軍事的報道

技術だけが流出? 韓国、支払われない韓国型戦闘機「KFX」の開発費に苦悩

韓国国会の国防委員会は、インドネシアが負担することになっているKFXの開発費1兆7,000億ウォンについて、未だに1兆4,000億ウォン以上が未払いであることを指摘し、このままではKFXの開発スケジュールに影響を及ぼすと懸念を表明した。

参考:김중로 “인도네시아, KF-X 공동개발 분담금 13%만 납부”

果たして韓国が期待する通り海外輸出できるのか誰にも分からない

韓国の韓国型戦闘機「KFX」は開発費を調達するため名目上、インドネシアとの「共同開発」という形式をとっており、開発費8兆6,000億ウォン(約7,700億円)の約20%相当、1兆7,000億ウォン(約1,520億円)をインドネシアが負担することになっている。

しかし、インドネシアは国内の経済状態が良くないという問題や共同開発の条件について不満があるため、1兆7,000億ウォン(約1,520億円)の開発費支払いを停止しており、それまでに支払ったのは2,272億ウォン(約203億円)に過ぎない。

このような状況について韓国の国防委員会は、インドネシアは総開発費の20%を負担することを条件にKFXの開発過程へ技術者を送り込んでいるが、実際には分担金が支払わておらず技術だけが流出していると指摘し、もしインドネシアが分担金支払いを再開しない場合、2021年に予定されている試作機の出荷や、2026年に予定しているKFXの開発完了など、全体のスケジュールに支障が生じると懸念を表明した。

2019年7月基準でインドネシアは114人の技術者を韓国へ派遣し、韓国航空宇宙産業で機体の詳細設計や試作機製造に参加中で、インドネシア国内でもKFXの部品製造を行うための準備が進められている。

出典: Alvis Cyrille Jiyong Jang (Alvis Jean) / CC BY-SA 4.0 ソウルADEX 2017で展示されたKFXの模型

韓国はインドネシアが要求したKFX共同開発の条件について見直しを行う交渉を「非公開」で行っている言われており、もし交渉がまとまらなければ共同開発からのインドネシアが離脱し、条件面で合意出来たとしても、インドネシアは開発費負担割合の引き下げや、KFXの開発で獲得した技術の移転を増やすよう要求しているので、どちらにしても韓国側の開発費負担が増えるのは目に見えている。

前日の記事「嘘みたいな本当の話、予算不足で韓国型戦闘機「KFX」から対地攻撃能力を削除?」でお伝えした、開発予算の確保失敗によるKFXの対地攻撃能力の削除問題と、今回のインドネシア開発費未払い問題は、KFXが抱えている問題の一部でしか無い。

当初、KFXの機体価格は7,000万ドルを超えることはないと公言しいたが、すでに1次量産分の機体価格が6,700万ドル(当初予想6,000万ドル)を超えることが分かっており、インドネシアの問題が拗れれば、機体価格を更に上昇させる要因に成りかねない。

恐らくKFX導入のための関連費用も合わせれば、1機あたり8,000万ドルを下回ることはないだろう。

もし開発が無事完了したとしても、対地攻撃能力が欠如した1機8,000万ドルもするKFXが、果たして韓国が期待する通り海外輸出できるのか、誰にも分からない。

 

※アイキャッチ画像の出典:KAIが公開したYouTube動画のスクリーンショット

関連記事

  1. 軍事的報道

    大胆な新デザイン!海自向け「次世代潜水艦コンセプトモデル」に海外も注目

    6月17日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された「MAST Asia …

  2. 軍事的報道

    韓国、国産戦闘機「KFX」用AESAレーダー設計完了!2020年にも試作レーダー完成

    韓国の防衛事業庁は、韓国型戦闘機「KFX」に搭載されるAESAレーダー…

  3. 軍事的報道

    最高速度が若干性能ダウン?韓国型戦闘機「KFX」の実物大モックアップ初公開

    15日に開幕する「ソウルADEX 2019」で、韓国が開発中の第4.5…

  4. 軍事的報道

    本当に偵察用途?韓国、国産ステルス無人機の開発に着手

    韓国は、電波の反射を吸収する塗料や、機体形状を工夫しレーダー反射断面積…

  5. 軍事的報道

    米海軍が第6世代戦闘機「F/A-XX」を単独開発する理由!第5世代戦闘機が犯した過ちとは?

    米海軍は、次世代戦闘機を米空軍とは共同で開発する予定はなく、米空軍とは…

  6. 軍事的報道

    海上自衛隊の戦闘指揮所が進化!近未来的なCICを搭載する新型護衛艦

    米国最大の海上兵器の博覧会「Sea Air Space 2019」で、…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    (予定どうりに開発できたと仮定して)K-FXの性能を必要とする国なら、素直にF-16を買うだろう。 (搭載できる兵器の種類、アップグレードの保証)
    レッドチームなら、おロシアの戦闘機
    トルコ(初期に離脱、ドイツはEU内の紛争国に兵器を売らないって決めてる、ユーロファイターの開発に参画してるからトルコは買えない)、インドネシア(そっち系をサポートしてるってイスラーム国認定でアメリカの兵器を買えない)がK-FXプロジェクトに参加したのにはそれなりに理由があるんでしょう。
    ゲリラの掃討とかなら、ブラジルのスーパーツカノ(エンブラエル EMB-314)で充分では? 形態のロケット砲で撃墜されるされる恐れもあるからね。 FA-50でも惜しいかもしれない。

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    非常に胸のすく内容。
    韓国人がどこかの国でやってきたことを今、インドネシアの技術者がやっている。
    インドネシア、グッドジョブ!!!

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    技術流出? KFXは他国のライセンス品を集めて組み立てる予定みたいだし
    韓国自体のオリジナルギジュチュなんてあったっけ?
    CGでそれらしい動画作るくらいかな?

      • 匿名
      • 2019年 10月 09日

      動画は著作権侵害して削除しただけで責任はとらなかったという代物でしたね

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    インドネシアは既にSu-35の導入を決定してますし
    アメリカ製のエンジンを搭載するのにアメリカ製の武装が使えないなんて
    チグハグな戦闘機は本音では導入停止したいんでしょうね。

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    実際問題、完成したとしてもK2戦車の時のように予算の大幅縮小を受けて、開発チームが離散して継続的なアップデートもノウハウの継承も出来ていない、という状況に陥るのが目に見えているのがなんとも。
    引き渡し後は自前で改修、アップデートをしたいってのがインドネシアの本音なのでは?

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    KFXは第五世代機のようなステルス性も期待できず、米国製兵器もつめず、今度は対地攻撃能力もなく高価である
    つまり兵器としていいところは何もない
    100歩譲って、開発する能力を持つことが結果的に将来へつながるという考えはあるとしても
    それをインドネシアが一部とはいえ費用負担する義務もないだろう

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    流出するだけの技術があると思ってんのか・・・・・・

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    この内容ならノースロップF20の製造権でも買い取って
    多少現代風にアレンジした方が随分魅力的なきがする
    この程度なら微妙なブルーチームに輸出出来るのでは?
    もちろんエンジン供給の生殺与奪はアメリカ次第

    • 匿名
    • 2019年 11月 06日

    そもそも流出するような技術ってあったのかな…?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP