軍事的報道

米空軍、第6世代戦闘機開発を否定?次世代航空支配に「新しい航空機は不要」

米空軍は、次世代の航空支配(Next-Generation Air Dominance:NGAD)において、まったく新しい航空機は必要ないと語った。

参考:Next-Generation Air Dominance Doesn’t Mean New Aircraft, Air Force Official Says

米空軍の考える次世代の航空支配において、まったく新しい航空機は必要ない

世界初となるステルス戦闘機F-22や、電波によるセンサーだけでなく、赤外線とレーザーを使用した目標捕捉・照準装置を機体内に搭載し、ネットワーク機能を強化したF-35など、軍事的技術の先進性を示してきた米空軍が次に開発する戦闘機はどんなものだろうか?

ミッチェル研究所主催の討論会に出席した米空軍のMichael A. Fantini少将は、空軍が考える次世代の航空支配(Next-Generation Air Dominance:NGAD)において、まったく新たしい航空機は必要としないと語った。

中国やロシアなど米国に敵対する勢力の挑戦に対し、相手を圧倒する力が必要だが、それを達成するには空を支配する能力が不可欠だ。しかし、空軍が開発している次世代航空支配プログラムは、航空支配の維持を目的にしたもので、必ずしも新しい戦闘機の開発を意味するものではないとFantini少将は語った。

次世代の航空支配プログラムは、ネットワークに接続されたシステムの全体を意味し、航空支配を確保するためには、多くのもが必要になり、それは陸海空に宇宙やサイバースペース間で、全ての情報が共有されることが含まれるとFantini少将は付け加えた。

出典:public domain F-35A

要するに米空軍が考えている次世代航空支配プログラムは、プラットフォームの開発という単純なプログラムではないことを言いたいのだろう。

これは次世代航空支配プログラム=「F-X」という考え方や、次世代の航空支配は「F-X」が実現するという安易な考え方を否定したものであって、これは米空軍が進めている次世代戦闘機「F-X」開発を否定したわけではなく、次世代戦闘機「F-X」は、次世代航空支配プログラムを通じて開発される一部でしか無いという意味だと受け取れる。

一部の海外メディアは、米空軍が次世代戦闘機の開発を断念したと報じているが、恐らくそれはないだろう。

参考:米国空軍 F-35Aにかわる第6世代新型戦闘機の開発を断念する可能性

Fantini少将の「まったく新たしい航空機は必要としない」という発言は、恐らく、第4世代機と第5世代機を区別することになった「ステルス」のような圧倒的な革新性は「F-X」には「ない」と言いたかったのかもしれない。

彼の言葉を額面通り受け取れば、空軍の次世代戦闘機「F-X」は、第5世代戦闘機をブラッシュアップしたもので、ハードよりもソフト面での革新が主体であることを示唆しており、個々の機体性能に依存するのではなく、ネットワークで共有された情報を元に、より効率的な戦い方を追究するというのが、米空軍が考える「次世代航空支配プログラム」の本質なのだろう。

欧州は新たに第6世代機という定義を設定し次世代戦闘機の開発を進めているが、上記のように米空軍の次世代戦闘機は第5世代機+αとして開発を進めており、内容の程度には差があるが、目指している方向は、ほぼ同じと言っていい。

こうなると欧州が主張する「第6世代機」という定義が必要なのかという疑問が湧いてくる。

欧州の第6世代戦闘機が、既存の第5世代機とわざわざ区別が必要なほどの革新性があるのかは、実際のところ「実機」が完成してみなければ何とも言えないが、ほぼ同じ方向性をもった次世代戦闘機を開発している米空軍が、わざわざ「まったく新たしい航空機は必要としない」と発言したのは、欧州の第6世代機マーケティングによる「レッテル貼り」を牽制するためなのかもしれない。

遠い将来、欧州発の「第6世代機」という定義は無事、生き残ることが出来ているだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:AIRMAN/Future of Fusionのキャプチャ

関連記事

  1. 軍事的報道

    開発中止になった陸自「新型装甲車」計画が再び動き出す!国内開発を諦め海外から調達か?

    英国のジェーンズは、日本の防衛装備が、陸上自衛隊が装備している96式装…

  2. 軍事的報道

    レーダー開発が進む第6世代戦闘機「テンペスト」、2020年代テストベッド機試験開始

    イタリア防衛産業企業のレオナルド S.p.Aは、英国防省と「テンペスト…

  3. 軍事的報道

    いずも空母化に対抗? 韓国、F-35B搭載「4万トン級韓国型空母」建造計画を承認

    最近、朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長と3軍の参謀総長による合同…

  4. 軍事的報道

    空を飛ぶことが出来ないB-1B爆撃機?戦闘準備が完了してるのは6機だけ

    7月30日、米国議会上院軍事委員会に名を連ねる共和党上院議員マイク・ラ…

  5. 軍事的報道

    韓国F-35A導入の見返り「衛星無償提供」は嘘? 「有償」だった事実がバレる

    韓国メディアが、ロッキード・マーティンから40機のF-35A導入に対す…

  6. 軍事的報道

    再び「水漏れ」トラブル、英空母「クイーン・エリザベス」緊急帰投

    英海軍が誇る最新鋭空母「クイーン・エリザベス」が「水漏れ」のため、予定…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 8月 11日

    >遠い将来、欧州発の「第6世代機」という定義は無事、生き残ることが出来ているだろうか?

    第6世代機の定義をするのは、アメリカ空軍になるでしょう。
    次世代の定義をするのは、先ず世界最強の空軍という自負があること、主たる仮想的であるロシアの次世代制空戦闘機や地対空ミサイルのスペックを見定めてからとなるためです。

    アメリカ海軍の次世代機については、別記事へのコメントで申しましたが空母打撃群を長距離対艦ミサイルから防御する必要が出てきたため、要求スペックが空軍とは異なるものになります。F-14が果たしてきた役割が復活すると推測されます。
    ある程度は、第6世代機開発で得られるメリットは投入されるでしょう。
    第6世代海軍機として分けて開発が進められると見ております。

    • 匿名
    • 2019年 8月 11日

    アメリカの第五世代機の配備が進む中で、今更第五世代相当を開発します!と言うのはプライドが許さなかったって所が真相でしょうね>欧州発の「第6世代機」

    • 匿名
    • 2019年 8月 11日

    第六世代機の予想図の多くは垂直尾翼を持っていない、これまでの常識からするとヨーが不安定になりそうだが、今の機体でさえ負の安定性を持たせてそれをコンピュータ制御で機動性を上げている。
    垂直尾翼が無くてもベクタードスラストの双発エンジンさえあれば、3軸の制御が可能だから全く問題にならないのかもしれない。
    垂直尾翼はデッドウエイトだし大きな電波反射源だから無いに越したことはないのだから。
    その場合はロシア機のようにエンジンの間隔を広げて間にウエポンベイをつけるかもしれないが、エンジンに100%の信頼性が無いと片方が止まった時に必ずスピンして落ちてしまうのが問題かな。
    F-3は最初は垂直尾翼を持っていて、ブロックが上がるとなくしたりすれば面白い。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP