軍事的報道

生産終了目前か? V-22オスプレイを購入するためのラストチャンス

ボーイングは、ベル・ヘリコプターと共同開発した垂直離着陸機、V-22オスプレイについて購入を予定しているなら、早めの発注を行う必要があると警告した。

参考:Paris Air Show 2019: Boeing warns ‘last chance’ to buy V-22

オスプレイを購入するためのラストチャンス

ボーイングは、V-22オスプレイのバックオーダーが少なくなり、生産の終了が近づいてきているとし、V-22オスプレイの購入を検討している顧客は、早めに発注を行う必要があると警告した。

V-22オスプレイは、現在まで、米海兵隊、米空軍、陸上自衛隊が採用したが、日本以外の国で未だ採用がなく、潜在的な顧客として、イスラエル、カナダ、インド、英国などが挙げられている。

Attribution: Tim Felce / CC BY-SA 2.0 レドームを下ろして飛行中のシーキングAEW

特に、英国は、空母「クイーン・エリザベス」で運用中の、早期警戒型ヘリコプター「シーキングAEW」の代替機として、V-22オスプレイを改造した早期警戒型を検討中と言われている。

シーキングAEWは、フォークランド紛争中に急遽開発された早期警戒型ヘリコプターで、固定翼機の早期警戒機E-2Cを運用するために必要なアレスティング・ワイヤーが装備されていない空母で、唯一、運用可能な早期警戒機として、現在、空母「クイーン・エリザベス」に搭載され運用中だ。

しかし、1982年に開発された機体を、30年以上、改修しながら運用しているため、代替機の検討が行われていて、アグスタウェストランド AW101をベースに開発する案と、V-22オスプレイをベースに開発する案がある。

インドも、空母で運用中の、旧ソ連製早期警戒ヘリコプター「Ka-31」の代替機として、V-22オスプレイベースの早期警戒機を検討中だ。

出典:海上自衛隊

日本も、護衛艦いずも、かがの空母化が決定し、F-35Bを運用することになるので、ヘリコプターベース、もしくはオスプレイベースの早期警戒機導入を検討すべきだろう。

早期警戒機として高性能を目指すなら、大型のレドームが搭載しやすいオスプレイベースの方が有望で、そのベースとなるオスプレイの生産が終了に近づきつつあるというのは非常に問題だ。

日本は陸上自衛隊向けに、17機のオスプレイを導入中だが、生産が終了してしまえば、追加の導入が必要になっても、もはや入手の手段がない。

ボーイングは、現在までに、米海兵隊向けに360機、米空軍向けに54機、米海軍向けに48機、陸上自衛隊向けに17機の受注・製造を行ってきたが、輸出に関しては「完全に期待はずれ」であることを認めた。

もし、海外の顧客がV-22オスプレイを購入するには、2020年9月までに国防総省の国防安全保障協力局からLOA(FMS契約の受諾書のこと)の発行を受けなければ、先にV-22オスプレイのバックオーダーが尽き、生産ラインが閉じる可能性がある。

FMS契約の手続きは非常に時間が掛かるため、2020年9月までに受諾書発行を受けるためには、恐らく、2019年中にオスプレイの購入要求を米国に打診しなければ間に合わないだろう。

ボーイングによれば状況が変わらない限り、これがオスプレイを購入するための「ラストチャンス」と言っている。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

関連記事

  1. 軍事的報道

    協定破棄で困るのは日本?韓国、北朝鮮「弾道ミサイル発射」事実把握で日本に負ける

    韓国大統領府は、日本が韓国よりも10分早く、8月24日早朝に北朝鮮が弾…

  2. 軍事的報道

    令和初となる「富士総合火力演習」応募受付を開始!「自衛隊観艦式」秋頃開催予定!

    令和元年、8月25日(日)に、静岡県御殿場市の東富士演習場畑岡地区で開…

  3. 軍事的報道

    韓国空軍「F-35より優れ『極超音速飛行』が可能な第6世代機を開発」発言

    韓国空軍は、現在、導入が進められているステルス戦闘機F-35Aよりも、…

  4. 軍事的報道

    ポーランド、旧ソ連製戦闘機の更新用に32機のF-35A導入を決定!日本も105機のF-35を追加導入…

    F-35の導入数を減らす国もあれば、新しくF-35を導入しようとする国…

  5. 軍事的報道

    F-35B導入継続か?イタリア、F-35B搭載のため空母「カヴール」改修に着手

    イタリアは、AV-8Bを運用中の空母「カヴール」に、F-35Bを搭載す…

  6. 軍事的報道

    F-35のウェポンベイに12発?米国、新型空対空ミサイル「ペレグリン」開発を発表

    米国の大手防衛企業、レイセオンは戦闘機が搭載できる空対空ミサイルの数を…

コメント

  1. オスプレイとヘリコプターの違いは航続距離は空中給油で何とかなるので、
    本質的にスピードだけですから値段が大きく作用したのでは?

    • 匿名
    • 2019年 6月 16日

    「ラストチャンス」と聞くと、「閉店セール」を思い浮かべる。

    • 匿名
    • 2019年 6月 16日

    V-280の完成が見えてきたんで在庫一掃セールやりたいのでは…
    AEWにするにしてもこっちでいいような?
    オスプレイって輸送機でちょっとデカすぎだと思うのよ
    V-280の方が安価で使い勝手良さそうじゃない?

      • 匿名
      • 2019年 6月 16日

      V-280の艦載機版が検討されているんだっけ?
      あれは陸上運用だけだったような気がするんだが

      • 匿名
      • 2019年 6月 17日

      オスプレイは中途半端なサイズですからね
      分隊運ぶだけならV-280で良いでしょうし(海兵隊の分隊は陸軍より大きいけど)
      車両やら重装備運ぶには小さすぎるし

    • 匿名
    • 2019年 6月 16日

    ただの輸送ヘリなら大正義チヌークがあるしなぁ
    ハーキュリーにしろ古参の完成度が高すぎて輸送機は中々更新されないね

    • 匿名
    • 2019年 6月 16日

    開発中のV-280は現時点では艦載は無いのでは? (なのでプロペラを折りたためない) 新しいカテゴリーだから状況はどんどん変わるだろうけど、開発期間は必要だから折り畳みプロヘラが出るのはもっと後では?
    (陸軍のUH-60の後継機の一つがV-280) 

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP