軍事的報道

英国主導の第6世代戦闘機「テンペストプロジェクト」にスウェーデン合流

英国が主導する第6世代戦闘機開発計画「テンペスト・プロジェクト」に、スウェーデンが参加をすると英国のテレグラフ紙が報じている。

参考:Sweden signs up to join Tempest fighter programme

英国主導のテンペスト・プロジェクトにスウェーデンが合流

英国が主導する第6世代戦闘機開発計画「テンペスト・プロジェクト」は、2018年のフランスで行われたパリ航空シューで発表され、国際的なパートナーの確保を模索していたが、これまで防衛産業企業(BAE、レオナルドS.p.A、MBDA、ロールス・ロイス等)の参加表明はあるものの、この計画に参加を表明した国は存在せず、スペインが正式に合流した、フランス・ドイツが主導する第6世代戦闘機開発計画「FCAS」に差を付けられていた。

しかし、英国のテレグラフ紙によれば「テンペスト・プロジェクト」にスウェーデンが加わることを、今月英国のフェアフォード空軍基地で開催される世界最大級の軍用機エアショー「ロイヤル・インターナショナル・エアタトゥー」で、正式に発表される予定だと報じている。

出典:public domain グリペン

スウェーデンと言えば、独特の運用要求(小型で極端なほどのSTOL性能など)を満たすため、ドラケン、ビゲン、グリペン等、独自に戦闘機を開発し運用している国だが、「テンペスト・プロジェクト」に参加をするということは、独特な運用要求を捨てるということで、スウェーデンは単独での戦闘機開発を放棄することを決断したことになる。

英国の潜在的需要だけでテンペスト・プロジェクトを成立させる事は経済的な面から難しいと指摘されていたが、今回のスウェーデン合流で、300機前後の潜在的需要を確保出来たことになり、テンペストの本格的な開発に弾みがつくのは間違いない。

プロジェクトを主導する英国のBAEシステムズは、スウェーデンの他にも、イタリア、日本、トルコなどの国が、このプロジェクトに関心を寄せていると話している。

この先、欧州で2つの第6世代戦闘機が並行して開発されるのか、両プロジェクトが統合されるのかは不透明だが、少なくとも、テンペスト・プロジェクトが計画中止になることだけは回避できたようだ。

果たして日本は、第6世代機戦闘機「F-3」の国際的パートナーに、米国の企業を選ぶのか、英国のテンペスト・プロジェクトに合流するのか、それとも全く別の「第3の選択」を行うのか、その決断が注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

日本にも影響?ロシア製防空ミサイル「S-500」がNATOに及ぼす「衝撃」な影響前のページ

極超音速兵器開発で先行する中露、米国の「軍事的優位」は維持可能?次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    全滅に近い米海軍の空母戦力に光明、空母「ハリー・S・トルーマン」がトラブルから復帰

    米海軍の原子力空母「ハリー・S・トルーマン」は、8月末に発生した深刻な…

  2. 軍事的報道

    米空軍、空中給油任務を民間に解放か? 民間軍事会社も空中給油機KC-135を購入し準備万端

    空中給油サービスを提供する民間企業は、3月末に米空軍が結論を発表をする…

  3. 軍事的報道

    1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円

    日本が提案した「そうりゅう型潜水艦」ベースの新型潜水艦を破って、オース…

  4. 軍事的報道

    空母ルーズベルト元艦長は英雄?それとも愚か者?解任以前から新型コロナ感染を自覚

    空母「セオドア・ルーズベルト(CVN-71)」の艦長を解任されたブレッ…

  5. 軍事的報道

    北朝鮮の「瀬取り」監視のため、オーストラリアが4度目となる航空機「P-8ポセイドン」派遣

    防衛省の発表によれば、国連安保理決議により禁止されている北朝鮮籍船舶の…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 7月 07日

    日本主導で開発するってなってるしテンペストPへの参加はなさそうだけど、部分的な協力ならありえそうですね

    • 匿名
    • 2019年 7月 07日

    お互いの希望する機体の大きさが一回りも違えば
    就役時期もテンペがF-3より(最低)5年は後で日本は待てない状況だし
    共同開発はありえんわな

    イギリスがF-3のレーダーと複合材の開発費を半分出してくれるなら
    日本がテンペのレーダーと複合材を半額で開発するって程度が
    カラミがあるならその程度だろう

      • 匿名
      • 2019年 7月 16日

      前にも書いたけどテンペストじゃ就役時期がF-2退役に間に合わないってブログ主はいつになったら理解するんでしょうね

    • 匿名
    • 2019年 7月 07日

    現状のトルコが参加するなら日本の参加はないな。BAEも言及するなと。不確実性が増すだけだろうが。

    • 匿名
    • 2019年 7月 10日

    じゃあイタリアと組むか

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP