軍事的報道

露のステルス戦闘機「SU-57」量産初号機が墜落、原因は尾翼の不具合

12月24日に墜落したロシアの第5世代戦闘機「SU-57」は、技術的な不具合によって墜落した可能性が高いとロシア国営放送「イタルタス通信」が報じている。

参考:Источник: упавший в Хабаровском крае Су-57 самопроизвольно вошел в спираль

SU-57の墜落事故原因は技術的な不具合による可能性が高い

ロシア極東部のハバロフスク地方の都市、コムソモリスク・ナ・アムーレにあるスホーイ社の子会社「Yu.A.ガガーリン記念コムソモーリスク・ナ・アムーレ航空機工場」で製造されたSU-57が、同地域にあるロシア空軍基地で試験飛行を実施中に墜落した。

因みに、この墜落した機体は同工場で製造された「SU-57」の量産機(恐らく初号機)で、数日後にロシア空軍へ引渡される予定だったらしい。

出典: Dmitry Zherdin / CC BY-SA 3.0 SU-57

今回の事故原因を探る上で、大きな助けになるのが同機を操縦していたパイロットの証言であり、事故から無傷で生還しているため、事故当時の状況は驚くほど詳細に判明している。

ロシア空軍に引渡しを控えたSU-57の量産機は24日、スホーイの社内パイトットによって高度8,000m付近をテスト飛行中、突然、機体制御システムの故障(異常)により機体が下降しながらスパイラル(螺旋)しはじめ、機体は高度を急激に失っていった。

パイロットは機体制御を手動に切り替え、機体を水平飛行に戻そうと試みたが状況は改善せず、高度2,000mまで降下したところで緊急脱出し、パイロットは無事に地上へ帰還したが、SU-57は地上へ激突し機体はバラバラに壊れてしまった。

イタルタス通信によれば、SU-57は尾翼制御に問題があった可能性が高いと報じている。

出典:Rulexip / CC BY-SA 3.0 MAKS-2011においてサージングを起こしたSU-57

これまでSU-57は、エンジンが火を吹いて緊急着陸をするといったトラブルを経験したことはあるが、飛行中に墜落し機体が全損するというトラブルは今回が初めてで、パイロットの人為的なミスではなく、技術的な不具合が事故原因である可能性が高いため、今後の量産や海外輸出に深刻な影響を及ぼすかもしれない。

ロシアは76機のSU-57を発注済みで、ロシア空軍への引渡しは2020年(初号機は2019年中)から始まる予定だったが、問題の修正が確認されるまで延期されることになるだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:Moose / stock.adobe.com

約80年ぶり? 米海軍、真珠湾攻撃で沈没した戦艦を原潜として復活させる前のページ

2026年まで量産は無理? 中国、第5世代戦闘機用の新型エンジン年間生産量は5基次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    革新より堅実さを選択したロシア、次世代戦車「T-14」の量産実用化は当面先送り

    ロシアが開発した次世代主力戦車「T-14」は2025年までに2,000…

  2. 軍事的報道

    韓国防衛産業界はパニック? 米国、韓国の戦闘機「KFX」へ搭載兵器「供給拒否」を通知

    韓国は国内で開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」に米国製の兵器を統合す…

  3. 軍事的報道

    協定破棄で困るのは日本?韓国、北朝鮮「弾道ミサイル発射」事実把握で日本に負ける

    韓国大統領府は、日本が韓国よりも10分早く、8月24日早朝に北朝鮮が弾…

  4. 軍事的報道

    第5世代機「SU-57」輸出準備完了!ロシア、輸出仕様の「SU-57E」を発表

    ロシアは8月27日から開催される「MAKS国際航空ショー」で、第5世代…

  5. 軍事的報道

    日本のF-35整備拠点を利用するアジアの国は? シンガポールへF-35B販売を米国承認

    米国防総省の国防安全保障協力局(DSCA)は9日、シンガポールに対し最…

  6. 軍事的報道

    自ら孤立する韓国、南シナ海へ艦艇派遣を求める米国の要請を拒否

    韓国は、南シナ海への軍艦派遣要請を拒否したという中国のサウスチャイナ・…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 26日

    これって結局尾翼の不具合というよりかはFBWの制御システムの不具合なんじゃ…?

    • 匿名
    • 2019年 12月 26日

    全遊動式って言うんだっけ?ラダーがなくて尾翼がまるごと動くっていう
    尾翼周りの欠陥はかなりクリティカルな欠陥だからねぇ

    • 匿名
    • 2019年 12月 27日

    ロシアとしては文字通り出鼻を挫かれた感じですね。ただ、修正する技術力はあるし独裁政治の強みでやり通すでしょうから、長期的に見れば些細な問題でしょう。日本やアメリカで同じことをすれば非難轟々でしょうから、そういう意味では羨ましくもあります。

    • 匿名
    • 2019年 12月 27日

    Su-27シリーズは垂直尾翼に燃料タンク積んでいるからな
    だからあのような機動が出来る
    Su-57も垂直尾翼に燃料タンク積んでいるかも

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP