軍事的報道

文大統領の公約を守るため?本音は日米共同訓練に対抗? 韓国、海外で韓米共同軍事訓練を計画中

韓国は南北合意の影響で米国との共同軍事訓練を中止または縮小した結果、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が約束した任期内での戦時作戦統制権の転換が難しくなってきた。

参考:韓은 국내훈련 못해 해외원정훈련

文大統領の任期中に戦時作戦統制権転換を実現させるための苦肉の策?

文大統領は自軍の作戦統制権を国連軍司令官(現在は韓米連合司令官)から取り戻すことを公約に掲げており、これを実現させるためには韓国軍の作戦指揮能力を米国に認めさせる必要があるのだが、肝心の韓米共同軍事訓練は南北合意の影響で中止または縮小してしまい戦時作戦統制権転換のための検証が困難になっている。

特に半島有事を想定した韓米共同訓練最大規模の野外訓練「フォール・イーグル」や北朝鮮への逆上陸作戦などを想定した「双竜訓練」の中止、図上演習「キー・リゾルブ」縮小の影響が大きく、このままでは文大統領の任期中(2022年5月)の戦時作戦統制権の転換は絶望的だ。

そこで韓国は、北朝鮮が煩い朝鮮半島ではなく米国で韓米共同訓練を行うことを計画中だ。

出典:JarekTuszyński / CC-BY-SA-3.0 イラクの村を再現した模擬村

米国のカルフォルニア州フォート・アーウィンにある米陸軍ナショナル・トレーニング・センターに韓国軍の戦車や自走砲などを持ち込み、米軍と共同軍事訓練を実施して韓国軍の作戦指揮能力をアピールするのが狙いだが、もしこれが実現されれば韓国軍が大規模な装甲車両を海外に輸送して訓練を行う初の事例となる。

因みに日本の陸上自衛隊は、韓国が派遣を予定している米陸軍ナショナル・トレーニング・センターだけでなく、ルイジアナ州フォート・ポークにあるジョイント・レディネス・トレーニングセンターにも大規模な部隊を派遣して訓練を行ってきた。

補足:ナショナル・トレーニング・センターの中に12の村が再現され、宗教施設、ホテル、ロータリー交差点等の様々な建物まで再現され完全編成の旅団が丸ごと戦闘を行うことが可能で、コンピュータ化された中央指揮所であらゆる戦闘の記録と分析を行う事ができる。ジョイント・レディネス・トレーニングセンターは1941年に建設され、第二次世界大戦に米国が参戦する前に同地で実施されたルイジアナ演習の規模は陸軍19個師団、約50万人という前代未聞の規模だった。

要するに国内で訓練が出来ないのなら海外でやろうという訳だ。

この方針は韓国国防が策定した予算編成にも現れており、今年海外で実施する訓練に159億ウォンの予算を確保しており、前年の92億ウォンと比べて大きな伸びを見せている。韓国が今年始めて参加する海外の訓練には韓米連合戦術訓練「リジッドナイフ」や米国が主催する国際共同訓練「パシフィック・バンガード」などが含まれている。

この様な動きについて韓国メディアは、戦時作戦統制権転換に必要な米軍との共同訓練を任期中に満たすため苦肉の策だと報じているが、米国との共同訓練を拡大し続ける日本に対抗しようとしている意図も含まれているのかもしれない。

補足:2016年と比較して40%増! 韓国メディア、日米共同訓練の驚異的な増加率を羨む

 

※アイキャッチの出典:Bumble Dee / stock.adobe.com

ラファール失敗は単独開発? フランス、反省を生かした第6世代戦闘機開「FCAS」で共同開発の罠に嵌る前のページ

ボーイング、F/A-18E/Fを使用したスキージャンプ方式による発艦テストを計画中次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    空を飛ぶことが出来ないB-1B爆撃機?戦闘準備が完了してるのは6機だけ

    7月30日、米国議会上院軍事委員会に名を連ねる共和党上院議員マイク・ラ…

  2. 軍事的報道

    豪空軍「F/A-18A/B」が日本に展開、日豪共同訓練「武士道ガーディアン18」が始まる!

    日本の航空自衛隊は、オーストラリア空軍と9月10日から日豪共同訓練「武…

  3. 軍事的報道

    GPSの補完的役割を想定? 米軍、日本の準天頂衛星システム「みちびき」利用を検討か

    米議会は、自国が構築したGPSシステム以外からも衛星測位信号が受信でき…

  4. 軍事的報道

    新型コロナのせい? 韓国政府には開発費不足に陥った「KF-X」を救う財政的余力がない

    韓国メディアは11日、韓国防衛産業界の象徴というべき次期戦闘機「KF-…

  5. 軍事的報道

    歴史上初!飛行中のステルス爆撃機「B-2」コックピット映像をモザイクなしで公開!

    未だに秘密のベールに包まれている、米空軍のB-2ステルス爆撃機。最近、…

  6. 軍事的報道

    北朝鮮の「瀬取り」監視のため、オーストラリアが4度目となる航空機「P-8ポセイドン」派遣

    防衛省の発表によれば、国連安保理決議により禁止されている北朝鮮籍船舶の…

コメント

    • ハヤタ
    • 2020年 2月 07日

    使用料金を如何やって払うの?
    ただじゃ無いよネー

    • 匿名
    • 2020年 2月 07日

    こっち見るな

    以外の感想が無い

    • 匿名
    • 2020年 2月 07日

    反日と反米の中で複雑な気持ちになってそう(笑)
    韓国軍と保守は喜んでるだろうな
    とはいえ文大統領としても北朝鮮を刺激しない共同訓練なら実施が嫌でもないのかもしれませんね

    • 匿名
    • 2020年 2月 07日

    テレビで見たけど街での戦闘訓練だけじゃなくベテランの教官達が民衆に扮して暴動など色んな状況に対処する訓練させてるのな

    • 匿名
    • 2020年 2月 07日

    韓国人ってどうして何もかもが場当たり的と言うか、その場しのぎばかりしてるのだろうか?

      • 匿名
      • 2020年 2月 07日

      いままで、それでなんとかなってきたからです。

    • 匿名
    • 2020年 2月 07日

    >韓国軍の戦車や自走砲などを持ち込み、米軍と共同軍事訓練を実施して韓国軍の作戦指揮能力をアピールするのが狙いだが、

    これ、別の視点から実現できたら面白いですね。日本からは過去の演習で90式、10式戦車が持ち込まれ主砲の命中精度に高い評価を得たと報道があります。
    韓国がK2戦車を米国へ持ち込んで同様の演習を行ったら、どんな成績を収めるかが、ある意味楽しみです。

    • 匿名
    • 2020年 2月 07日

    あのクソ狭い訓練場じゃ戦車砲の射撃訓練も最大射程ではできなかっただろうから
    戦車の砲手には貴重な経験になるだろうな
    陸自は(リップサービスとわかってるが)毎回褒められるけどウリナラはどうなるかな?

    • 匿名
    • 2020年 2月 08日

    海外でやればばれないとでも

    • 匿名
    • 2020年 2月 08日

    まず500億ドル払ってからじゃないのかね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  3. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  4. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP