軍事的報道

自ら孤立する韓国、南シナ海へ艦艇派遣を求める米国の要請を拒否

韓国は、南シナ海への軍艦派遣要請を拒否したという中国のサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事を、韓国メディアが報じている。

参考:SCMP “美, 韓에 남중국해 군함 파견 요청”…국방부 “요청 없어”(종합)

経済・軍事面での協力を拒み、北朝鮮への支援へ協力を求める韓国

米国は南シナ海で、中国の強引な海洋進出に抗議するため「航行の自由」作戦を2015年10月から実行中だ。

補足:アメリカ合衆国は、他国が領海や排他的経済水域といった海洋権益を過剰に主張していると判断した場合、その主張を認めないという意思表示をするため事前通告なくその海域を航行するという「航行の自由」作戦(FONOP: Freedom Of Navigation OPeration)を実施している。

この作戦には米国だけでなく、英国やフランスの艦艇も参加し、最近ではドイツが艦艇の派遣を検討しており、日本は正式に「航行の自由」作戦には参加していないが、南シナ海の周辺海域で、米国や英国、豪州、フィリピンなどの国と合同軍事演習を実施してきた。

正確な時期は不明だが消息筋の話として、米国は韓国に対し「航行の自由」作戦へ、韓国海軍の艦艇を派遣して欲しいと要請したが、韓国は、北朝鮮の脅威に力を集中しなければならないという理由で、この要請を拒否したと報じているが、韓国国防部は、このような要請を受けたことがないとして否定した。

韓国は経済面でも、中国のHuawei製通信機器の使用禁止について米国か、中国かの選択を迫られているのに、今度は軍事面でも、南シナ海問題を取り出し米国か、中国かの選択を迫られた格好だ。

南北の融和により軍事的危機が遠ざかったとして、北朝鮮との国境線警備設備を撤去したり、北朝鮮を刺激するという名目で国内最大の軍事演習場を閉鎖したり、文政権は国軍解体を進めているのではないかと国内で批判されているのに、「北朝鮮の脅威」を持ち出したのは非常に滑稽だ。

前政権の朴槿恵大統領時代にサード配備問題で、中国を刺激し長期に渡り経済的な報復のトラウマを抱えているので、韓国がHuawei問題で米国支持に回ることはない。

経済面の協力も軍事的な協力も無理だと言っておきながら、北朝鮮への経済的支援については協力してほしいと言う文大統領は、厚かましいにも程がある。

明日から大阪で始まるG20で、トランプ大統領に、どんな顔をして言い訳をするのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

欧米を後追いか?独自性か?日本の次世代戦闘機「F-3」開発が進まない理由前のページ

いずも空母化、第6世代戦闘機開発、英国BAEが狙う日本の防衛産業市場次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    F-15EX導入まであと一歩?米上院議会、米空軍「F-15EX」調達を承認

    米上院議会の国防予算を検討する歳出小委員会は、空軍が要求したF-15E…

  2. 軍事的報道

    インドに放置される韓国製複合防空システムの行方、政治的後ろ盾のなさが原因?

    2018年にインドが調達を決定した韓国製複合防空システム「K-30 S…

  3. 軍事的報道

    ロシア、トルコ向けに「カスタマイズ」した第5世代戦闘機「SU-57T」を提案か?

    ロシアはF-35プログラムから追放されたトルコに対し、SU-35を購入…

  4. 軍事的報道

    日本導入の可能性も? 米空軍、次期訓練機の名称「T-7A レッドホーク」に決定

    米空軍の次期高等訓練機に採用が決定してる「ボーイングTK」の正式名称が…

  5. 軍事的報道

    アフガニスタンで旅客機墜落は誤報? 米空軍の戦域通信中継機「E-11A」が墜落

    ポーランドのF-35導入契約に関する話題や、アフガニスタンで民間旅客機…

  6. 軍事的報道

    F-35B導入継続か?イタリア、F-35B搭載のため空母「カヴール」改修に着手

    イタリアは、AV-8Bを運用中の空母「カヴール」に、F-35Bを搭載す…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 6月 28日

    ウリは友好国の要請を拒否する権利を持っているけど、友好国ならばウリの要請を受け入れるべきニダ
    割と本気でこういう行動をとっているから、マジモンのアホだと思うしか無い。
    なんでしたっけ?自分がすればロマンスで他人がすれば不倫?そんな遠回しな言い方しなくても、単に我儘自己中で片付くわ。
    ツートラック戦略とか、良いところ取りしたいだけの願望は戦略とは言わないし。
    二兎を追う者は一兎をも得ずどころの話じゃないね。

    • 匿名
    • 2019年 6月 28日

    言い訳なんかしませんよ(笑)彼らはしたいことをして、言いたいことを言うだけです。その結果どうなるかなんて考えもしません。どうかなった時に初めて騒ぐのですから(笑)

    • 匿名
    • 2019年 6月 29日

    管理人さん、興味深い記事をありがとうございます。

    その行動規範というか、規範というと自らを律する大人の行動ですので敢えて使いませんが、
    ふるまいは犬猫にも劣りますね。

    猫ですら粗相して怒られたら次からはしません。暫くの間ですが。
    そんな相手だと判ったうえで、ただ見るだけ、手を差し伸べずというのが正しい扱い方のようです。

    • 匿名
    • 2019年 6月 29日

    嘘か真か知らないけど、在韓米軍が平沢まで撤退知てるけど、そこには学校ができてないらしい。
    できてないのにソウルの学校が閉鎖決定。生徒は2〜3ヶ月の夏休み。そのまま韓国から家族を逃し、軍もそのままっ撤退との噂。

    北朝鮮と韓国は中国に任せて、平和的属国化になるのではないか。
    その為に中国が圧力を掛け、米国側からも踏み絵を踏ませて撤退しやすくなる状況化。

    日本大使館も建てられてないし、レーダー照射問題もアメリカは実情を知ってるし8月ぐらいまでに何か動くのかなぁ。
    アメリカはいつもそうやって追い込んでいく。在韓米軍家族がいなければ北を核で先制攻撃しても支持できるという民意もできてる。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP