軍事的報道

台風の影響? 海上自衛隊の「おやしお型潜水艦」が横須賀沖で立ち往生

海上自衛隊所属の「おやしお型潜水艦」が横須賀沖を航行中、突然、出力を失い航行不能に陥った。

参考:日本潜艇出海被卡住 张召忠

台風の漂流物の影響で、海上自衛隊の「おやしお型潜水艦」が立ち往生か?

詳細な日付は不明だが、台風による影響で漂流物が漂う横須賀沖を海上自衛隊所属の「おやしお型潜水艦(艦名不明)」が水上航行中、突然、出力を失い航行不能になった。

原因は漂流物が潜水艦のスクリューか方向舵に絡まったためで、この潜水艦は自力での漂流物除去を断念し、海上自衛隊横須賀警備隊所属の水中処分隊が急行する事態に発展、その後、水中処分隊によって「おやしお型潜水艦」に絡まった漂流物は無事取り除かれた。

今回の出来事で非常に興味深いのは、この事故(?)に関して、日本の大手メディアも海上自衛隊も一切、触れていないにも関わらず、中国や韓国のメディアはYoutubeに投稿された動画を元に「日本の潜水艦が立ち往生」という見出しで報道が行われていた点だ。

中国メディアは、台風で流された漁網がスクリューに絡まったのではないかと指摘している。

恐らく、海上自衛隊は大した事故(と呼ぶのかどうかも謎だが)ではないと判断したのかもしれないが、Youtubeに投稿された動画を元に周辺国のメディアが報道し、日本に情報が逆上陸してしまうと最悪、情報を隠蔽したと言われる可能性があり、個人がSNSやYoutubeなどで情報を発信できてしまう時代だからこそ、オープンにしても問題ない情報は極力公開しておくほうが無難ではないだろうか?

出典:Public Domain はるしお型潜水艦

因みに、漂流物にやられた「おやしお型潜水艦」は、はるしお型潜水艦まで踏襲されてきた「涙滴型船型」を捨て、海上自衛隊として初めて「葉巻型船型」を採用した潜水艦で、1987年から11隻建造され、現在でも9隻(2隻は練習潜水艦へ艦籍変更)が現役として運用されている。

出典:海上自衛隊 そうりゅう型潜水艦2番艦「うんりゅう」

この「葉巻型船型」は、最新のそうりゅう型潜水艦にも踏襲され、現在建造が行われている次期3000トン型潜水艦にも採用されているはずだが、この3000トン型潜水艦が2020年から毎年1隻のペースで進水してくるので、残り9隻の「おやしお型潜水艦」も次第に姿を消していくことになる。

 

※アイキャッチ画像の出典:海上自衛隊 おやしお型潜水艦7番艦「くろしお」

無事就役できる? 米海軍、フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ」が進水前のページ

いよいよ本領発揮か? 米国防総省、F-35ミッション達成率を「73%」まで引き上げに成功次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    F-35B導入継続か?イタリア、F-35B搭載のため空母「カヴール」改修に着手

    イタリアは、AV-8Bを運用中の空母「カヴール」に、F-35Bを搭載す…

  2. 軍事的報道

    日本、F-35A国内組立価格を93.7億円まで圧縮に成功!最終組立ラインでの生産継続へ

    日本政府はコストの問題で、空自向けF-35A国内最終組立を取りやめ、米…

  3. 軍事的報道

    韓国、第4.5世代戦闘機KFXのレーダーは「F-35水準」でF-16Vより性能が優れている

    韓国のハンファシステムは、同社が開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」用…

  4. 軍事的報道

    本当にツイてない? 不幸続きの米海軍、今度は強襲揚陸艦「イオー・ジマ」が火災で損傷

    米海軍は昨年、アーレイ・バーク級駆逐艦「オスカー・オースチン」がオーバ…

  5. 軍事的報道

    ドイツ空軍でミステリアスな事故? 戦闘機「トーネード」に装着された増槽2個が同時に落下

    ドイツ空軍は9月、新人パイロットを養成するための訓練飛行中だった戦闘機…

  6. 軍事的報道

    米海軍が第6世代戦闘機「F/A-XX」を単独開発する理由!第5世代戦闘機が犯した過ちとは?

    米海軍は、次世代戦闘機を米空軍とは共同で開発する予定はなく、米空軍とは…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 31日

    中国のネットでははコンブが絡まったと遊んでるみたい
    張召忠・少将(今は退役して軍事専門家)「黄海は深さがたったの44mで、昆布の養殖が行われているため、アメリカの原子力潜水艦は黄海には入ってこれない」に引っ掛けて。
    語録
    「中国の殲−10の戦闘力はインドのSu−30や日本のF−15に勝る」
    「北京はスモッグに覆われており、レーダーが使えません。 アメリカの爆撃機は正確に目標を捉えることはできない」
    「中国は全面的な戦争をしない限り、アメリカに勝てます。 100%勝てます」
    など。

    1
    • 匿名
    • 2019年 11月 01日

    沈黙の艦隊でロシア原潜が通信用のワイヤーを漂わせて相手のスクリューに巻き込ませるという戦法(?)してたよなぁと懐かしく思ってしまった自分は漫画脳。
    自己完結できる組織は「公表」というものに疎くなってしまうのでしょうか。自損事故を自力で解決して警察に届けないような感覚なんですかね。自衛隊を敵視している連中には良い餌となってしまうのかもしれないという一点においても公表はするべきだったでしょうね。

    1
    • 匿名
    • 2019年 11月 01日

    周辺国の情報機関が潜水艦の動向を細かに観察しているのは間違いない

    • 匿名
    • 2019年 11月 01日

    他に被害を与えた訳でもなく、操船ミスでも無く、予見のしようが無い事故であれば、どうでもいいと思うけど。
    車がパンクしたからって、誰も騒がないだろ。
    スクリューを廃止してポンプジェットにしろとでも言うのかね。

    1
    • 匿名
    • 2019年 11月 01日

    んこくのぎじゅつゅはほぼ日本による技術を盗んだもの。故に絶対日本を追い抜くことは出来ない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP