軍事的報道

米空軍のB-21爆撃機の開発が順調すぎ!開発開始からたった「5年」で初飛行へ

米国が開発中の長距離戦略ステルス爆撃機「B-21」の試作機が完成し、初飛行が間近だという報道が出ている。

参考:US’ B-21 Stealth Bomber on Track, Headed for First Flight – Air Force

たった4年で初飛行にまで漕ぎ着けたB-21の開発は順調すぎる

米空軍のアーノルド中将は、米議会の上院小委員会の場で、B-21の開発プログラムは順調に推移しており、「B-21の次のマイルストーンは初飛行だ」と話した。但し、初飛行が「いつ」になるのは語らなかったが、2020年半ばには、B-21の初号機が初期運用能力(IOC)に達するだろうと話した。

これは当初、予想されていたスケジュールも早く、B-21開発プログラムが進行していることを示している。

軍用機の開発は複雑化の一途で、前もって立てられたスケジュールが守られた試しがない。数年単位でスケージュールが遅れるのは、もはや当たり前で、その遅れが価格の高騰を招いているとも言える。

今回、B-21の開発がこれほどスケジュール通り開発が進んでいるというのは、もはや異例だ。

既存の軍用機開発の期間を見てみると、ステルス爆撃機B-2の開発には、計画開始から初飛行まで11年、運用開始が開始されたのは、さらに8年後だ。計19年もの時間が掛かったわけだ。

出典:pixabay

爆撃機ではないが、最新のステルス戦闘機F-35の場合、開発が始動したのは、なんと1992年だ。

もちろん国際開発という方式、3軍による共通機体の使用など、通常の軍用機開発に比べ障害が多かった。それでもF-35Bが初期運用能力(IOC)を獲得したのは、なんと23年後の2015年7月、海軍型のF-35Cが初期運用能力(IOC)を獲得し、全てのF-35が実戦投入可能になったのは計画開始から27年後の2019年2月だ。

B-21の開発は2014年に始まっている。たった5年で試作機完成と、初飛行(もうすぐ行われる予定)にまで漕ぎ着けられたのは本当に驚きだ。

開発がまだ完了したわけではないが、軍用機開発もスケジュールと予算が守られるようになったのかと思うと感慨深い物がある。

この地球上のどこかの格納庫(恐らくはエドワーズ空軍基地)に、B-21の試作機が存在している。

果たして、いつ私たちの目の前に姿を現すのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain

軍事的雑学|トルコにS-400製造権もステルス戦闘機も与えるロシア、追い詰められる米国前のページ

軍事的雑学|敵魚雷を魚雷で撃つ?潜水艦の未来に革命を起こす『魚雷迎撃用魚雷』が開発中!次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    韓国、KF-16アップグレード事業で被害を受けたとBAEシステムズを訴えるも敗訴

    韓国は戦闘機KF-16のアップグレード事業で数千億ウォンの被害を受けた…

  2. 軍事的報道

    フランスが米国を批判、NATOは米国製兵器の「集団購入」は義務付けられていない

    フランスのマクロン大統領は、現状のNATOについて「脳死状態」だと発言…

  3. 軍事的報道

    奇妙な事故?|仏空軍所属の戦闘機「ラファール」、射出座席が離陸中に作動し搭乗者を放り出す

    フランスが誇る戦闘機、ラファールが離陸中に射出座席が作動し搭乗員が機外…

  4. 軍事的報道

    数年以内に正式配備? ロシア、世界で最も非常識な兵器「3M22ジルコン」の艦艇試射に成功

    ロシア海軍のアドミラル・ゴルシコフ級フリゲートは今年1月、マッハ9.0…

  5. 軍事的報道

    米空軍の爆撃機「B-1B ランサー」が大空にカムバック、極超音速ミサイルの発射母機へ

    昨年まで数機しかまともに飛行できなかった米空軍の大型爆撃機「B-1B …

コメント

    • 匿名
    • 2019年 11月 10日

    最近の米軍は兵器開発でなにかと失敗しているから、そろそろ成功させておきたいね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP