軍事的報道

伝説の戦闘機が70年ぶりにカムバック、XP-82「ツインマスタング」航空ショーに登場!

初飛行から70年が経過した米空軍(運用当時は米国陸軍航空軍)のXP-82「ツインマスタング」の実物が、再び空に帰ってきた。

参考:Soar Over Oshkosh In The World’s Only Flying Twin Mustang In This Cockpit Video

ツインマスタングの試作機、XP-82が再び空に戻ってきた!

米国、ウィスコンシン州オシュコシュで開催された航空ショー「Airventure」で、珍しい飛行機が会場の空に舞い上がった。

米国、ウィスコンシン州オシュコシュで開催された航空ショー「Airventure」で、珍しい飛行機が会場の空に舞い上がった。その正体は、米国陸軍航空軍のP-82「ツインマスタング」の試作機として、たった2機しか作られなかったXP-82だ。

これはCGなどではなく完全に本物のXP-82で、現在、飛行可能なXP-82(P-82を含めて)は、世界中を探しても、この1機だけしかない。

こんなロマン溢れるプロジェクトを実行したのはトム・レイリー氏が率いるレストアチームで、彼らは、2008年7月からXP-82のレストア作業を始め、飛行可能なコンデションを取り戻すために207,000時間もの作業を行い、2019年1月28日、初飛行に成功した。

その後、今回の航空ショーでXP-82の飛行を披露するため、調整を続けてきたと言う。

出典:public domain P-51D

このP-82と呼ばれる戦闘機は、第二次世界大戦機の中で最優秀戦闘機と評されるP-51「マスタング」を2機連結した双胴式戦闘機で、パイロットが2人搭乗し、相互に操縦を行うことで長時間の任務でもパイロットの負担が少なくて済んだ。

P-51を横に2機連結するという奇抜な形態のため機体は大型化したが、P-51譲りの優れた機動性はそのままに、700km/h以上の速度に加え、航続距離は3,500km以上という高性能を発揮したが、第二次世界大戦に間に合ったのは初飛行のみで、運用開始は戦後の1946年から始まり、戦闘機のジェット化に押される形で7年後の1953年、静かに現役から退いた。

原型機のP-51は、16,000機以上も生産され、今でも航空ショーやエアレース等で良く見かけるが、P-82は試作機のXP-82を含めても、たったの272機しか生産されなかった為、非常にレアな軍用機と言えるだろう。

11年にも及ぶレストア作業の末、XP-82を空に飛ばしたトム・レイリー氏には、敬意を評して拍手を贈りたい。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain 1945年、試験飛行時のXP-82ツインマスタング44-83887

関連記事

  1. 軍事的報道

    レーダー開発が進む第6世代戦闘機「テンペスト」、2020年代テストベッド機試験開始

    イタリア防衛産業企業のレオナルド S.p.Aは、英国防省と「テンペスト…

  2. 軍事的報道

    英国主導の第6世代戦闘機「テンペストプロジェクト」にスウェーデン合流

    英国のテレグラフ紙によれば「テンペストプロジェクト」にスウェーデンが加…

  3. 軍事的報道

    いずも空母化に対抗? 韓国、F-35B搭載「4万トン級韓国型空母」建造計画を承認

    最近、朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長と3軍の参謀総長による合同…

  4. 軍事的報道

    ドイツ空軍所属のユーロファイター・タイフーン2機、空中で衝突し両機とも墜落

    ドイツ、メクレンブルク・フォアポンメルン州で24日午後2時頃、ドイツ空…

  5. 軍事的報道

    欧州、ユーロファイター・タイフーンを「第6世代戦闘機」相当までアップグレード?

    NATOユーロファイター・トーネード管理機関(NETMA)は、第4.5…

  6. 軍事的報道

    大胆な新デザイン!海自向け「次世代潜水艦コンセプトモデル」に海外も注目

    6月17日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された「MAST Asia …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP