軍事的報道

これで5度目、韓国への無人偵察機「RQ-4グローバルホーク」引渡し延期へ

これまで何度も延期されてきた韓国への無人偵察機「RQ-4 グローバルホーク」引渡しだが、米空軍は17日に予定されていた引渡しを「延期」すると韓国側に通知した。

参考:‘글로벌 호크’ 내일 인도 일정 연기…F-35A 전력화 행사날 피해

これで5度目となる引渡し延期、本当に韓国向けグローバルホークは完成したのか?

韓国は2014年にノースロップ・グラマン社製の無人偵察機「RQ-4 グローバルホーク」導入契約を米国政府と結び、2018年後半には1号機の引渡しを受ける予定だったが、未だに引渡しが実現していない。

出典:public domain RQ-4 グローバルホーク

当初、韓国向けに製造された機体の電子光学・赤外線センサーが不調と言う理由で、初号機の引渡しを2019年5月まで延期することになったが問題の解消に手間取り、引渡しを2019年9月に再延期したが、今度は合成開口レーダーの性能が基準(解像度が上がらない)を満たしておらず、この問題を解消するため引渡しを2019年11月まで延期することとなった。

しかし、この約束も守られることはなかった。

今月始め、韓国政府は12月中旬にグローバルホークの引渡しを受けると明らかにし、その後、韓国空軍が導入したF-35A戦力化行事を行う17日に、グローバルホークの引渡しを受けると発表した。

韓国メディアは当初、偶然にも同じ日にF-35A戦力化行事とグローバルホークの引渡しが重なったのは、政府が北朝鮮の批判を交わすための措置だと報じていた。

出典:public domain F-35A

要するに、F-35A戦力化行事とグローバルホーク引渡しが別日に行われると、それぞれ「個別」に批判されるため、同じ日にまとめて実施=F-35A戦力化行事の裏で、こっそりとグローバルホークの引渡しを受けることにしたという意味だ。

しかし、17日に予定されていたグローバルホークの引渡しは、当日の気象条件が良くないという理由で同機の輸送を担当する米空軍が「延期」を通知したという。

これについて韓国メディアは、17日に行われるF-35A戦力化行事とグローバルホークの引渡しを「同日」に実施する方が、余計に北朝鮮を刺激するので、政府が引渡し日を調整したのではないかと報じている。

どちらの方法を選択しても、北朝鮮に配慮しているという国内の批判を交わすことはできないだろう。

ただ、もう一つの可能性としては、韓国向けのグローバルホークに再びトラブルが発生したのではないかという疑念も、今までの経緯を踏まえるなら十分ありえる話だが、もしそうなら数日内にノースロップ・グラマンが理由を公表するだろう。

すでに1年以上、グローバルホークの引渡しが遅れているため韓国国内では「本当にグローバルホークを発注したのか?」とまで言われており、通常なら話題にもならないことでも、直ぐに北朝鮮の機嫌を伺っているのか、再び機体に問題が発生したのか、それとも本当に気象条件が悪いのかと様々な説が飛び交ってしまう。

果たして、韓国向けのグローバルホークは本当に完成したのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman Juan Torres

韓国空軍、初期運用能力を獲得した「F-35A」の部隊配備を宣言前のページ

米国を上回る建造速度? 中国海軍、信じられないほどの軍艦を「同時」に建造中次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    共同開発の泥沼から脱出? 第6世代戦闘機「FCAS」プロジェクトが技術実証機製造フェーズに移行

    今月の12日、フランスとドイツは遅れていた第6世代戦闘機「FCAS」プ…

  2. 軍事的報道

    中国軍の暴挙、航空ショー参加のため新型コロナが猛威を振るう湖北省の部隊を派遣

    中国軍は2月11日からシンガポールで開催される航空ショーに、新型コロナ…

  3. 軍事的報道

    ステーキ調理可能な戦車!台湾、20億ドル相当のM1A2エイブラムス導入か?

    米中貿易摩擦が激化する中、米国が台湾へ、20億ドルを超える武器売却を進…

  4. 軍事的報道

    ドイツ駐留の米軍をポーランドへ移動?国防費増額を行わないドイツ批判高まる

    独駐在米国大使のリチャード・グレネル氏は、NATOが2014年に約束し…

  5. 軍事的報道

    米海軍、大型のフォード級空母を止め「中型空母」や「ライトニングキャリア」に移行か?

    米メディアは、米海軍が中露の脅威に対抗するため「未来の空母」のあり方を…

  6. 軍事的報道

    成層圏の要塞が「飛行機の墓場」からカムバック!保管中のB-52が現役復帰

    米空軍は、失われたB-52の代わりを探してきたが、遂にその代わりとなる…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 17日

    予想通りの展開ッスねwwww
    韓国向けのモンキーモデルが完成していない事もあるんだろうけど、アメリカは意図的に引き渡しを実施してないと思うね
    FMS契約だから納期遅延によるペナルティは無い

    • 名無しで
    • 2019年 12月 17日

    赤チーム行き を画策するK国になど、渡したくはないのが本音… ?

    • 匿名
    • 2019年 12月 17日

    そういう契約ではないんだろうけど、遅延損害金的なものを請求しても良いレベル

      • 匿名
      • 2019年 12月 17日

      これで遅延損害金取れるなら、本邦だってF-35を数機タダで貰えるほどツケが溜まってる筈(MH-53EやらF-2のミッションコンピューターとか)

      • 匿名
      • 2019年 12月 17日

      軍事関係だとまずそういうの無いね
      むしろ開発期間が伸びて資金が更にかかったので追加支出を要求されるのが当たり前という…

    • 匿名
    • 2019年 12月 17日

    シュレディンガーの猫かはたまた蕎麦屋の出前か
    Amazonマーケットプレイスの中国発送か
    米本土から直接フェリーでしょうから気象条件は
    重要でしょうが、出発してないということはまだ
    工場に居るということですよね

    • 匿名
    • 2019年 12月 17日

    本命:米国は、売りたくない。
    対抗:メーカーは、韓国の相手をするのが、めんどくさくなった。
    大穴:そもそも韓国は、発注していなかった。

    有馬記念を予想しながら、ふとそんなことを思った。

    • 匿名
    • 2019年 12月 22日

    あぁ・・・もうっややこしいなあぁ。 いっそグローバルホークに韓国を引き渡せばいいじゃない

    • 匿名
    • 2019年 12月 23日

    あら、韓国に到着したのね
    大型無人偵察機グローバルホーク 韓国空軍基地に1機目が到着
    2019/12/23
    リンク

    • 匿名
    • 2019年 12月 23日

    6度目の正直でとうとう渡されたみたいだね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  2. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP