軍事的報道

ドイツ駐留の米軍をポーランドへ移動?国防費増額を行わないドイツ批判高まる

独駐在米国大使のリチャード・グレネル氏は、NATOが2014年に約束した国防費の増額(GDP比2.0%)を守ろうとしないドイツに対し、米国がドイツに派遣している地上軍をポーランドへ移動させる可能性を再び持ち出した。

参考:US Threats to Withdraw Its Troops From Germany Leave Gov’t Coalition Split

なぜドイツに3万5,000人もの米軍が駐留しなければならないのか疑問も多い

2018年、ドイツに駐留している米軍の移転、もしくは撤退にかかる費用について米国防総省が検討を始めたとワシントン・ポスト紙が報じ、その可能性についてトランプ大統領と軍関係者が話し合いを行ったと言われている。

これはあくまで選択肢の一つ似すぎないが、ドイツに駐留する3万5,000人の大部分を米国へ帰還させるか、一部もしくは全てをポーランドへ移動させる案などが検討されていると報道されたが、米国防総省の担当者が、この報道内容を完全に否定し、NATO加盟国、特にドイツは胸を撫で下ろした。

出典:US Army 

しかし最近になって、独駐在米国大使のリチャード・グレネル氏が、再びこの案を持ち出し、NATOが2014年に約束した国防費の増額(GDP比2.0%)を守ろうとしないドイツを批判し始めた。グレネル氏は、自分の国を守るためにドイツは国防費を支払うべきとして、これを促すためにも米国は、ドイツ国内に駐留する米軍をポーランドへ移動させるべきだと考えているトランプ大統領を称賛した。

ロシアの飛地領であるカリーニングラードや、ロシア陣営のベラルーシに接するポーランドは、NATOの対ロシア最前線の加盟国にもかかわらず、同国には4,000人規模の米軍しか駐留しておらず、6月、ポーランドは米国のトランプ大統領に対し米軍の増派を要求し、当面1,000人規模の米軍をポーランドへ追加派遣することで合意した。

この追加派遣される部隊には米軍の特殊部隊が含まれ、兵站部門や、師団司令部の設置など、今後の本格的な米軍駐留についても協議が行われたと言う。

出典:pixabay

米国にとって国防費増額を渋るドイツよりも、駐留軍のコスト負担や、「トランプ」の名を冠した新しい軍事基地建設のため20億ドル(約2,100億円)提供、F-35A購入手続きを進めるポーランドの方が、魅力的に映るのは当然だ。

グレネル氏は、今回のポーランドへの米軍追加派遣は本国から新たに派遣するのではなく、ドイツに駐留している米軍を移動させ賄うべきだと主張し、ドイツを苛立たせている。ドイツ社会民主党所属の議員Thomas Hitschler氏は、このような米国の下品な態度は、ドイツに懐疑心をもたらし、米国主導のホルムズ海峡有志連合へのドイツ軍派遣の意思を悪化させるだろう警告した。

もし、ドイツ国内に駐留する米軍がいなくなれば、ドイツは自力で国を守らなければならないが、悲惨な状況から抜け出すことができない現状のドイツ軍では、到底、国を守る事はできないだろう。

東西冷戦時、NATOの最前線だった西ドイツに対し、米国がNATO派遣軍最大の兵力を駐留させたいた事に反対するものはいなかったが、冷戦終結後、NATOは東へ拡大発展し、それに伴いロシア陣営との対立線もドイツからポーランドへ移動した現在、なぜドイツに3万5,000人もの米軍が駐留しなければならないのか疑問も多い。

ドイツはNATO加盟国として、国防に対する消極的な態度を改めない限り、ますます欧州で立場が悪くなっていくだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:

実戦配備が進むロシアの極超音速兵器、マッハ10で飛翔する極超音速ミサイル「KH-47M2」公開前のページ

また技術移転頼み? 韓国、第4.5世代戦闘機「KFX」で第6世代戦闘機に対抗可能次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    開発中のKFXステルス化を想定? 韓国、ステルス技術の国産化計画を発表

    韓国の防衛事業庁と国防科学研究所は、国内技術のみでステルス技術の開発に…

  2. 軍事的報道

    近未来的なCICを実現!富士通がロッキード・マーティンと自衛隊向けに開発した最新技術を発表

    米国のワシントンDC近くで開催中の米海軍水上部隊協会シンポジウム「SN…

  3. 軍事的報道

    遂に開発国が採用!ドイツ、戦闘機タイフーンの搭載レーダーを「Captor-E」換装へ

    ドイツ空軍の関係者は、現在運用しているユーロファイター・タイフーンの搭…

  4. 軍事的報道

    北朝鮮の「瀬取り」監視のため、オーストラリアが4度目となる航空機「P-8ポセイドン」派遣

    防衛省の発表によれば、国連安保理決議により禁止されている北朝鮮籍船舶の…

  5. 軍事的報道

    顧客への引渡しは予定通り、日本とイタリアの生産ライン再開でF-35最終組立はフル稼働

    米国、日本、イタリアで最終組立が行われているF-35の生産ラインは新型…

  6. 軍事的報道

    中国の偵察能力を飽和させる方法? 新マンハッタン計画は米海空軍協力の象徴

    米海軍の最新鋭「ジェラルド・R・フォード級空母」2番艦が12月7日、洗…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 8月 11日

    ここで焦るならまだ希望はあるだろうけど
    対露の前線が遠くなった上に増強されるならもっと軍事費減らせるじゃん!と内心喜んでそう…
    義務を果たさず旨みだけ吸う寄生虫みたいな国だなぁ

      • 匿名
      • 2019年 8月 11日

      それで黙ってEUやNATOの財布・工場をするならそれもありかもしれないけど、難民受け入れとか環境保護とかをやかましく騒ぎ立てて他の国にも押し付けようとする辺りがね……

    •  
    • 2019年 8月 11日

    在独米軍の何割かをポーランドに前方展開するなら、ドイツ、ポーランド、ウクライナ、バルト三国、
    全員がWIN-WINでしょう。困るのはロシアだけ。ドイツも韓国並みにアメリカから冷遇されていくでしょうが

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP