軍事的報道

最高速度が若干性能ダウン?韓国型戦闘機「KFX」の実物大モックアップ初公開

15日に開幕する「ソウルADEX 2019」で、韓国が開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」の実物大モックアップが展示される予定だが、開幕前にも関わらず韓国メディアや関係者によってKFXのモックアップ画像や動画がアップされ続けている。

ソウルADEX 2019開幕前にフライング公開されたKFXの実物大モックアップ

10月15日、韓国のソウルで開催される「ソウルADEX 2019」に、韓国が開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」の実物大モックアップが展示され初披露される予定だったが、開幕前にも関わらずプレスデーに招待された韓国メディアや関係者によってKFXのモックアップ画像や動画がアップされ、一足先にKFXのモックアップを見ることが出来る。

これはKFXのモックアップアップを至近距離で360度撮影した動画だ。

最初に映し出されるのはKFXの機首部分やエアインテーク周りで、予想通りF-22を彷彿とさせる設計で、エアインテーク下には目標指示ポッドらしき造形物が装着されている。

主翼下には3つハードポイントがあり、内側には増槽が装着され、真ん中にはレーダー誘導爆弾、外側には短距離空対空ミサイル(恐らくドイツ製のIRIS-T)が装着されているが、F-35のようにハードポイントを斜めに方向け少しでもレーダー反射断面積(RCS)を抑えるといった工夫は見られない。

後方から捉えた映像にはエンジンのノズル部分、垂直尾翼や水平尾翼が映っている。

エンジンのノズルはこれまで公開されたCGや小型模型通り、推力偏向パドルなどは装着されておらず、赤外線を低減させるための工夫もないシンプルな構成で、唯一、水平尾翼の付け根あたりにレーダー警戒受信機か、電波妨害装置らしきものを収容するための出っ張り?膨らみが確認できる。

左のエアインテーク上部部分には機銃を搭載した膨らみがあり、映像では確認出来ないが、機体の下部には半埋込式でミーティアらしきミサイルを装着している。

韓国航空宇宙産業が配布した資料によれば、KFXの仕様は全長16.9m、全幅11.2m、高さ4.7mで、最大離陸重量25.6トン(内兵器搭載量は7.7トン)、最大推力44,000lb、最高速度マッハ1.81、航続距離2,900kmだ。

これまでKFXの最高速度はマッハ1.97と言われていたので、最高速度に関しては若干、性能がダウンをしていることを除けば、これまで公表されてきた数値通りだ。

機体下部の半埋め込み部分と主翼下のハードポイントの合計は10ヶ所で、以前記事にしたとおり、空対地ミサイルの搭載運用能力は米国に兵器データーの開示を拒否されたため削除されており、現時点で運用可能な対地攻撃用兵器は、無誘導自由落下型爆弾にJDAMキットを取り付けたものか、現在開発中の韓国型タウルスしかない。

一応、空対地ミサイルも搭載可能とだけ書かれている。

韓国航空宇宙産業の関係者によれば、KFXはF-35よりも機動性に優れ、運用コストはF-35の半分、韓国空軍が運用中のF-15Kと同水準だと言っており、F-35Aの1時間あたりの運用コストは3万5000ドル(約380万円)と言われており、その半分なので1万7,500ドル(約160万円)ということになる。

米空軍が導入を希望しているF-15EXの1時間あたりの運用コストは2万7,000ドル(約290万円)で、2025年までにF-35Aも2万5,000ドル(約270万円)で運用コストを下げると言っている。

今日(15日)に正式に開幕するソウルADEX 2019で、一体どのような発表があるのか非常に注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:KAIが公開したYouTube動画のスクリーンショット

米国は空母へ投資を続けるのか?ミサイルへ投資先を変更するのか?前のページ

世界で最も非常識な兵器? マッハ9.0で作動するロシアの極超音速対艦ミサイル次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    新型コロナ感染防止よりも軍備優先? 中国、防衛産業の研究開発や生産再開を指示

    中国は未だ新型コロナウイルス「COVID-19」の猛威が収まらない中で…

  2. 軍事的報道

    ベースはくにさき型巡視船、フィリピン沿岸警備隊向け巡視船2隻を三菱重工業が受注

    フィリピン沿岸警備隊の外洋での活動能力を高めるため94メートル型巡視船…

  3. 軍事的報道

    技術だけが流出? 韓国、支払われない韓国型戦闘機「KFX」の開発費に苦悩

    韓国国会の国防委員会は、インドネシアが負担することになっているKFXの…

  4. 軍事的報道

    日の丸をつけたオスプレイが空を飛ぶ!陸上自衛隊、V-22B訓練風景の動画公開

    ティルトローター方式による垂直離着陸が可能なV-22オスプレイを導入す…

  5. 軍事的報道

    エアバス、フライングブームによる空中給油作業の自動化に世界で初めて成功

    エアバスは17日、フライングブームによる空中給油作業を世界で初めて完全…

  6. 軍事的報道

    新たな名品武器の登場? 韓国、ウェイクホーミング魚雷「タイガーシャーク」量産へ

    韓国国防部は22日、海軍の214型潜水艦や島山安昌浩級潜水艦で使用する…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 15日

    う~ん、まだまだ机上の空論としか思えませんね。
    「戦闘機開発の歴史」というものが韓国に存在すれば、そこから推し量ることも出来るんですが。
    現状ではドラえもんが4次元ポケットからKFXを取り出すみたいなもんとしか。
    まぁ、昨今は技術流出もグローバル化しちゃってて、ある程度なら出来ちゃうものかもしれませんがね。
    米軍機のように徐々に完成度を高めていく方法も、韓国人にはなじまないやり方のように思えるし、おそらく無理でしょう。
    開発を急いでいるのも、戦力としての需要よりも輸出シェアを獲得するという視点での、日本を競争相手とした「謎の強迫観念」に追われているようにしか見えませんね。

      • 匿名
      • 2019年 10月 15日

      「日本を競争相手」と意識する割に、4.5世代だとF2と同世代に過ぎないのですよね
      「謎の強迫観念」で色々目が曇ったのかな?

    • 匿名
    • 2019年 10月 15日

    TFXもKFXも、結局F-22の焼き増しと言うかパチモンみたいになりそうやね。独自路線を取れるJ-20やSu-57がすごいと言うべきか?
    他国への輸出を前提にしているなら、自国で4.5~5世代機を開発した、というのは宣伝文句にはなるかもしれないが、ゆうて4世代機ならF-16でもユーロファイターでもラファールでもいいし、5世代機ならF-35とSu-57E(?)もあるし……わざわざTFXやKFXを買うところがあるかな?KFX共同開発のインドネシアも導入数減らしたとかなんとか

    • 匿名
    • 2019年 10月 15日

    エアインテークが日本の実証機に似ている以外は中国のJ-31にしか見えない、これなら中国と共同開発したほうが早いだろう

      • 匿名
      • 2019年 10月 16日

      素直にF-16V買っとけよ、な。

    • 匿名
    • 2019年 10月 15日

    なぜF22にそっくりで4.5世代戦闘機なの?

      • しゅしゅ
      • 2019年 10月 15日

      機体の形などは似てるが、ウェポンベイを持たず、ステルス性能がないからじゃない?

    • 匿名
    • 2019年 10月 15日

    LM設計の超音速練習機をライセンス生産した事で
    あり得ないほどの自信を得たのかな
    まだ戦闘機1度も作った事無いんだから凄い大風呂敷

    • 匿名
    • 2019年 10月 15日

    あれだけ盛大に外部兵装を持ってるのにステルス?もしかしてウエポンベイは無いのかな。
    たとえ全てリリースした後でもハードポイントから盛大なレーダー反射があるだろう。
    わざわざ空力的に不利なステルスデザインを採用する意味が無い。

      • 匿名
      • 2019年 10月 16日

      Block2でウェポンベイ追加﹙FA18方式?﹚
      Block3以降でエアインテークの改良、垂直尾翼の再設計、エンジンノズルのステルス化等を予定だって
      開口部や突起物の多い機体だから、Block3以降とやらは、ほぼ作り直しレベルの修正が必要だと思う

      • 匿名
      • 2019年 10月 16日

      4.5世代機だからある部分は映っちゃう様になってんじゃないの?

        • 匿名
        • 2019年 10月 16日

        4.5世代だと前方限定のパックマン・ステルスだけど、前方から視認出来そうな境界層流放出口の類いなどを見ると、目標の RCS 0.5㎡程度 は厳しいかも。
        外観こそF22類似だけど、レーダー波反射源の削減処理自体は、ラファール﹙RCS 0.1~1㎡﹚の水準に達してるとは思えないので。

    • しゅしゅ
    • 2019年 10月 15日

    kfxの要求性能はユーロファイター タイフーンを超えるステルス性能とKF-16を超える戦闘能力を持つ4.5世代機なので変では無いかと。

    後、空力はフライ・バイ・ワイヤで何とでもなる時代なので、空力にこだわる位ならステルス性能を上げた方が良いと判断したのでは?

  1. 中国がラビを参考にJ-10を開発したと言われている様に、韓国もJ-31を参考にKFXを開発すれば良いと思う。

    • ゆう
    • 2019年 10月 16日

    ステルス機だと形はみんなF22とかF35とかになるのか?まるっきりコピーじゃん!

    • ワニワニパニック
    • 2019年 10月 16日

    ステルスなのに外部搭載てんこ盛り、
    ステルスの意味ないじゃん。
    エンジンだってf18用でしょ?
    目新しさがゼロ。
    完成するまでには時代遅れになってる。
    完成しないけどね。

    • 匿名
    • 2019年 10月 16日

    朝鮮人のライバルは台湾あたり。
    それでも台湾はノーベルは取っているから朝鮮人よりは上だけれど。無理に日本をライバル視するから苦しくなるのだ。はやく諦めれば楽になるぞ。

    • 匿名
    • 2019年 10月 16日

    エアインテーク上側の吸排気口(?)っぽいルーバー状の穴、思いっきり反射源だけど良いのでしょうか?
    この程度のステルス風味って、スパホの鋸歯状パネルやレーダーブロッカーとかと大きく違うのでしょうか?
    F-22やF-35だと小さなリフレクターをお腹や背中につけただけで、非ステルス機になるのに。

  1. 2019年 10月 17日

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP