軍事的報道

歴史上初!飛行中のステルス爆撃機「B-2」コックピット映像をモザイクなしで公開!

未だに秘密のベールに包まれている、米空軍のB-2ステルス爆撃機。最近、B-2“スピリット”飛行中のコックピット内部を撮影した動画が、初めて公開された。

参考:Here’s how B-2 bomber pilots pull off grueling 33-hour flights

初飛行から30年という時間の経過を感じてしまう

この動画は、ダラスを拠点とする映画プロデューサー兼ラジオパーソナリティーの、ジェフ・ボルトンが撮影したものだ。

飛行中のB-2の勇姿から、空中給油機から給油を受けるシーン、B-2を操縦するパイロットとコックピット内部が映っている。もっとも驚きなのは、B-2のコックピット内部を映した動画に、操縦計器パネル類が遠慮なく映っている点だ。

ここまで映して良いのか?と思うほど、遠慮なく撮影し、一切のモザイク処理なしに動画で公開している。

肝心のB-2“スピリット”のコックピットを見た感想としては、いささか古めかしいと感じてしまった。1989年に初飛行したB-2は、すでに30年の歴史があって、最新のF-35ステルス戦闘機などのコックピットと比べると、改めて20世紀に設計された航空機という実感を感じる。

引用:Jeff Bolton

2人のパイロット正面には4つ多機能情報画面が配置され、左右のパイロットの間には、姿勢指示計や昇降計、傾斜計など基本情報を映し出す、大型の情報画面が設置されている。それ以外の空間には、これでもかと言うほどのアナログ式計器や、機械式のスイッチ類がびっしりと取り付けられているのが印象的だ。

気になったのは、B-2“スピリット”のコックピット正面のガラスに、非常に細かな網目状の何かが埋め込まれていること。これはF-22や、F-117のキャノピーに、金を蒸着コーティングすることでコックピット内部へのレーダー波の進入を防いでいるが、B-2では別の技術を用いているのかもしれない。

色々と書いたが、現在開発中のB-21が完成するまで、世界で一番、先進的な爆撃機のコックピットであることには変わりがないし、B-52のコックピットに比べれば十分未来的だ。

それなのに、米空軍はB-2とB-1を退役させ、B-21とB-52で爆撃機戦力を構成していくことを既に決定している。

もちろん、なぜB-52よりも、B-2を先に退役させるのか十分すぎるほど理由は知っているが、進化したテクノロジーのコストが退役を早めた原因だというのは、本当に皮肉な話だ。

 

今回、誕生から30年経って公開されたB-2飛行中のコックピット。

もう30年もすれば、スミソニアン博物館で退役したB-2が展示され、コックピット内部を見学できるようになるのかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

軍事的雑学|F-35導入問題で揺れるトルコ、S-400導入断念の代わりに「クルド人攻撃黙認」要求前のページ

軍事的雑学|韓国「残念な仕様」の新型イージス艦!謎の「SM-3『級』防空システム」とは?次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    いずも空母化に対抗? 韓国、F-35B搭載「4万トン級韓国型空母」建造計画を承認

    最近、朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長と3軍の参謀総長による合同…

  2. 軍事的報道

    欧州、ユーロファイター・タイフーンを「第6世代戦闘機」相当までアップグレード?

    NATOユーロファイター・トーネード管理機関(NETMA)は、第4.5…

  3. 軍事的報道

    これで5度目、韓国への無人偵察機「RQ-4グローバルホーク」引渡し延期へ

    これまで何度も延期されてきた韓国への無人偵察機「RQ-4 グローバルホ…

  4. 軍事的報道

    問題の多い空中給油機「KC-46A ペガサス」、日本向けの機体製造に着手

    米空軍が採用した次世代の空中給油機「KC-46A ペガサス」を製造する…

  5. 軍事的報道

    米空軍、空中給油任務を民間に解放か? 民間軍事会社も空中給油機KC-135を購入し準備万端

    空中給油サービスを提供する民間企業は、3月末に米空軍が結論を発表をする…

  6. 軍事的報道

    新型コロナ感染防止よりも軍備優先? 中国、防衛産業の研究開発や生産再開を指示

    中国は未だ新型コロナウイルス「COVID-19」の猛威が収まらない中で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
PAGE TOP