軍事的報道

過熱する開発競争、米空軍のステルス無人機「XQ-58ヴァルキリー」にライバル登場

米企業Sierra Technical Servicesは最近、開発中の「第5世代空中ターゲット(5GAT)」が地上でのエンジン稼働試験に成功したと発表、2020年初頭に予定されている初飛行に向けて順調に開発が進んでいる。

参考:5GAT drone passes engine run tests

ステルス無人戦闘機「XQ-58ヴァルキリー」に勝負を挑む「5GAT」

ステルスが米国だけの専売特許でなくなった今、パイロット達は空対空戦闘において「ステルス」と遭遇する準備を始めなければならず、そこで国防総省が資金を与えて開発しているのが「Fifth Generation Aerial Target:5GAT(第5世代空中ターゲット)」だ。

Sierra Technical Servicesが開発中の「5GAT」は機体の95%が炭素繊維で構成されており、退役した訓練機T-38から回収したGE製「J85」を2基搭載して亜音速で飛行するよう設計されている。

要するに米軍は現在使用している空中ターゲット「QF-16(退役したF-16を無人機に改造したもの)」ではレーダー反射断面積が小さいステルス機の特性を再現できないので、新たに専用機の「5GAT」を開発しているという意味だ。

ただ「5GAT」を開発しているSierra Technical Servicesによれば、この機体は空中ターゲットにだけに留まらない可能性を秘めているらしい。

出典:public domain XQ-58ヴァルキリー

ステルス性能をもつ5GATは1機1,000万ドル(約10億円)以下で量産可能で、開発中のステルス無人戦闘機「XQ-58ヴァルキリー」よりも機動性が優れており、設計を見直し制限を外せば超音速飛行も可能で、米軍が定義したF-35の随伴無人機としての要件を満たせる可能性が高いと同社は主張しているが、この機体はウェポンベイを備えておらず武装するには機外パイロンを利用しなければならない。

さらにXQ-58ヴァルキリーの量産コストは1機200万ドルから300万ドルだと言われており、コストの面で5GATが太刀打ちできるのか未知数だが、今後「J85」を搭載した機体(F-5やT-38など)が大量に退役してくるため、エンジンの再利用が続けれるかぎり5GATは非常に合理的な機体と言える。

米空軍にとって、より魅力的なステルス無人戦闘機はXQ-58ヴァルキリーか?5GATか?非常に注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:Sierra Technical Services Fifth Generation Aerial Target

崖っぷちの韓国防衛産業、生き残れるかは海外輸出の成否次第?前のページ

韓国企業に勝算は? ステルス戦闘機「F-35ライトニングⅡ」部品整備受注のラストマッチ開幕次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    次期戦闘機「F-3」日米共同開発を否定する海外メディア、日本はパートナー国を決定していない?

    英国のジェーンズは10日、日本が戦闘機F-2の後継機として開発予定の次…

  2. 軍事的報道

    顧客への引渡しは予定通り、日本とイタリアの生産ライン再開でF-35最終組立はフル稼働

    米国、日本、イタリアで最終組立が行われているF-35の生産ラインは新型…

  3. 軍事的報道

    日本でのF-35A墜落が影響?予定より7年も早く地表衝突回避システム搭載へ

    7月24日、ロッキード・マーティンは米空軍、F-35プログラムオフィス…

  4. 軍事的報道

    再び「水漏れ」トラブル、英空母「クイーン・エリザベス」緊急帰投

    英海軍が誇る最新鋭空母「クイーン・エリザベス」が「水漏れ」のため、予定…

  5. 軍事的報道

    インドネシアのF-16V購入話は本物、米国の圧力とKFX開発費支払い停止が一致する偶然

    ブルームバーグは12日、トランプ政権はインドネシアに対してロシア製戦闘…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 1月 18日

    J85は元々使い捨てのエンジンとして開発してたら、予想外に出来が良くて、素材見直しで戦闘機用のエンジンになったと記憶している
    大型の使い捨てにしてもいい、危険な任務に投入出来る無人機のエンジンとしては良さそう
    飽和攻撃を仕掛けるのは今度はアメリカ側かな?

      • 匿名
      • 2020年 1月 18日

      J85「やっと御役御免になったと思ったら、当初の想定通り空中標的にされたでござる」

      用途と機体サイズ、双発である事を見ると、亜音速とはいえそれなりの機動性を要求されており、XQ-58よりも運動性では上でしょうかね?

    • 匿名
    • 2020年 1月 18日

    KAWASAKI ?がミサイル用の推力100Kg級のエンジンを開発したらしいから、X-2の技術を流用してステルス標的機作てないかな。

      • 搭載
      • 2020年 1月 19日

      そういえば、TACOM﹙多用途小型無人機﹚はどうなったのでしょうか?
      時期的にステルス非対応なら、今だとTACOMのステルス版が欲しいですね。

    • 匿名
    • 2020年 1月 18日

    ウェポンベイがない問題はボーイングのアドバンスドホーネットで開発した外付けのステルスウェポンベイで代用できそうな気がするんだけどねぇ…
    あれどうなったか全然知らんが…

    • 匿名
    • 2020年 1月 18日

    TACOMは良い線行ってたんだなぁ
    何でお蔵にしたんだよ

    • 匿名
    • 2020年 1月 18日

    AIM-120D AMRAAMが米軍向け価格で1発170万ドル、AIM-120Cが1発40万ドルと考えたら、5GATがAIM-120×6発から50発の価格に見合うかどうかですね。

    例のごとく予算超過で平常運転ですから、XQ-58と5GATの価格差もなくなるかもしれませんが、中古のJ85エンジンが安く手に入っても共食い整備になりそうで武装システムの費用にどれだけ回せるか微妙です

    • 匿名
    • 2020年 1月 19日

    >F-35の随伴無人機
    中古のJ85エンジンだと整備費用がかなり掛かるのでは?
    信頼性は?
    って普通は思うよねえ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP