軍事的報道

ロシア、無人戦闘機「S-70オホトニク」初飛行映像をYouTubeで公開

ロシアの国防省は、全翼機タイプの無人戦闘支援機「S-70オホトニク」が初飛行を行った際の映像を公開した。

参考:Watch New Russian Stealth Assault Drone’s First Flight

ロシアの無人戦闘支援機「S-70オホトニク」の初飛行映像が公開される

ロシアが開発中の無人戦闘支援機「S-70オホトニク(ハンターとも呼ばれている)」は、ロシア初のステルス戦闘機SU-57を開発したスホーイが設計・開発を担当しており、ロシアが進めている第6世代機開発プロジェクトの一つだ。

外見上の特徴は、米国の無人戦闘攻撃機「X-47」(開発中止)によく似た全翼機タイプだが、S-70は機体重量が20トン(離陸重量25トン)もあると言われ、非常に大きいというよりも、もはや有人戦闘機(F-15並)と同じレベルの大きさだ。

このS-70は、全長14m、全幅19m(20mという説もある)、兵器搭載量は2~3トンの兵器を2つのウェポンベイ内に収納し、SU-35に搭載されている「AL-31」もしくは、「AL-41」が1基搭載されていると言われている。

今まで不鮮明な写真でしか「S-70オホトニク」を知ることが出来なかったが、今回公開された「S-70オホトニク」初飛行の映像で、機体の形状や、エンジンの搭載形態などが非常によく分かる。

初飛行を行ったのはプロトタイプのためなのか分からないが、エンジンの排気ノズルの処理が行われておらず、機体後部に突き出したような格好をし、このままでは機体形状によるステルス性能が損なわれるだろうし、何よりも赤外線探知を避けるための処理が何も行われていないように見える。

出典:ロシア国防省がアップしたYouTubeのスクリーンショット

もし赤外線対策を行うなら、B-2やX-47のように機体に埋め込み、排気温度を下げるための何らかの工夫が必要になるが、ロシアのステルス戦闘機「SU-57」の排気ノズルの例もあるので、ロシアはこのあたりには気を使っていないのかもしれない。

1分11秒と非常に短い映像だが、軍用機の初飛行映像をロシア(旧ソ連)がYouTubeで公開するという、一昔前では考えられない、何とも便利な世の中になってしまったものだ。

この記事とは関係はないが、米空軍研究所とクラトス・ディフェンス社が共同で開発中を行っているステルス無人戦闘機「XQ-58ヴァルキリー」について、米空軍が正式に発注するかもしれないというニュースが流れている。

クラトス・ディフェンス社は、米空軍が年末までに20機から40機程度のXQ-58ヴァルキリーを発注するだろうと語り、これを見越して、既に搭載エンジンの発注を行ったと言っている。

出典:public domain XQ-58ヴァルキリー

XQ-58ヴァルキリーは、LCAAT(低コスト航空用航空機技術)プログラムに基づいて開発され、1機あたりの価格は300万ドル(約3.3億円)程度という低価格で調達でき、100機以上の発注があれば、1機あたり200万ドル程度(約2.2億円)まで価格が下がると言われている。

米空軍が採用している無人偵察機「MQ-9 リーパー」ですら、1機あたりの価格は1300万ドル(約14億円)もするので、如何にXQ-58ヴァルキリーが安いかよく分かる。

果たしてロシアの「S-70オホトニク」は、どれぐらいの価格になるのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:

数分で米軍グアム基地を破壊!中国、極超音速ミサイル搭載爆撃機で米国牽制前のページ

予備パーツをケチる韓国、MH-60Rを12機導入しても予備エンジンは0.5機分?次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    戦後初の防衛装備品輸出に暗雲? 新型コロナの影響でレーダー「J/FPS-3ME」輸出交渉が停滞

    日本にとって戦後初となる国産防衛装備品の輸出交渉が新型コロナウイルス「…

  2. 軍事的報道

    中国版イージス艦「052D型」と並走する護衛艦「さみだれ」、日中両海軍が親善訓練を実施

    海上自衛隊は、令和元年度自衛隊観艦式に参加する予定だった中国海軍の昆明…

  3. 軍事的報道

    韓国、防衛費分担金の見返りとして「禁輸指定兵器」販売を米国に要求?

    韓国軍は、米国側が50億ドル(約5,440億円)もの防衛費分担金を要求…

  4. 軍事的報道

    原潜や核兵器を要求? 韓国メディア、在韓米軍コスト増を容認する見返りを米国に求めよ

    韓国メディアは調整が難航している在韓米軍防衛費分担金交渉について、大幅…

  5. 軍事的報道

    不味い食事や待遇が原因? 英国軍、1年で1万5,000人以上の兵士が軍を辞める

    英国軍では、この12ヶ月間に1万5,000人以上の兵士が軍から去ってし…

  6. 軍事的報道

    全滅に近い米海軍の空母戦力に光明、空母「ハリー・S・トルーマン」がトラブルから復帰

    米海軍の原子力空母「ハリー・S・トルーマン」は、8月末に発生した深刻な…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 8月 08日

    ロシアにはKGBパワーがあるからタダで調達できるよ
    ???「ソ連式の方が効率的だ」

    • 匿名
    • 2019年 8月 08日

    エースコンバットで出て来そう(笑)しかしデザインはかっこいい!これから先無人戦闘機どうしでの戦いが当たり前になるのかな?!

    • amakusa
    • 2019年 8月 09日

    国内向けの政治宣伝でしょうね、実用にはまだまだ先...

    • 匿名
    • 2019年 8月 11日

    全翼機なのに着陸の姿とか、かっこいい!
    これが無人機なのも驚きだ。

    しかし、ここのライターは見識が深く広く読み応えがある。
    興味深い話題を有り難う。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP