働率は改善されない。

ノルウェーのハーコンスヴァーン海軍基地は、北欧最大の海軍基地で、特に山の地下を掘って作られた洞窟型のドックなど、様々施設を地下に設けている実戦型の基地だ。そのためNATO加盟国の艦艇が頻繁に、この基地を訪れているので、ドイツ海軍としても通いなれた航海ルートのはずだ。

それにも関わらず事故が多いのは、ただ運が悪いのか、それとも腕が鈍っているのか・・・

とにかく、現在のドイツ海軍から、Uボートで連合国を震え上がらせていた時の面影は、完全に消えて無くなってしまった。

結局、ギャグのような稼働率問題を放置したドイツ連邦軍

2019年にドイツ連邦軍が提出した、主要兵器に関する報告書によれば、軍が装備してる主要兵器の稼働率は依然として不安定なままだ。

2018年、陸軍が53機保有している攻撃ヘリ「ティーガー」の平均稼働率は11.6機(約20%)で、71機保有している輸送ヘリ「NH90」の平均稼働率は17.5機(約20%)、71機保有している輸送ヘリ「CH-53」の平均稼働率は9機(約13%)だった。

Attribution: Orwell2186 / CC BY-SA 2.5 ドイツ陸軍向け近接支援/対戦車攻撃型のUH Tiger

この数字は、ドイツ空軍の戦闘機「タイフーン」が、電子警戒装置の冷却液漏れのせいで、正常に作動せず、これを修理するための保守部品のストックが少なく、新たに入手するにも時間がかかるため、一時的に過度率が10%台に落ち、ドイツメディアから「ルフトバッフェの惨状」と叩かれた数字と同じレベルだ。

結局、「ルフトバッフェの惨状」は、2018年中、何も改善されることが無かったという意味だ。

稼働率が低いと問題になってるF-35でさえ、ドイツの奇跡のような低稼働率に比べれば、非常に優秀だといえるだろう。

ギャグのような稼働率を一向に解決する気がないドイツ連邦軍は、「お笑いドイツ軍」と認定される日も、そう遠くないだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:Attribution: Bundeswehr-Fotos / CC BY 2.0 ドイツ海軍 212型潜水艦「U-32」

たった34億円でSu-57が購入可能?ロシア製ステルス戦闘機が「激安」な3つの理由前のページ

AIM-120Dではなく、射程の短い「AIM-120C-7」を購入した日本の真意は?次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    本当に必要か? ロールス・ロイスが第6世代戦闘機「テンペスト」に売り込む「世界初」のエンジン技術

    ロールス・ロイスが第6世代戦闘機「テンペスト」に採用される可能性のある…

  2. 軍事的報道

    弾道ミサイル迎撃も可能? 韓国、ミニイージス艦と呼ばれる「次期駆逐艦」設計に着手

    韓国型次期駆逐艦(KDDX)とは、韓国の国内技術のみで開発するイージス…

  3. 軍事的報道

    韓国、A-10 サンダーボルトⅡ主翼製造に続き「機体整備」を約231億円で受注

    米国防総省は12月9日、在韓米軍に配備されている攻撃機「A-10 サン…

  4. 軍事的報道

    やっぱり無理だった? 韓国、名品武器と喧伝した複合型小銃「K-11」開発・量産を正式に中断

    韓国の防衛事業庁は4日、問題の多かった複合型小銃「K-11」の開発・量…

  5. 軍事的報道

    戦闘機F-16は一体いつまで売れ続けるのか?新たにボツワナとチリが購入国として浮上

    ロッキード・マーティンは今月21日に行われた決算説明会の場で、アフリカ…

  6. 軍事的報道

    空母ルーズベルト元艦長は英雄?それとも愚か者?解任以前から新型コロナ感染を自覚

    空母「セオドア・ルーズベルト(CVN-71)」の艦長を解任されたブレッ…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 22日

    大戦末期の疾風とかシュヴァルベだってもっとましなのでは……

    • 匿名
    • 2019年 5月 22日

    徴兵制から志願制になってかなり立つし、練度も低下してる?
    1隻は使い物にならず、長期に渡って港に係留したままのはず?
    この2隻(稼働できる)にカウントされてるんかな?

    こんな感じだとミサイル、魚雷も怪しい。
    (定期的に搭載してるバッテリーを交換するのは最低限必要、5年周期ぐらい?)

    • 匿名
    • 2019年 5月 22日

    ドイツ軍のこの惨状は、メルケル政権が見境無しに軍縮をやりまくったせいなんだよね。
    一番マシな陸軍ですら、人員は陸上自衛隊の半分以下。
    かつて、欧州を震撼させたドイツ軍はもはや存在しない。

    • 匿名
    • 2019年 5月 22日

    ポーランドの復讐かな? なんて事も思いますね
    メルケルはポーランド系ドイツ人(つまりはポーランド人)

    • 匿名
    • 2019年 5月 22日

    え、いつの話してんの?
    今更この話?
    前は運用可能艦2隻以下のときもあったで。。

      • 匿名
      • 2019年 5月 22日

      少しマシになったと思った矢先に、また事故やらかしたってことですよ
      まあ、乗員は年単位でまともに訓練出来ていなかったでしょうから、錬度は新兵同様でしょうな
      某マンガの「最古参の新兵」となるのも近いか? 「最強の敗残兵」は1人も居ないでしょうけど

    • 匿名
    • 2019年 5月 22日

    メルケル後の政権で今のアホみたいな軍縮路線が撤回されたとしても
    落ちるとこまで落ちたこの状況からじゃ、建て直すのにどれくらいを要するのやら…

    • 匿名
    • 2019年 5月 22日

    テレビcmで他民族をバカにする差別思想丸出しのドイツ人。
    この体たらくで他民族をバカに出来るつもりか?

    • ななし
    • 2019年 5月 22日

    今のドイツに国防の意識がない NATOに国防丸投げし今迄ドイツが担っていた分今返して貰う考えなんだろう 確かに極東と違い中国や北の脅威も無く仮想敵国はロシアなんだろうが ぶっちゃけロシアもユーロ圏の一員のようなもので近々に敵も居ないのに 防衛費を使う気に成らないだろう
    せいぜい海外派兵で 出刃って行くだけならばそれでも良いだろう ただしいざ一戦交える事に成っても直ぐに 精鋭部隊に なれない つまり10~20年先を見ないといけないがドイツには それを感じない NATOに今後もおんぶに抱っこに成るつもりなんだろう

  1. 2019年 5月 24日

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
PAGE TOP