軍事的報道

両国とも戦闘機が出撃中? イラン、イラク駐留の米軍に対し弾道ミサイル「Fateh-110」を発射

イランが8日未明、米軍が革命防衛隊「コッズ部隊」のスレイマニ司令官を殺害した報復として、イラクに駐留する米軍に対し大規模な攻撃を行った。

参考:Iran Strikes Back: Missiles Rain Down On American Forces In Iraq

イラン、米軍によるスレイマニ司令官殺害への報復を開始

イランメディアによれば、今回の攻撃に使用したのはイラン国内で開発された短距離弾道ミサイル「Fateh-110(ファテフ110)」で、次々と発射された弾道ミサイルがイラクを目指し飛んでいく様子をTVで流している。

イランが攻撃を仕掛けたのは、イラクの首都バグダッドから185km西に位置するアル・アサード航空基地で、ここには米海兵隊や英国軍が駐留しており、10発以上(12発との情報もあり)の弾道ミサイルが同基地に向けて発射され、イラク領内クルド人自治区の首都アルビール(恐らく、米軍や米国領事館が入居しているアルビール国際空港を狙ったと思われる)へも弾道ミサイルが発射され、少なくとも弾道ミサイルを1発は撃墜(もしくは故障で墜落)したらしい。

専門家によれば、アルビールに向けて発射された弾道ミサイルは固体燃料を使用した「Fateh-110」ではなく、液体燃料を使用したタイプの弾道ミサイルで、恐らく北朝鮮が開発した短距離弾道ミサイル「火星6号(スカッドCの複製)」をコピーした「Qiam 1」である可能性が高いらしい。

未確認ではあるが、イランの戦闘機が基地から離陸し、米軍もアラブ首長国連邦(UAE)に展開している戦闘機を出撃させたという情報があり、もし、これが事実なら米国とイランが全面戦争に突入する可能性が非常に高く、もしかすると、既に交戦が始まっているかもしれない。

現在時点で、イランの弾道ミサイルによる攻撃で米国人に死傷者が出たという報告はない。

追記:14時50分

米国は被害はないと言っているが、イラン革命防衛隊によれば、イラク駐留の米軍が受けた被害を隠そうとしており、実際にはアル・アサード航空基地は大きな損害を受けたことを確認したと言っている。

イラン国営テレビは、イラン革命防衛隊が発射した15発の弾道ミサイルで80人以上が死亡し、米軍のヘリコプターや装備が酷く損傷していると報じている。

 

※アイキャッチ画像の出典:Hossein Velayati / CC BY 4.0 短距離弾道ミサイル Fateh-110

航空自衛隊の実力は? 米メディアが選ぶ、世界の中でも強力で空を支配できる5つの空軍前のページ

韓国防衛産業界はパニック? 米国、韓国の戦闘機「KFX」へ搭載兵器「供給拒否」を通知次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    空を飛ぶことが出来ないB-1B爆撃機?戦闘準備が完了してるのは6機だけ

    7月30日、米国議会上院軍事委員会に名を連ねる共和党上院議員マイク・ラ…

  2. 軍事的報道

    年内の正式発注は無理? 米空軍、予算成立の遅れで戦闘機「F-15EX」発注に遅れ

    米空軍は老朽化した「F-15C」の更新用として、F-15の最新型「F-…

  3. 軍事的報道

    KFXでは対抗不可?韓国、日本の空軍力強化には「ゲームチェンジャー」で対抗

    韓国メディアは、F-35Aの追加導入やF-35B導入決定、F-15Jの…

  4. 軍事的報道

    嘘か真か、F-35プログラムからのトルコ追放は韓国に幸運をもたらすか?

    韓国メディアによればトルコのF-35プログラム追放は韓国防衛産業にとっ…

  5. 軍事的報道

    F-35とF-16Vで一人勝ちのロッキード、戦闘機のみでバックオーダーを3,000機以上積上げる

    ロッキード・マーティンは2019年、ステルス戦闘機F-35ライトニング…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    始まりましたか。
    被害の状況が気になる所です。
    米国の対応次第でしょうが、出来ればここで踏み止まって欲しい所です。
    …でも無理かなぁ。

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      少なくとも(アメリカ情報筋で)2発、ヘリパッドと格納庫に命中してましたね。

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    ここ迄やったら、もう戦争でしょう。
    宣戦布告しないと。

      • 匿名
      • 2020年 1月 08日

      アメリカの現行法では、連邦政府の施設が攻撃を受けた場合、宣戦布告なしに戦争ができます。

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    そして 大惨事世界大戦へ

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    イランはどうやって戦果確認をしたのだろう?

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    イラク国民の大多数はイランと同じシーア派イスラムだから、戦果を調べさせるくらいは朝飯前に出来ると思う

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    事前予告の上でのイランの攻撃
    イラン弾道ミサイルの精度の高さ
    抑制的な米国側の反応

    色々意外な事が起きてる感じ。

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      プロレスと考えたら、いかがでしょうか

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP