軍事的報道

韓国空軍「F-35より優れ『極超音速飛行』が可能な第6世代機を開発」発言

韓国空軍は、現在、導入が進められているステルス戦闘機F-35Aよりも、優れた第6世代戦闘機を開発する必要があると話したと韓国メディアが報じている。

参考:공군 “F-35A보다 우수한 전투기 개발 필요”

極超音速飛行が可能な第6世代機を開発する韓国

5月22日、韓国空軍、本部戦略企画のパク・ギテ次長が、2040年以降にKF-16が退役し発生する戦力の空白に備えるため、第6世代戦闘機の開発が必要だと話した。

出典:pixabay F-16

第6世代戦闘機に必要な性能として、極超音速飛行、赤外線や光学装置に対するステルス能力、大容量のネットワーク通信性能などを挙げ、現在、開発が進んでいる第4.5世代韓国型戦闘機「KFX」に使用された技術を土台に、第6世代戦闘機を開発する必要があると話した。

米国は、現在、戦闘機に搭載可能な高出力のレーザー兵器を開発中で、自立飛行が可能な無人戦闘機を2023年までに開発し試験飛行を行う。中国は、2035年までにAIを搭載した第6世代戦闘機を開発する計画を進め、日本も第6世代戦闘機「F-3」の開発を進めている。

韓国空軍によれば、日本は2030年から2040年までに第6世代戦闘機を保有するだろうと分析し、2030年以降、ステルス戦闘機を含む高性能戦闘機の保有状況は、韓国120機、中国427機、日本232機と予想した。

第6世代機ではなく、第7世代機と名乗っていいレベル

未だに4.5世代機のKFXを開発している途中にも関わらず、第6世代戦闘機の開発を口にしたのは、各国で進む第6世代機開発の動きに、2025年後半までかかるKFXの開発完了を待って、第6世代機開発に着手しては遅いという焦りからだろう。

未だに、世界各国で第6世代機の定義が定まっていない中、韓国空軍が第6世代機が備える性能として、極超音速飛行を挙げたのは非常に驚きだ。

極超音速飛行というのは、マッハ5.0以上で飛行することを指した言葉で、今の所、第6世代機に極超音速飛行を要求したのは韓国が初めてだろう。

出典:public domain マッハ7到達時のコンピュータ計算による流体解析の等高線図

現時点で、地球に存在する技術によって、極超音速で航空機を巡航させるには、恐らくスクラムジェットが必要になるだろ。しかも、ラムジェットエンジンは低速域では作動しないので、加速用のジェットエンジンか、ロケットブースターが必要になる。

巡航用と加速用、別々にエンジンを搭載することで、機体の大型化はまず避けられないだろう。

仮に、マッハ5.0以上に無事加速できたとしても、今度は空気との摩擦で発生する空力熱をどのように処理するかだ。

もっとも難しいと予想されるのは、極超音速飛行で、恐らく表面温度は2000度程度に達しているだろうと予想される機体を、どうやって赤外線探知から隠すのかという問題だ。

参考までに、ジェットエンジンの排気熱は500度前後、アフターバーナー使用時で1500度前後だ。

もし、これを本気で開発するつもりなら、第7世代機と名乗っても不思議ではない。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain F-35A

関連記事

  1. 軍事的報道

    日本独自の「早期警戒衛星」保有への布石、弾道ミサイル探知実験を実施

    日本政府は、来年度打ち上げ予定の先進光学衛星(ALOS-3)に、弾道ミ…

  2. 軍事的報道

    米空軍のB-21爆撃機の開発が順調すぎ!開発開始からたった「5年」で初飛行へ

    米空軍のアーノルド中将は、米議会の上院小委員会の場で、B-21の開発プ…

  3. 軍事的報道

    成層圏の要塞が「飛行機の墓場」からカムバック!保管中のB-52が現役復帰

    米空軍は、失われたB-52の代わりを探してきたが、遂にその代わりとなる…

  4. 軍事的報道

    岩国基地の米海兵隊「F-35B」が事故!F/A-18Dに続き1週間で2件目の「クラスA」事故

    米海兵隊、第1海兵航空団の広報担当者のエリック・フラナガン少佐によれば…

  5. 軍事的報道

    欧州で最高の戦闘機?トルコが第5世代戦闘機「TFX」のモックアップ公開!

    6月17日、フランスのパリで開催中の「パリ航空ショー」で、トルコが開発…

  6. 軍事的報道

    ついに全貌を表す第6世代戦闘機「FCAS」、パリ航空ショーでモックアップ公開予定

    フランスのダッソーは、17日の月曜日(現地時間)、パリ航空ショーでFC…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 24日

          _
         /   ヽ
         |   | お前それ 韓国式でもモルゲッソヨ?
         |   |
        ノ    ヽ
     _, ‐’´ \__/`ー、_
    / ‘ ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
    { 、  ノ、   |  ,,ム,_ ノ l
    ‘い ヾ`ー~’´ ̄__っ八 ノ
     \ヽ、   ー / ー 〉
       \`ヽ-‐’´ ̄`冖ー/

    • 匿名
    • 2019年 5月 24日

    とうとう妄想・妄言で国民に仕事してますよアピールするようになったか。
    まぁ費用はゼロだから国民に負担はかけてない。騙される国民が悪いだけ。

    • 匿名
    • 2019年 5月 24日

    開発するとは言っているが、完成するとは言ってない。

    • 匿名
    • 2019年 5月 24日

    その年代の時には韓国には不要だと思います。
    国力が大幅に低下してるか? 悲願の南北統一でカネが無いか? いずれかだと思いますねえ。

      • 匿名
      • 2019年 5月 24日

      全部ハズレだ。
      統一北朝鮮になってるか、そうなろうとしてアメリカを怒らせて国連信託統治領(≒アメリカの基地置き場)になってるかどっちかだ。

    • 匿名
    • 2019年 5月 24日

    まーた始まった・・・
    技術開発能力以前に極超音速飛行する戦闘機って機動性皆無だと思うけどね
    高度20000m以上を飛行するの?
    戦闘機に必要なのは高度13000m以下での機動性だと思うけど

    • 匿名
    • 2019年 5月 24日

    まだ日本がガンダムを実現する方が現実に近いくらいの超汚染人の妄想話
    南超汚染の技術の最高値がT50程度で何、寝言言ってんのが普通のかんそ。

      • R・M
      • 2019年 5月 24日

      ロッキードマーティン「T-50はウチの設計だぞ。」

    • 匿名
    • 2019年 5月 24日

    さすがにガンダムはね。レイバーかATなら有りかもね。

    • 波嵐万丈
    • 2019年 5月 24日

    さすがにガンダムはね。レイバーかATなら有りかもね。

    • 匿名
    • 2019年 5月 24日

    南朝鮮は何から何まで妄想の塊だな。

    • 匿名
    • 2019年 5月 24日

    言うだけなら只だからなあ

    • 匿名
    • 2019年 5月 24日

    材料とか冶金とか時間と手間のかかる地味な分野に強くならなければ無理な話だろ。
    戦車の変速機すらまともに作れないのに、複合ラムジェットエンジン作れんのか?

    • 匿名
    • 2019年 5月 24日

    全部ハズレだ。
    統一北朝鮮になってるか、そうなろうとしてアメリカを怒らせて国連信託統治領(≒アメリカの基地置き場)になってるかどっちかだ。

    • 匿名
    • 2019年 5月 25日

    出来るわけねーだろ!寝言は寝て言え。

    • 匿名
    • 2019年 5月 25日

    今更60~70年代の超スピードコンセプトかぁ…いやはやどんだけ時代遅れなんだか
    機載レーザーが実用化してもはや音速なんていくつ出そうが無駄な時代が来ようとしてるのにね

    • LLLLL
    • 2019年 5月 25日

    何も2000年代に完成させるとは言ってない!
    2100年かもしれんし3000年かもしれん!
    慌てない慌てない!
    (´・ω・`)

    • 匿名
    • 2019年 5月 25日

    いっそ空飛ぶ円盤を作るぞぐらい言ってくれたほうが、まだ良かった。

    • 匿名
    • 2019年 5月 25日

    オチで笑った

    • 匿名
    • 2019年 5月 25日

    あらあら、うふふ…

    • 匿名
    • 2019年 5月 27日

    極超音速とか戦闘機を何処に飛ばすんだよ、、、
    きたか

    • 匿名
    • 2019年 5月 27日

    極超音速とか戦闘機を何処に飛ばすんだよ、、、
    極超音速まで加速して超音速まで減速する間に中国都市部を通り越すぞ、、、
    あれか?韓国はロシアかアメリカを仮想敵国とみなしてるのか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

PAGE TOP