軍事的報道

F-15並の精密攻撃が可能? 韓国、国産軽攻撃機「FA-50」に照準ポッド「スナイパー」統合

ロッキード・マーティンは10月15日、韓国の韓国航空宇宙産業と共同で開発した軽攻撃機「FA-50」に、同社が開発した照準ポッド「AN/AAQ-33 スナイパー」を搭載するための適合試験をクリアしたと発表した。

参考:Sniper Advanced Targeting Pod Marks Critical Milestone For FA-50 Integration

韓国が開発した軽攻撃機「FA-50」が、F-15K並の精密攻撃能力を備える?

FA-50とは、韓国がロッキード・マーティンから技術支援を受けて開発した訓練機「T-50」をベースに、イスラエル製のレーダー「EL/M-2032」や搭載できる兵器を増やし「軽攻撃機」に分類される航空機で、開発元の韓国航空宇宙産業は同社に対し、FA-50に照準ポッド「AN/AAQ-33 スナイパー」統合を依頼していた。

同社が開発した照準ポッド「AN/AAQ-33 スナイパー」は夜間における精密攻撃能力を飛躍的に高める装置で、LANTIRNシステムの照準ポッド「AN/AAQ-14」を改良・発展させたものだ。

これを装着することでFA-50は、JDAM(LJDAM)などのGPS誘導兵器やレーザー誘導爆弾などの運用が可能になり、北朝鮮の弾道ミサイルを搭載した移動車両を夜間に精密攻撃することが出来るようになる。

出典:Public Domain B-1Bに搭載されたスナイパーポッド

ただし今回の適合試験クリアは、FA-50へのスナイパーポッド統合が完了したと言う意味ではなく、FA-50への物理的な接続手順の検証や、スナイパーポッドからの信号をFA-50側が受信できたと言うものであり、今後、FA-50にスナイパーポッドを搭載した状態で飛行試験を行い、あらゆる検証作業を2020年中までに完了させるとロッキード・マーティンはプレスリリースの中で述べている。

当初、FA-50に搭載する照準ポッドは国産化する予定で、韓国企業(ハンファとLIGネクスウォン)が開発に着手しハードウェアは殆ど完成していると言われているが、ロッキード・マーティンにFA-50への韓国製照準ポッドの統合を拒否されたと言われている。

韓国メディアは今回の適合試験クリアについて、スナイパーポッドを搭載したFA-50はF-15K級の精密攻撃が可能になったと報じ、喜びを爆発させてる。

出典:Public Domain 韓国空軍のF-15K

FA-50の能力向上計画は、AN/AAQ-33 スナイパーの搭載能力を付与する「Block 10」と、視界外戦闘を可能にするため搭載レーダーの換装と空対空ミサイルAIM-120を統合した「Block 20」の2つの計画があり、Block 20用のレーダーは、KFX用に開発されたフェーズド・アレイ・レーダーを小型化したものを使用すると報道が出た。

KFXは国内で開発したフェーズド・アレイ・レーダーと火器管制システムを採用したため、米国はAIM-120やAIM-9などの米国製空対空ミサイルの兵器データー提供を拒否した。その影響でKFXは、AIM-120の代わりに英国製の「ミーティア」を、AIM-9の代わりにドイツ製の「IRIS-T」を搭載することになったと言う。

もしこのレーダーをFA-50 Block 20に採用すればKFXの二の舞になることは確実で、再び米国からAIM-120の統合を拒否されるのは目に見えている。

どちらにしても、FA-50 Block 20計画が本格的に始動するのは、KFX試作機に搭載する試作レーダーが完成した後の話だ。

果たしてそれまでに、米国からAIM-120の兵器データー開示を引き出せるだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典: Republic of Korea Air Force / CC BY 2.0 離陸中のFA-50

日本のF-35導入費用が安くなる?米国、対外有償軍事援助の改革に着手前のページ

世界中へ即展開、コンテナ1つでステルス無人戦闘機「XQ-58」の打ち上げ&回収可能次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    米海軍、次世代戦闘機「F/A-XX」開発費捻出のため「F/A-18E/F」調達中止を発表

    米海軍は次世代戦闘機「F/A-XX」開発プログラムに資金を回すため、F…

  2. 軍事的報道

    今度は有線誘導にも対応!韓国、ウェイクホーミング対応の新型魚雷を2020年までに配備

    軍事情報誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」は24日、韓国政府…

  3. 軍事的報道

    米海軍、大型のフォード級空母を止め「中型空母」や「ライトニングキャリア」に移行か?

    米メディアは、米海軍が中露の脅威に対抗するため「未来の空母」のあり方を…

  4. 軍事的報道

    420隻体制の中国海軍に対抗不可? 自由を奪う「3つの呪い」で自滅する米海軍

    2035年までに中国は420隻もの艦艇を擁する大海軍建設を進めており、…

  5. 軍事的報道

    これで4件目、またボーイングの空中給油機KC-46Aに「カテゴリー1」の不具合が見つかる

    米空軍は30日、調達中の最新空中給油機KC-46A「ペガサス」に新たな…

  6. 軍事的報道

    空を飛ぶことが出来ないB-1B爆撃機?戦闘準備が完了してるのは6機だけ

    7月30日、米国議会上院軍事委員会に名を連ねる共和党上院議員マイク・ラ…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 17日

    F-5の後継なら、高価なKFXよりもF/A-50の方が適しているのでは?
    KFXよりも先に、精密攻撃まで含めた対地攻撃能力が実装されるし
    どうせ北朝鮮空軍はどうしょうも無いほどの旧式機材揃いで、飛べるかどうかも危ういから対空性能は重視する必要は無いだろう

      • しゅしゅ
      • 2019年 10月 17日

      FA-50でF-5の一部置き換えじゃなかった?

      北朝鮮相手にFA-50で充分と言うのは尤も

    • 匿名
    • 2019年 10月 17日

    いつも楽しみに拝見していますが、
    もう韓国のハチャメチャぶりに飽きてきました…
    久々に各国精鋭のオハナシ読みたいです…

    • 匿名
    • 2019年 10月 17日

    実際この機体規模でこの能力、飛行特性上F-16とファミリー化が行われているF/A-50は
    国際的に競争力のある商品だと思います。
    最大の強みは販売権を米政府とLM社がコントロールしており
    顧客に合わせてF/A-50、F-16、F-35を柔軟に提案可能な体制ですが。

    • 匿名
    • 2019年 10月 17日

    F-15J/DJの偵察ポッドは東芝がやらかしたせいで国産化失敗してPre-MSIP機の偵察機化がコケたんですよね。
    センサーフュージョンを持つF-35に偵察任務も各航空隊に分担してやらせるという手もありますが、100機調達のF-35A/Bと引き換えにPre-MSIPのF-15J-DJをアメリカがいくらで買い取ってくれるか次第ですね。

    • 匿名
    • 2019年 10月 17日

    当初の予定ではBlock20はEL/M-2032のままAIM-120の搭載能力をという話だったと思う。これならイスラエルのエルタ社だからとも思うし、なんならダービーでもそれなりの形になる。
    ただ韓国軍自体がFA-50に中距離AAMの搭載の必要性を認めていないみたいで、Block20あたりはKAIの願望というレベル。
    KFXのAESAレーダーをFA-50にも流用というのはもはや妄想レベルなので考えなくても良いかと。

      • 匿名
      • 2019年 10月 18日

      ですね。
      飯のタネが尽きかけてるKAIが妄想をバラマキまくってるから、戦闘機、ヘリの韓国ニュースをマトモ読むのはバカだと思いますね。
      (現在KAIに残ってる製造はKT-1/KT-100、FA-50が極少数、スリオン/マリオン・ヘリは・・・)

    • 匿名
    • 2019年 10月 18日

    機体中央のハードポイントを潰すので増槽の関係であまり効果的な改修にはならないようだ

    • 匿名
    • 2019年 10月 31日

    なあ攻撃より先に撃墜される模様。
    そもそもそれは軽攻撃機だろ。
    プランだけはいっぱいあるんだよなぁ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
PAGE TOP