軍事的報道

米海軍フリーダム級を踏襲? 三井E&S、海上自衛隊向け「新型哨戒艦」のデザイン公開

MAST Asia 2019に参加している三井E&Sは、海上自衛隊が新編する哨戒艦部隊向け、新型哨戒艦のデザインを公開した。

オープン式ウェルドックを装備した新型哨戒艦案

6月17日、千葉市美浜区の幕張メッセで開幕したMAST Asia 2019は、海洋及び航空安全保障に関連した防衛装備・技術に関する展示・論文発表を行うシンポジウムで、欧米などで防衛装備を製造する企業、約70社が参加している。

因みに、MAST Asiaは、日本で開催される唯一の国際防衛見本市だったはずだが、ロンドンで開催されていた総合防衛・セキュリティ展示会「DSEI」が、2019年11月、日本の幕張メッセで「DSEI Japan」を開催する予定だ。

三井E&Sは、2018年に閣議決定された中期防衛力整備計画(中期防)で、海上自衛隊が新編する「哨戒艦部隊」向けの、新型哨戒艦コンペティションに応募する「新型哨戒艦」のデザインを公開した。

コンペティションには、三菱重工業とジャパン・マリンユナイテッドも参加する予定で、双胴船(カタマラン)型を採用した案があると噂されていたが、公開されたデザインを見る限り三井案は、米海軍のインディペンデンス級沿海域戦闘艦のような三胴船(トリマラン)型ではなく、通常の船型のフリーダム級沿海域戦闘艦に似たデザインを採用してきた。

出典:public domain インディペンデンス級沿海域戦闘艦

新型哨戒艦の大きさは全長約100m、約2000トンで、2基のディーゼルエンジンを搭載し、25ノット以上の速度を出せる。

艦首方向には、76mm砲1基、搭載箇所は不明ながらも遠隔操作が可能な12.7mm機銃が2基装備され、艦尾方向にはヘリ用の飛行甲板と格納庫、小型艇を収容・発着させるための、オープン式ウェルドック(?)らしきものが艦尾に設けられているのが特徴だ。

新型哨戒艦には、回転翼型の無人航空機(UAV)2機と、無人水上艇(USV)2隻収納できるように設計されている。

非常に目新しいのは、いちいちクレーンなどで吊り下げて海面へ降ろし、無人水上艇を運用するのではなく、艦尾に設けられたオープン式ウェルドックから、直接、無人水上艇を発進させ収納することが出来る点だ。

新型哨戒艦の艦橋は360°方向の視界が確保されている「パノラマブリッジ」で、目標を自動的に追尾可能な、自律的操艦システムが搭載される。

防衛装備庁は、2022年までにコンペティションの勝者と契約を結ぶ方針だ。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain フリーダム級沿海域戦闘艦

事故続く自衛隊、海外派遣中の輸送艦衝突、輸送機から迫撃砲落下前のページ

ベル「水陸機動団にAH-1Zが最適」、陸上次期戦闘ヘリ選定へアピール次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    ポーランド、旧ソ連製戦闘機の更新用に32機のF-35A導入を決定!日本も105機のF-35を追加導入…

    F-35の導入数を減らす国もあれば、新しくF-35を導入しようとする国…

  2. 軍事的報道

    ロシア空軍、ステルス戦闘機Su-57「フェロン」の正式運用を開始

    ロシア国防省は25日、空軍正規部隊のパイロットによって第5世代戦闘機「…

  3. 軍事的報道

    インドに放置される韓国製複合防空システムの行方、政治的後ろ盾のなさが原因?

    2018年にインドが調達を決定した韓国製複合防空システム「K-30 S…

  4. 軍事的報道

    今後価格は確実に下がる!日本が導入するF-35B、1機あたり約139億円の内訳

    8月16日、防衛省は空母に改造した「いずも型護衛艦」で運用するための短…

  5. 軍事的報道

    弾道ミサイル迎撃も可能? 韓国、ミニイージス艦と呼ばれる「次期駆逐艦」設計に着手

    韓国型次期駆逐艦(KDDX)とは、韓国の国内技術のみで開発するイージス…

  6. 軍事的報道

    これで4件目、またボーイングの空中給油機KC-46Aに「カテゴリー1」の不具合が見つかる

    米空軍は30日、調達中の最新空中給油機KC-46A「ペガサス」に新たな…

コメント

    •  
    • 2019年 6月 21日

    見る目の無い私からすると3900t級の小型版にしか見えない
    1隻でオールマイティーな能力を付与しようとすると、結局あの様なカタチに収まるのかな
    海自艦船の実用的なフォルムは嫌いでは無い

    • 匿名
    • 2019年 6月 21日

    北朝鮮の瀬取りの監視にはアメリカの沿岸警備隊の「バーソルフ」も派遣されてますね。 船尾に高速艇を迅速に行うためのオープン式ウェルドック+スリップ・ウェイを装備。 海上保安庁って組織があるので、EEZ(排他的経済水域)での活動がメインでしょうから、迅速な臨検などにはオープン式ウェルドック+スリップ・ウェイは必須でしょうね。
     海上保安庁はこのタイプの艦艇は所有してるのかな? (ざっとみた感じではなさげ)

    • 匿名
    • 2020年 4月 13日

    米国コーストガードみたく、巡視船の強武装化を進めたほうが現実的じゃないか、ミサイルも積んで
    海上保安庁もまるまる自衛隊の4つめとして指揮下に置くべき

    1
    • 匿名
    • 2020年 4月 16日

    海上保安庁と海上自衛隊の仲の悪さは有名だよね。

    海上法案庁の長官が、大臣の前で有事の際に海自の指揮下に入ることを明確に拒否したという話を聞いたけど、さもありなん。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  4. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP