軍事的報道

空母ルーズベルト元艦長は英雄?それとも愚か者?解任以前から新型コロナ感染を自覚

空母「セオドア・ルーズベルト(CVN-71)」の艦長を解任されたブレット・クロジャー大佐が新型コロナウイルス「COVID-19」に感染しているとニューヨーク・タイムズが報じている。

参考: Navy Captain Removed From Carrier Tests Positive for Covid-19

クロジャー元艦長は多くの乗組員を救うために立ち上がった英雄か?それともウイルスをばら撒いた愚か者か?

クロジャー元艦長は海軍上層部に空母ルーズベルトの新型コロナウイルス「COVID-19」艦内感染を食い止め「悲劇的な結果」を避けるために適切な処置(ウイルスの感染拡大を防ぐため乗組員の大半を上陸させて欲しいという意味)を訴える手紙を送ったが、この内容がメディアに漏れ(意図的な漏洩)大きく報道されたため艦長を解任されてしまった。

クロジャー元艦長は手紙の中で「我々は戦争をしているのではないので乗組員が死ぬ必要性はどこにもない。今直ぐに行動を起こさなければ米海軍で最も大切な資産である乗組員を助けることが出来なくなる」と訴え多くのメディアや国内世論は彼は「英雄」だと持ち上げ、下院議会の軍事委員会もこの告発は「勇気ある行動」であり賞賛されるべきだと評価し、同委員会の議長を務めるジャッキー・スパイヤー議員は「この告発がメディアに漏れて報道されていなければ、もっと多くの命が影響を受けていただろう」と語るなど彼を解任してしまった海軍こそが間違っていると批判している。

出典:fazが投稿したYouTubeのスクリーンショット

その後、米議会両院の民主党議員達は海軍に「何故、クロジャー大佐を艦長から解任したのか」を説明するよう要求し、国防総省に対して彼の解任手続きが適切であったのか調査するよう命じた。民主党議員は国防総省にあてた手紙の中で「彼の解任はモドリー海軍長官代理の報復人事であり、海軍は全ての指揮官に対し兵士達の保護に声を上げることを望まないというメッセージを送った」と指摘するなど、ブレット・クロジャー大佐の処遇問題で連日メディアを賑わせているが、今度は彼が新型コロナウイルス「COVID-19」の検査で陽性反応を示したとニューヨーク・タイムズが報じ事態が一変する。

ニューヨーク・タイムズの報道によれば、海軍はクロジャー元艦長が先週の木曜日(4月2日)に新型コロナウイルスの症状を示し始めたと報告を受けたため、彼が空母ルーズベルトの指揮統制能力を失うと判断し日曜日(5日)に指揮官交代のため彼を解任することを決めたと報じており、実際、クロジャー元艦長は空母ルーズベルトから下船後に受けた検査で新型コロナウイルス「COVID-19」に感染していることが判明した。

結局、海軍がブレット・クロジャー大佐を解任した理由は彼が新型コロナウイルスに感染した疑いがあったからであり、海軍上層部に乗組員保護を訴えた件とは全く無関係だったというオチだ。こうなると逆にクロジャー元艦長は自身が感染している可能性があると自覚しているにも関わらず、大勢の乗組員が見送る中で下船していくという行動自体が非常識だったかもしれない。

もしニューヨーク・タイムズの報道が正しいなら、多くの乗組員を救うために立ち上がった「英雄」という評価は一転し、ウイルスを多くの乗組員に感染させてしまった「愚か者」と呼ばれるかもしれない。

因みに空母ルーズベルトの乗組員は、元艦長が訴えた通り艦から下船してグアムのホテルで隔離措置がとられている。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo by Chief Mass Communication Specialist Matthew R. White/Released

ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供前のページ

軍事的雑学|韓国軍の戦闘糧食「Kレーション」誕生の契機は反日とキムチ?次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    第5世代機「SU-57」輸出準備完了!ロシア、輸出仕様の「SU-57E」を発表

    ロシアは8月27日から開催される「MAKS国際航空ショー」で、第5世代…

  2. 軍事的報道

    アフガニスタンで旅客機墜落は誤報? 米空軍の戦域通信中継機「E-11A」が墜落

    ポーランドのF-35導入契約に関する話題や、アフガニスタンで民間旅客機…

  3. 軍事的報道

    逼迫する「空母派遣」需要解決の妙案?英空母に米海兵隊F-35Bを搭載し共同作戦を行う!

    米海兵隊のスティーブン・R・ラダー中将は、今週初めに米国メリーゴランド…

  4. 軍事的報道

    豪空軍「F/A-18A/B」が日本に展開、日豪共同訓練「武士道ガーディアン18」が始まる!

    日本の航空自衛隊は、オーストラリア空軍と9月10日から日豪共同訓練「武…

  5. 軍事的報道

    感染者600人超えの仏空母、3月時点で報告されていた乗組員の新型コロナ感染を放置か?

    乗組員50人が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していること…

  6. 軍事的報道

    ドイツ軍3大ミステリー!海軍は艦艇不足、空軍は航空機不足、陸軍は装備不足、予算はどこへ?

    ドイツ海軍はかつてないほど規模が小さくなり、ドイツ空軍の航空機は地上か…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 4月 06日

    この話題は2週間後また盛り上がるだろうな
    あんなに集団で唾飛ばしながら大騒ぎして感染広がらないわけがないし
    居住空間の密集度もダイプリの比じゃないから感染者数1000人は超えるね
    感染防止のために絶対に集まるなという最後の命令さえ出してればまだマシだったのに
    皆に愛され惜しまれる英雄的扱いで退艦していった映像が出回ることがSNS時代の世論誘導に絶対必要だったもんね

      • oominoomi
      • 2020年 4月 06日

      厚労省クラスター対策班の押谷先生は、「感染爆発を起こすメカニズムが分かってきた」として「密集して大声を出すこと、例えばライブハウスや、医療機関や商店に押し掛けて大声を出すことを絶対に止めて欲しい」と言っておられました。
      それを考えれば、これは本当に危険な状況だと思います。
      米空母は日本国民にとっても非常に大切なものだから、もっと思慮深い行動をとって貰いたいです。

    • 匿名
    • 2020年 4月 06日

    新型コロナウイルスの感染力、そして空母とはいえ限られた空間内での感染のスピードはダイヤモンドプリンセスの事例を見て、相当の危機感を覚えての止むを得ない行動と推察します。
    意図的にマスコミに漏らし、将兵から惜しまれて去っていったくだりから、映画エネミー・ラインの艦長を彷彿としました。

    • 匿名
    • 2020年 4月 06日

    そーすよんでも解任の理由は手紙が原因だけど…?

    • 匿名
    • 2020年 4月 06日

    結果的に手紙を送らなくても皆下船できたかも知れないが、一刻も早い行動を望んだからこそ手紙を書いて、結果的には下船は早まったんじゃ無いかね
    艦長には上層部に対する反逆精神があったかも知れないが、アメリカはそれを認める文化があるように感じる
    日本はお上には逆らわない精神が根付いてるから異質に見えるかも知れんが

      • 匿名
      • 2020年 4月 07日

      でもさー、最後の最後にああやって大声出させちゃダメでしょう。
      感染しまくりでは?

    • 匿名
    • 2020年 4月 06日

    アメリカで働いた経験ないのかもしれないけど部下の上司へのゴマすりすごいであっち?
    すごいのが当たり前すぎて最早ゴマすりとすら認識されていないレベル
    ちょっとでも反抗したら即首だし

      • 匿名
      • 2020年 4月 06日

      会社だと知らんが軍隊の場合パットンとかマッカーサーとか米軍の将軍は上に楯突くイメージがあったからさ
      Millennium Challenge 2002の退役中将とか完全に空気読んで無いし
      最近だとマティスがそうだな。オバマにもトランプにもへつらわない
      骨のある軍人が揃ってる気がするんだが

        • 匿名
        • 2020年 4月 06日

        それ言ったら日本も田母神は憲法も戦後史観もガン無視で「そんなの関係ねぇ」だし
        海自の輸送ヘリがごちゃついたのは上層部の意向に現場が整備性優先で盾突いたからだし
        WW2の時からして関東軍も224の決起部隊も政府に逆らいまくりやぞ?
        戦争に負けたから戦犯扱いだけど勝っていたら政府に逆らって己を貫いた気骨の義士になっていた人たち
        世艦では海自OBなんてBMD導入の頃から政府の進めるトランスフォームにブーイングの嵐だしさ

      • 匿名
      • 2020年 4月 07日

      じゃあ英雄かつ愚か者で
      別に元艦長が乗組員を呼んだわけじゃ無いと思うけど
      自主的に集まっちゃったんでしょう

    • 匿名
    • 2020年 4月 06日

    そもそもコロナ感染の危険性を知りながら大量の乗員が一か所に集まることを許した点が批判されてるのに「日本人どもにはお上に逆らう気概なんかないんだろう!!」みたいに日本を叩き始めるとか的外れな逆切れもいいところだし
    手紙出しただけで退艦時に乗員に不用意に集まったり大声を出さないように指示した上で艦を降りていればコメ欄で呆れられることもなかっただろうよ

    • wyuki
    • 2020年 4月 06日

    色々、云われてますが。
    乗組員の皆様方が下船出来て好かったですね。

      • 匿名
      • 2020年 4月 07日

      そりゃそうですけれど、受け入れる方は大変ですよね。
      一気に大勢の若者が押し寄せるのですから。
      しかもマスクしない、大声を出す等々、規律弱そうですし…。

    • 匿名
    • 2020年 4月 07日

    艦長の感染云々は海軍の発表なんでしょ?軍上層部に逆らった者が英雄扱いは不都合だからなぁ、
    下艦して余計な事を話す前にコロナ感染者にして監禁してしまうのが手っ取り早いとも言える。

      • 匿名
      • 2020年 4月 07日

      それじゃまるで某国みたいですね。

    • 匿名
    • 2020年 4月 07日

    あのまま手紙出さずにリークとして支援を訴える程度で艦長を続けていたら今後どうなっていたか想像してみよう
    最初は乗員を守るために奮闘する英雄的な艦長という評価があるだろう
    しかし感染者数が200人を越えたあたりで乗員から最初の死者が出て、この時点で評価は割れ始める
    そして指数関数的増加によりあっという間に1000人を超え死者も二桁に
    もはや艦長を英雄などと呼ぶ声は消え、なぜ感染を防止できなかったのかの声が大半となり全ての責任は彼にあると言われ、数百億ドル単位の訴訟が起こされ、彼のキャリアはここで完全に終了する

    だからこそ「反抗的な手紙」を出すのは今じゃなきゃダメだったのだ
    死者が出る前の今でしか、英雄的行動を演出しながら艦長を辞め、全ての責任から逃れる方法は無かった
    賢いよ彼は。そして次に任命される艦長は本当に本当に大変だ。彼のせいでね

      • 匿名
      • 2020年 4月 07日

      賢いからこそ空母の艦長になれたのでしょうね。
      ちょっとばかり頭が良い程度ではね。
      次の艦長は大変です。
      前艦長が「偉大」なだけに、ある意味アウェー状態なのですから。
      多分中堅幹部クラスもごっそりと入れ替えるのではないでしょうか。
      万年最下位のチームを継いだ監督のようになるのでしょう。

    • 匿名
    • 2020年 4月 07日

    あと数週間もすれば一艦長や一空母に構っていられなくなるよ米海軍は。

    • 匿名
    • 2020年 4月 08日

    あのNYTの報道デスで? あのNYTデスで?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP