軍事的報道

年内の正式発注は無理? 米空軍、予算成立の遅れで戦闘機「F-15EX」発注に遅れ

米空軍は老朽化した「F-15C」の更新用として、F-15の最新型「F-15EX」導入予算を獲得したが、この資金に手がつけられずボーイングへの発注が何時になるのは見通しがたっていない。

参考:Boeing Says F-15EX Initiative Progressing Despite Budget Impasse

米空軍のF-15EX正式発注は2020年にズレ込む?

米空軍のデービッド・ゴールドフェイン参謀総長は先月、このまま2020会計年度予算が成立せず「つなぎ予算」が続けば、米空軍に大きなダメージを与えると話した。

米国では会計年度最終日である9月30日までに2020会計年度予算が成立せず、このままでは連邦政府機関の閉鎖に繋がるため「つなぎ予算」として継続予算決議案を可決して連邦政府機関の閉鎖を回避したが「つなぎ予算」は11月21日分までで、それまでに2020会計年度予算が成立しなければ、再び「つなぎ予算」を用意する必要があった。

出典:ボーイング

しかし、このまま「つなぎ予算」が繰り返し可決されば、予算の支出は前年度と同じレベルに固定されるため、米空軍が2020会計年度で確保した「F-15EX導入予算」に手を付けることが出来ないため、米空軍の本音としては議会に、つなぎ予算で凌ぐのではなく、一刻も早く2020会計年度予算を成立させてくれと言いたいのだろうが、状況は好転することなく悪化の一途を辿っている。

出典:public domain 国境の壁

議会は11月21日、トランプ大統領が公約に掲げた「国境の壁」建設に必要な予算について合意すること無く、新たに12月20日までの「つなぎ予算」を可決、そのため米空軍はF-15EX導入予算に手がつけられない状況が継続することになった。

では、12月20日までに2020会計年度予算が成立する見込みがあるのかと言えば、非常に状況は厳しいと言わざるを得ない。

議会は、12月13日前後までしか開かれず、来年の1月2日までは休会することになる。

従って、今年の残りの会期は今週一杯と言うことになり、早くも次の「つなぎ予算」について審議を初めなければならない。

このような状況を踏まえると、2020会計年度予算が「数日」で成立する可能性は限りなく「0」に近いというのが一般的な認識だ。

出典:ボーイング

米空軍から正式な発注を待っているボーイングは、発注が行われていないにも関わらず社内でF-15EXに関する作業を進めており、正式な発注があれば9ヶ月以内にF-15EXを空軍へ引渡すことが出来ると言っているが、現時点で2020会計年度予算が成立する保証は何処にもなく、それでもボーイングが作業を進めるのは、F-15EX量産に戦闘機部門の命運が掛かっているからだろう。

ただ現在の議会は、トランプ大統領の「ウクライナ疑惑」についての弾劾で忙しく、2020会計年度予算について真剣に審議=落ちどころを見つけようとしているとは考えにくい。

米空軍にとっては、F-15EXの調達が遅れれば、F-35Aのメンテナンスコスト(16,952ドル)よりも高価になってしまったF-15Cのメンテナンスコスト(22,489ドル)を負担し続けることを意味し、本来必要でなかったコストの発生は、必ず他のプログラムに影響を及ぼすことになり、米空軍の予算を圧迫することに繋がるため、一刻も早くF-15EXをボーイングに発注したいというのが本音だ。

果たして米空軍は、本当にF-15EXを導入することが出来るのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:ボーイング

イラン海軍、米ステルス無人機「RQ-170」をリバースエンジニアリングして開発した無人機を公開前のページ

欧州に逃げ場はない? ロシア、極超音速兵器が欧州全体を射程圏内に収める次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    アーレイ・バーク級駆逐艦27隻退役へ? 米海軍、イージス艦に対する耐久年数延長計画を中止

    米海軍は議会に提出した報告書の中で、イージスシステムを搭載したアーレイ…

  2. 軍事的報道

    顧客への引渡しは予定通り、日本とイタリアの生産ライン再開でF-35最終組立はフル稼働

    米国、日本、イタリアで最終組立が行われているF-35の生産ラインは新型…

  3. 軍事的報道

    まだ必要ない? 米議会、海軍の第6世代戦闘機「F/A-XX」予算増額要求を拒否

    米海軍は「F/A-XX」のコンセプト研究だけでなく、高度な次世代エンジ…

  4. 軍事的報道

    台湾「M1A2戦車」導入へ前進!米国務省、戦車108輌売却(約2000億円相当)承認

    米国務省は台湾に対し、20億ドル(約2,163億円)相当のM1A2 エ…

  5. 軍事的報道

    1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円

    日本が提案した「そうりゅう型潜水艦」ベースの新型潜水艦を破って、オース…

  6. 軍事的報道

    レーダー開発が進む第6世代戦闘機「テンペスト」、2020年代テストベッド機試験開始

    イタリア防衛産業企業のレオナルド S.p.Aは、英国防省と「テンペスト…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 12月 10日

    F-15Cの整備費用が上がっているということは、自衛隊のF-15Jもあがっているはず。
    こちらは、大丈夫なのか?

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      大丈夫じゃないだろうけど、だからこそpre-MSIP機をF-35で置き換えるんじゃないの
      いずれにせよ、どこかのドイツみたく「旧式機の維持のために最新戦闘機を買えるくらいの予算を掛けます」みたいなことにはならないだろうし、老朽化よりは陳腐化を先に心配せねば。

        • 匿名
        • 2019年 12月 11日

        Pre-MSIP機だけでなく、J-MSIP機も近代化改修まえから色んなバージョンが混在し、三菱等の負荷が半端ないとの話しも聞きます。
        Pre-MSIP機のF35への置き換えとJ-MSIP機のJSIへの改修は、その様な状況の整理という面でも無難な処置なのかも。

          • 匿名
          • 2019年 12月 11日

          退役するF-2の機材をPre-MSIP機に転用したら、だめだろうか?

    • 匿名
    • 2019年 12月 10日

    民主党は日本でもアメリカでもそのほかの国でもやっぱり駄目だな

    • 匿名
    • 2019年 12月 10日

    F-15C/D(マエリカ本土の防衛をする州空軍だけ、米空軍としては沖縄の嘉手納だけ)
    F-16E/F(空軍、州空軍)
    のどっちを延命させるか? ってのはどうなったんだろう?
    F-35の量産が順調なら、空軍はF-15E(ストライクイーグル)を持っていて2030年代までは稼働させるから、州空軍(アメリカ本土防衛)はF-16C/Dの延命で良いのでは? って思うけどね。
    F-15Eを持ってる空軍が・F-15EXを新規調達する意味ってあるのかな? って疑問もある。

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      だいぶ前に、F-15の方がF-35より大口径で大出力のレーダー積めるし、ミサイルもいっぱい積めるから、対ステルス機にも使えるぜー!って案があった気がした
      後、ベースがF-15Eみたいだから、兵装搭載量が多くて、ステルス機じゃ積めない大型兵器も積めるからなんだかんだ潰しが効きそうだからじゃない?
      日本のF-15も本家E型に比べたら劣るけど、マルチロール化するみたいだし

    • 匿名
    • 2019年 12月 10日

    クラシック機を退勤かけてメンテするより新型機をはよ。

    • 匿名
    • 2019年 12月 10日

    F16Vに需要があるところを見るとF15EXにもあると思う

    • 匿名
    • 2019年 12月 10日

    ステルス機を保有してるアメリカ空軍だからできること、日本はまずF35を揃えなきゃね。

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      本邦もF-15を2040年代まで、おそらくは2050年前後までは使用(F-3の調達速度次第)するので、本家アメリカでのF-15改良プログラムの進展の遅れやボーイング戦闘機部門の命運が、本邦のF-15近代化にも影響してくるかと

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP