軍事的報道

米海兵隊が部隊再編を発表!戦車を全廃、F-35B等の航空戦力も大幅削減

米海兵隊は23日、2030年までの10年間で兵士約1万2,000人と航空戦力(F-35BやMV-22など)を大幅に削減し、国が要求している国防戦略に海兵隊を最適化させると明らかにした。

参考:Why the US Marine Corps plans big downsizing, including some F-35s, MV-22s and all tanks

米海兵隊に激震、全ての戦車大隊廃止を含む大幅な部隊再編を行うと発表

これは冷戦終結後に直面した「テロとの戦い」から再び大国同士の大規模戦争に備えるという意味であり、米海兵隊には西太平洋海域で中国の進出を食い止める役割が求められているため、この役割に適した戦力構成に海兵隊を再編すると言っているのだ。

では、海兵隊はどのような方法で中国の進出を西太平洋海域で食い止めようと考えているのか?

海軍が正面から中国軍を相手にした場合、中国の対艦弾道ミサイルや極超音速ミサイルで空母などの水上艦に大きな被害が出ることが予想されるため、米海兵隊は西太平洋上に無数に点在する「小さな島」を利用して中国軍の艦艇や航空機を封じ込めることを計画している。

もっと具体的に言えば中国軍が西太平洋海域に進出してきた場合、この海域に点在する「小さな島」に対艦ミサイルや対空ミサイルで武装した新設の「沿岸連隊」を迅速に輸送、中国軍の艦艇や航空機を攻撃できる体制を構築して無闇に中国軍が西太平洋海域へ足を踏み入れられないようにするという作戦だ。

この新設される「沿岸連隊」は機動性を重視するため人数が絞られたスリムな編成になり、日本の沖縄県に駐屯する第3海兵遠征軍に3個連隊が配備される予定だ。

出典:public domain 主力戦車M1A1 エイブラムス

さらに海兵隊は全ての戦車大隊(主力戦車M1A1や架橋戦車を含む)を廃止し、歩兵大隊は24個から21個へ、砲兵大隊は21個から5個へ、水陸両用車中隊は6個から4個へ削減する。

F-35BやF-35Cを装備した飛行中隊の定数を16機から10機へ減らし、MV-22とCH-53Eを装備した中隊は各1個づつ、AH-1Zを装備した中隊は2個廃止されるため、計420機(F-35B:353機+F-35C:67機)調達する予定だったF-35は290機程度まで、200機調達する予定のCH-53Kは約70機まで調達数が減り、この削減で浮いた予算は将来の装備やシステムに再投資される。

補足:MV-22は予定されていた約360機の調達が終わっている調達数の削減はない

あまりにも大規模な部隊再編なので一言で言い表せないが、恐らく大規模な水陸両用作戦(上陸作戦)は対艦ミサイルなどの小型化や普及で実行不可能な現状をふまえた決断なのかもしれない。

米海兵隊は近日中に部隊再編の詳しい内容を公表する。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. Ginnie Lee/Released

トイレが詰まって使えない? 空母「ジェラルド・R・フォード」に新たな欠陥が見つかる前のページ

新型コロナウイルスの影響でF-35フルレート生産移行に遅れ?日本発注のKC-46A製造に影響も次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    F-35のウェポンベイに12発?米国、新型空対空ミサイル「ペレグリン」開発を発表

    米国の大手防衛企業、レイセオンは戦闘機が搭載できる空対空ミサイルの数を…

  2. 軍事的報道

    問題の多い空中給油機「KC-46A ペガサス」、日本向けの機体製造に着手

    米空軍が採用した次世代の空中給油機「KC-46A ペガサス」を製造する…

  3. 軍事的報道

    総額300億円規模! 韓国、米空軍「A-10サンダーボルトⅡ」主翼スペア製造契約を獲得

    韓国の韓国航空宇宙産業(KAI)は11月25日、ボーイングから米空軍の…

  4. 軍事的報道

    無事就役できる? 米海軍、フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ」が進水

    空母「ジョン・F・ケネディ」は、ジェラルド・R・フォード級空母2番艦と…

  5. 軍事的報道

    感染経路がミステリー? 仏空母「シャルル・ド・ゴール」での新型コロナ感染者は50人に

    フランス国防省は10日、空母「シャルル・ド・ゴール(R 91)」で行わ…

  6. 軍事的報道

    1機180億円のF-15QAが初飛行に成功、ほぼ同一仕様のF-15EXは約95億円

    ボーイングは14日、カタール空軍向けの戦闘機「F-15QA アドバンス…

コメント

    • ハヤタ
    • 2020年 3月 26日

    思いきった戦略ですね

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    殴り込み部隊も相手が相応の装備をしている前提なら多大な損害が出る。

    「何でも持っている海兵隊」では無くなると言う事か。

    • 全てF-35B
    • 2020年 3月 26日

    そこまで言うなら、海兵隊は要らない。
    普通に陸海空軍で、十分だろうね。

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    海底隊も海兵遠征軍だと90日間だったか180日間だったかの戦闘可能じゃなかったけ?
    そうなると陸軍のナンバー軍団(第18空挺軍団を除く)と被るし、航空機も空軍と被るからその辺を統合、再編するということだろうな。
    もっとも今の軍種と言うのも事実上訓練担当であって、作戦を行うのは統合軍になっているからスリム化しないと無駄は多い。
    今後第18空挺軍団と並んで海兵隊遠征軍が第3軍の一部になるんじゃないかな?

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    いわゆる島嶼防衛戦となるということでしょうか。
    これって第2次大戦で日本がアメリカにやられた戦法ですね。
    補給路を断たれたらおしまいです。
    この点をどう解決するのか興味あります。

      • 匿名
      • 2020年 3月 26日

      逆人質作戦でここを攻撃するなら大規模報復するぞという奴では…

        • 匿名
        • 2020年 3月 27日

        とはいっても補給は容易にできなくなりそう。
        もし制空権が中国に渡ったらなおのこと難儀ですね。
        ネズミ輸送を潜水艦で行ったりして。

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    どっちかっつーと米軍が陸自を参考にしたらしい

      • 匿名
      • 2020年 3月 26日

      歩兵を守る為の機甲兵力を削減って事はレーダー補足が難しく可搬で安価な小型無人機の運用重視に切り替えるって事かな?
      今後は水陸両用か陸上専用で、装軌または装輪の移動式ドローン発射装置が見れるかもしれない。

      ただ後になってやっぱ戦車と砲兵大隊必要だわってなる気しかしない。

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    艦艇が足りないから、島を代替にするのか?
    事前に展開できてないと、とんでもないことになりそう。

      • oominoomi
      • 2020年 3月 26日

      自分もそれ思いました。
      大規模な上陸作戦が不可能って言ったって、それでは個別撃破の機会を与えるだけじゃないかなあ。

        • 匿名
        • 2020年 3月 26日

        地理的には中国の方が輸送距離が近い分有利ですね。

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    すごい思い切った戦略だな
    この大幅な経費削減で次世代兵器を新調するみたいだけど
    今迄みたいに失敗作を連発して削減効果を無駄にしなければいいが
    あの国らに対して島嶼防衛戦略をやるならぜひ自衛隊と連携して
    北海道や佐渡・壱岐対馬・五島列島・沖縄近辺の南西諸島をしっかりと防備してもらいものだ

    あいつらを懲らしめるなら軍備ではなく経済で潰せばいい、コロナが収束しないうちに
    また関税報復して中国経済をマヒさせれば軍備増強できなくなるだろうから
    トランプ大統領には躊躇せずにぜひ実行してほしい

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    大統領命令のみで行動開始できる海兵隊だからこそ少数精鋭の部隊だったのに守備隊のような部隊になるとはね。

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    ということは、尖閣列島は当然ながら重要な位置づけ?
    米から日本に、尖閣の島に監視設備や、上陸、港湾設備作れって言ってくるだろうな。

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    西太平洋上に無数に点在する島嶼部を利用して中国軍の艦艇や航空機を封じ込めるって…それ、太平洋戦争中の日本海軍が基地航空隊でやろうとした結果、米海軍空母機動部隊によって各個撃破されちゃったのと同じ手段じゃないか!
    今頃、中国海軍首脳部は「やった!俺達の空母建造計画は間違っていなかった!これで米軍に勝てる!」と喜んでいるだろうな…これはもうマジで、あと20年位したら太平洋は「中国の池」になってしまうかも知れん。

      • 匿名
      • 2020年 3月 26日

      空軍として各島が連動できてなかった大日本帝国陸・海軍を引き合いに出しても参考にならないと思う
      それにこういう形(海兵隊がやらなくてもいいが)で防衛ラインを作らないと太平洋全体が中国の池になってしまう

      • 匿名
      • 2020年 3月 27日

      島の攻略に遠征してきた艦艇を島に拘束して撃破するつもりなんでしょ
      ミッドウェーと同じ。別に海軍を減らすわけでなし

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    実際強襲上陸なんて格下の国家相手でも厳しいと思う
    隠蔽した地対艦ミサイルを全部破壊するなんて無理ゲーだ

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    海兵隊はスレイヤーズ廃止論も出ていたな。

    • 匿名
    • 2020年 3月 27日

    いまも昔も制空権の確保が前提ですからね
    それだけの根拠があるのかは知らん

    • 匿名
    • 2020年 3月 27日

    >空軍として各島が連動できてなかった大日本帝国陸・海軍を引き合いに出しても参考にならないと思う
    それにこういう形(海兵隊がやらなくてもいいが)で防衛ラインを作らないと太平洋全体が中国の池になってしまう

    確かに、現代では情報ネットワークがあるから日本陸海軍の様にはならないと言う主張も一理あるけれど、中国側も情報ネットワークの開発は進めているだろうから、そうなると島嶼部に兵力を配置する側よりも機動力のある艦隊側の方が有利じゃないのかな?

    >島の攻略に遠征してきた艦艇を島に拘束して撃破するつもりなんでしょ
    ミッドウェーと同じ。別に海軍を減らすわけでなし

    日本陸海軍は、正にその考え方でマリアナ沖海戦を戦ったのだけどねぇ…それに此処の過去のブログを読めば、米海軍は艦艇を減らす方向へ進んでいるのだけど?

      • 匿名
      • 2020年 3月 28日

      そう思います。
      しかもアメリカ軍は固定目標になるので中国の極超音速ミサイルに好き放題にやられるのでは?
      もちろん当たるのが前提ですが。

    • 匿名
    • 2020年 3月 28日

    思ったよりみんな近視眼的というか戦術でしか見れてないというか
    何でも屋の海兵隊が一つの役割に特化する理由なんて一つしかないでしょ

      • 匿名
      • 2020年 3月 28日

      素人の私にはわかりませんので是非ご教授願います。

      • 匿名
      • 2020年 3月 29日

      で?
      ご高説は?
      皆さんお待ちですよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP