軍事的報道

ステーキ調理可能な戦車!台湾、20億ドル相当のM1A2エイブラムス導入か?

米中貿易摩擦が激化する中、米国が台湾へ、20億ドルを超える武器売却を進めようとしている。

参考:Exclusive: U.S. pursues sale of over $2 billion in weapons to Taiwan, sources say, angering China

台湾にとって米国から兵器を導入できる、千載一遇のチャンス

米国議会には、台湾への武器売却に関する「非公式」の通知が提出された。

台湾へ売却される可能性のある武器の中で、最も高価ものは、約20億ドル(約2,163億円)相当のM1A2 エイブラムス戦車108輌だ。

台湾は、老朽化した米国製戦車のM60A3を更新するため、M1A2 エイブラムス戦車を要求しているが、現在、エイブラムス戦車は新規で製造を行っていないため、恐らく、米陸軍が使用しているエイブラムス戦車をオーバーホールし、台湾に輸出するのだろう。

出典:Public Domain M1A2 エイブラムス

米国は、同じ様な手法で、イラクや、モロッコへ、オーバーホールを行ったエイブラムス戦車を数百輌近く輸出している。

このような動きは、エイブラムス戦車を更新するための新型戦車の開発が現在、進められており、2025年から更新が始まる予定なので、現行のエイブラムス戦車の中で、最新型のM1A2C(SEPV3)へアップグレードを行わない余剰分を処分しているのだろう。

この他にも、FGM-148 ジャベリン対戦車ミサイル 409発、約1億2,900万ドル(約139億円)、BGM-71 TOW対戦車ミサイル 1,240発、約2億9,900万ドル(約323億円)、FIM-92 スティンガー対空ミサイル 250発、約2億2,300万ドル(約241億円)等の武器売却が含まれている。

出典:Public Domain FGM-148 ジャベリン対戦車ミサイル

今回の武器売却に掛かる費用の総額は、26億ドル(約2812億円)を超えるが、果たして、台湾が要求した通りの武器売却が承認されるのか未知数だ。

このような武器売却は、貿易摩擦が激化している米中関係を、更に難しいものにする。

中国の国防部長官、魏鳳和氏は、シンガポールのアジア安全保障会議で演説し、台湾統一に向けて武力行使を辞さない方針を明言した。

演説で、中国が台湾の主権や領土を完全に有するとの考えを示した上で「もし誰かが、台湾を中国から分裂させようとしようものなら、中国軍に選択の余地はない。一戦を交えることを惜しまず、一切の代償を惜しまず、断固として統一を守る」と話した。

そのため、今回の台湾への武器売却に米国議会が承認を出せば、中国は強硬な対応に出てくる可能性もあるが、一方で、米国の立場から言えば、中国との関係悪化を気にせず、台湾へ武器を送り込むチャンスとも言える。

台湾にとっては、 貿易摩擦による米中関係の悪化が、千載一遇のチャンスを運んできたことになる。

もし、エイブラムス戦車導入が成功した暁には、搭載されたガスタービンエンジンの排熱で、一体何を焼いて、笑わせてくれるだろうか、非常に興味深い。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

走行中射撃すら出来ない?時代遅れな戦車「チャレンジャー2」でロシア対抗は不可能前のページ

軍事的雑学|米空軍が大型爆撃機の運用を諦めない3つの理由次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    新型コロナ関連:米海軍、議会が英雄だと賞賛した空母「ルーズベルト」の艦長を解任

    米メディアは2日、新型コロナウイルス「COVID-19」に襲われ艦内で…

  2. 軍事的報道

    日米海軍にとって厄介な存在?世界最強の駆逐艦、中国海軍「055型ミサイル駆逐艦」が遂に公開!

    中国海軍設立70周年を記念した観艦式で、恐らく現時点で、世界最強の駆逐…

  3. 軍事的報道

    禁輸と不正で苦境のエアバス防衛部門、戦闘機タイフーンも空中給油機も輸送機も不振

    世界的な航空宇宙産業企業であるエアバスの防衛部門は、総利益の1/5を稼…

  4. 軍事的報道

    生産終了目前か? V-22オスプレイを購入するためのラストチャンス

    ボーイングは、ベル・ヘリコプターと共同開発した垂直離着陸機、V-22オ…

  5. 軍事的報道

    日本も対応策が必要? 韓国海軍、公式に「原子力潜水艦」保有への動きを認める

    韓国による「原子力潜水艦建造」計画は、これまでどれも非公式に行われてき…

  6. 軍事的報道

    伝説の戦闘機が70年ぶりにカムバック、XP-82「ツインマスタング」航空ショーに登場!

    米国、ウィスコンシン州オシュコシュで開催された航空ショー「Airven…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 6月 07日

    M1はかなり車体重量があるはずだけど大丈夫なのかねぇ
    基礎のしっかりしてない山道を通ると崩れて
    戦車が崖を転がり落ちそうだけど

    1
      • 匿名
      • 2019年 6月 07日

      台湾が使うにゃマッシブかつ大飯ぐらい過ぎる気がするけど。昔はそろそろ流石に買い換え時期だよなぁ、じゃあ、余ったのを台湾とかに売ればいいじゃない? とか思ってたけど、YouTubeでエイブラムスの工場見て、燃料費みて、あ、アメリカじゃないと運用ムリ。って思った。けどコンバットプルーフが取れた、世界一頑丈な機体だから買えば役には立つよなぁ。アメリカのエイブラムス修理工場を維持する(雇用を外国の軍事費で維持する)ならありなんかどーか。米台どうソロバンを弾くかな?。

      1
    • M60Tなんかどうかな
    • 2019年 6月 10日

    新規生産のないM1というのは、意外と痛いかも。
    アメリカ陸軍としても予備車を減らしても大丈夫なのか、と思う。
    今回は逆に台湾が保有しているM48/60系列を、M60Tのごとく改造しても良いのではないだろうか。
    パワーパックは、勿論ユーロパワーパックで。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP