軍事的報道

韓国防衛産業界はパニック? 米国、韓国の戦闘機「KFX」へ搭載兵器「供給拒否」を通知

韓国は国内で開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」に米国製の兵器を統合するため交渉を続けてきたが、米国は最終的にKFXへの米国製兵器統合を拒否すると通知した。

参考:“KFX용 미사일, 미국이 제공 거부”…韓방산업계 패닉

米国、韓国のKFXへ空対空ミサイルの提供は行わないと最終通告

韓国空軍が運用中のF-15KやKF-16で使用されているのは全て米国製の空対空ミサイルなので、開発中の第4.5世代戦闘機「KFX」にも当然、米国製の空対空ミサイル「AIM-120」や「AIM-9」などを統合する予定だったが、米国はKFXに空対空ミサイルを統合するためのデータ開示を拒否したため、韓国は欧州製の空対空ミサイルを統合して使用すると方針を転換したが、KFXの開発を行っている韓国航空宇宙産業は、米国製空対空ミサイルの統合は諦めておらず、今後も米国政府との交渉を継続してKFXへの統合を実現させると話していた。

出典:Korea-Aerospace-Industries

しかし昨年末、米国政府は韓国に対し、KFXに搭載するための兵器を韓国に輸出しないと最終判断を通知し、韓国の防衛産業はパニックに陥ったと韓国メディアが報じている。

なぜ韓国は米国製空対空ミサイルに、そこまで拘るのか?

まず、韓国空軍は米国製の空対空ミサイルの備蓄は持っているが、欧州製の空対空ミサイルはこれまで一度も導入したことがなく、KFXのために一から導入しなければならず、保守や補充面で見ても用途の重なる空対空ミサイルを複数種類管理するのは無駄だという点と、欧州製ミサイルのみだと海外輸出を行う際、米国製ミサイルしか使用していない国にKFXを売り込むのが難しくなるからだ。

もう一つ付け加えれば、空対空ミサイルの国内開発が出来ない韓国は、米国に提供を拒否される=交渉が終了すると、欧州企業との交渉で足元を見られる=不利になる可能性が高く、欧州の防衛企業MBDA社から長距離空対空ミサイル「ミーティア」をKFXに統合するための許可は取り付けたが、AIM-9の代わりとなるドイツ製の短距離空対空ミサイル「IRIS-T」については、まだ統合許可が下りていない。

出典:KAIが公開したYouTube動画のスクリーンショット

IRIS-TはドイツのDiehl BGT Defence、スウェーデンのSAAB、イタリアのアレニアが共同開発したミサイルで、競合のAIM-9が搭載不可能になった韓国にとっては、どんな不利な要求をされても飲むしかなく、もし交渉決裂となれば、もうイスラエルのパイソン5ぐらいしか選択肢がない。

このような理由で、韓国の防衛産業はパニックに陥ったのだろう。

第5世代戦闘機F-35の価格が下がり、ロシアの第5世代戦闘機SU-57も海外輸出が開始(アルジェリアへの輸出が決定)され、第4.5世代戦闘機といわれるKFXとの価格差はもはや存在せず、同じ第4.5世代機の中でもF-16Vの受注が絶好調で、KFXが完成し海外輸出の準備が整うまでに第4.5世代需要は一段落する可能性が高い。

あと5年も経てば韓国のKFXに興味を示す国は、この地球上に存在しなくなるかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:KAIが公開したYouTube動画のスクリーンショット

両国とも戦闘機が出撃中? イラン、イラク駐留の米軍に対し弾道ミサイル「Fateh-110」を発射前のページ

生まれ変わるギリシャ空軍、F-16V導入に続いてF-35プログラムへの参加を希望次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    全滅に近い米海軍の空母戦力に光明、空母「ハリー・S・トルーマン」がトラブルから復帰

    米海軍の原子力空母「ハリー・S・トルーマン」は、8月末に発生した深刻な…

  2. 軍事的報道

    ステルス機なのに隙間が発生?ロシアの「SU-57」はウェポンベイが上手く閉まらない

    中国のグローバルタイムズ紙(環球時報の英字版)は、ロシアが開発した第5…

  3. 軍事的報道

    米海軍が第6世代戦闘機「F/A-XX」を単独開発する理由!第5世代戦闘機が犯した過ちとは?

    米海軍は、次世代戦闘機を米空軍とは共同で開発する予定はなく、米空軍とは…

  4. 軍事的報道

    韓国、KF-16アップグレード事業で被害を受けたとBAEシステムズを訴えるも敗訴

    韓国は戦闘機KF-16のアップグレード事業で数千億ウォンの被害を受けた…

  5. 軍事的報道

    トイレが詰まって使えない? 空母「ジェラルド・R・フォード」に新たな欠陥が見つかる

    米国の政府説明責任局(日本の会計検査院に相当)が発表した3月24日の報…

  6. 軍事的報道

    ステーキ調理可能な戦車!台湾、20億ドル相当のM1A2エイブラムス導入か?

    米中貿易摩擦が激化する中、米国が台湾へ、20億ドルを超える武器売却を進…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    韓国産ミサイルを搭載したらええやん。

      • 匿名
      • 2020年 1月 08日

      だから、開発できないんだって。
      日本に来るなよ。

        • 匿名
        • 2020年 1月 08日

        んなこといっても自国で空対空ミサイルも作れないのに4.5世代戦闘機の開発をするようなバカな国なんてあれへんやろ。

          • 匿名
          • 2020年 1月 08日

          その「バカな国」が実際にありましたって記事のコメ欄で何を言ってんだ?

          • 名無し
          • 2020年 1月 08日

          いるでしょ。目と鼻の先に

          • 匿名
          • 2020年 1月 09日

          そりゃ開発しようと思えばできるでしょうけど、今現在影も形も、開発計画すらないんだからどうしようもない。100歩譲って5年でものにしたとして、そんな誰も使ってない・実績もネームバリューもないミサイル使いたいか? KFXの付加価値になるか?

      • 匿名
      • 2020年 3月 09日

      匿名 :
      韓国産ミサイルを搭載したらええやん。

      そうですね、是非自国開発に踏み切って世界に笑いと平和をもたらして欲しいと思います。
      もうワクワクがとまりません。

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    どうということはない。例によって、半年もすれば独自ミサイルの開発に成功と宣言するはずだ。

      • 匿名
      • 2020年 1月 08日

      グリペン作ったスウェーデン
      テジャス作ったインド
      JF17を作ったパキスタン
      などは自前のAAM無いよね?﹙自信無し﹚

        • 匿名
        • 2020年 1月 09日

        グリペンは仕様にもよると思うけど米国製、欧州(スウェーデン含む)製の色々なミサイルを搭載。
        テジャスはアメリカと協力して開発してたんだけど、核実験やらかして手を引かれたうえ経済制裁を喰らって計画が遅延、ミサイルは国産を開発中でロシア製短距離ミサイルR-73を搭載可能。
        JF17は開発のパートナーである中国製のミサイルと核搭載可能な国産巡航ミサイルを搭載する。

          • 匿名
          • 2020年 1月 09日

          返信元を間違え判りにくくなりましたが、
          自国開発の空対空ミサイルは無いけど、4.5世代戦闘機を開発済みな国、の候補のつもりでした。

          スウェーデンは欧州枠ではあるけど自国開発AAMは無し、でしょうか?
          インドはAAMを後追いで開発中﹙4.5世代戦闘機開発時点では無し﹚、
          パキスタンは自国開発のAAMは無し、
          といった所ですか。

            • 匿名
            • 2020年 1月 09日

            そうですね。
            グリペンはスウェーデン含む欧州共同開発のミサイルがあるみたいですな。
            非常に多種多様な装備を搭載できるようです。

        • 匿名
        • 2020年 1月 09日

        前の人への返信でした。
        ごめんなさい。

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    ミサイル積まない代わりに、バルカン砲10門くらい積めばいいお

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      いや、それなら木の葉落としとかの空戦練土をこの際上げよう。
      レシプロには必須やで。

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    地対空ミサイルや艦対艦ミサイルは大型化させることで技術力の無さをある程度誤魔化せるが
    空対空ミサイルは小型高性能である必要があるから南鮮には作れないんだよね
    南鮮のミサイルは基本全部デカい

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      なんたる中2的発想

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    ミーティアがあるから日本は韓国に勝てないと
    どっかの通信社が言っていなかったか?
    つまり米国製ミサイルは不要ってことだ

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      KFXが配備される頃には日本もJNAAM(ミーティアの改良型)を…

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    短距離空対空ミサイルについては大丈夫
    (赤外線誘導なのでレーダーとの統合が浅くて済む)
    ASRAAMはテジャスにも統合されたしむしろMBDAがKFXに売り込んでるくらい

    それよりミーティアで死ぬほど足元をみられるのが痛い

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    画餅に、興味を示すもないのでは?

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    戦闘機の自国製造のため技術が欲しいインドネシアやトルコのとうな中堅国が(ほぼ)買わないとなると輸出できたとしてもごく少数しか売れないでしょうね
    これ以上のKFX関連の支出をなるべく抑えながら実用化にこぎつけないと盛大な軍事費の無駄使いになる
    希望的観測と無駄に高い民族的自尊心で身の丈に合わないプロジェクト開始しちゃってこのざまだよ・・・

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    これ日本のF-3にも言えない?
    ミサイルは国産でいけるけど(いやいけるかどうか知らんけど)
    アメリカを噛ませないと共同作戦のデータリンクやらをさせないよ、みたいな。

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      F-3の場合アメリカも損するだけなのでやらないのでは?
      日本側に十分なミサイル開発能力があるうえ、ミーティアの改良型も開発中。
      機体の開発にある程度アメリカが噛むのは日本側としても折り込み済みでしょうし、その日本が渋る様な下手な噛み方してへそを曲げられたらアメリカとしても面倒臭いだけですし。
      提供において日米間で色々交渉するでしょうがF-2の時と違ってアメリカも変な余裕ぶっこいていられる状況ではないですからねえ。

        • 匿名
        • 2020年 1月 09日

        F-2の時と違ってアメリカも変な余裕ぶっこいていられる状況ではない

        ・・・だったら良いんですけどねぇ あの国はほんとちょっと絡んできて欲しくない。
        F2の2二の舞やデータや技術搾取は勘弁してほしい。

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      データリンクはF-2に載せた国産が一応あるので最悪それの発展型でいける
      敵味方識別装置は米国から輸入するしかないけど、これ断るのは同盟国としてありえん
      あとF-3に搭載予定があるか知らんがLJDAM載せるならF-2と同じくスナイパー輸入する事になるんじゃないかと

        • 匿名
        • 2020年 1月 09日

        次期戦闘機向けのデータリンクだと、広帯域ミリ波通信で遠方通達性&全天球通信の、僚機間秘匿データリンクを開発してます。
        ハード面ではアクティブフェーズドアレイレー方式の小型高出力広帯域ミリ波アンテナ、
        ソフト面では高精度ビーム指向制御やオーバーラップ制御などの要素技術開発が進んでいる様です。

        次期戦闘機同士は上記の僚機間秘匿データリンクで高速大容量通信を行い、
        従来機等とはリンク16とかでネットワークを形成するのだと思います。

        スナイパーを外装すると、RCSが激増する事になるかも。
        古い技術を用いたX2ですら、RCSは昆虫~小鳥のレベル。
        技術向上した次期戦闘機だと、更なる低RCS化やLFなどの対応周波数拡大をしてくるだろうから、
        スナイパー外付けだと、RCSはスナイパーが支配的になるような気がします。

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    どんどん無駄な金を使って自滅しろw
    日本にすり寄ってくんなよw

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    インドネシアもとんだ外れくじを掴まされたな

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      掴まされたというか単に愚かなだけな様な・・・(どーせ高官や担当連中が賄賂漬けだったんだろうけど)

      現状、インドネシアは出資金のほんの一部の2億9000万ドルで出資中断で南朝鮮と交渉中だが
      おそらく撤退するかと。
      su-35を11機近年導入予定(既に完了?)で今後F-16Vも買うかもしれない。

      wiki↓
      2016年の同意では、インドネシアは約13億ドルを支払い、最大48機のIF-X(KF-X)を取得し、技術移転を受ける予定だった。しかし、インドネシアは、国内予算の制約を理由に、分担金の約13%である1億9000万ドルしか支払っておらず、防衛事業庁関係者によると、2019年7月時点でインドネシアには2億5000万ドルの不足金がある。インドネシアはインドネシアン・エアロスペースがライセンス生産したPTDIとしても知られるCN235輸送機の提供を含め、物納を申し出た。[3]

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      インドネシアは、KFX 50機の機体導入費の予算を、F-16V 32機の購入費用に回したのでは?
      インドネシアが今後KFXに求めるのは、ジェット戦闘機開発能力取得の為の、踏み台としての役目。

    • 匿名
    • 2020年 1月 08日

    完成する見込みがない計画上の支障でパニックとは……
    イージスシステムでも総額拡大を嫌って欧州機器を入れちゃうくらい無頓着な人たちが
    「これまで欧州装備をいれた経験が無い」とか笑わせてくれます
    要するに欧州に無償ラ国を要求して蹴られ、美国からも蹴られたってことでしょう?
    売り込みで不利ってそもそもいつ完成の目途が立ったのだろう

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    前から見たポンチ絵だと脚の収納が無理だと思うのですが。
    Me163のようにスキッドで同着するのでしょうか?

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      主翼の付け根付近に脚を納めていそうです。

      リンク

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    こっからが朝鮮人の腕の見せ所ですわ
    ひたすらしつこく付きまとい、時にコイツはこんなに酷いやつなんですと人前で泣きわめき
    時に担当者への接待攻勢をかけ、断られようが無視されようがひたすら食いつくのがいつものパターン
    アメリカの担当者が突っぱねられる根性持ってるといいけどねぇ

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    もとより帰還を考えていない運用なので足など不要でスミダ
    偉い人にはry

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      飛ぶ事を考えていないの間違いでは?

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    開き直って中華ミサイルでいいじゃん!

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      韓国なら、AAMをロシアから手に入れるくらいのことはしそうだ

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    米国はKFXに空対空ミサイルを統合するためのデータ開示を拒否
    ってのはコピー品でも国産ニダ!って平気で流す軍事輸出大国な韓国と兵器輸出で競合する事を嫌っての事なんですかね?
    あとはレッドチームに行きそう&裏で繋がってるおそれがあるのでデータ流出を嫌って?

    まぁ全体で考えても米がデータ開示してもリスクは大きくリターン全然無いですよね。

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    上イメージ図のKFXビーストモードはカッコいいな。

      • 匿名
      • 2020年 1月 09日

      4.5世代機で限定的なステルスだからミサイルとか増槽は常に外付けじゃない?

        • 匿名
        • 2020年 1月 09日

        ステルスモードは、最速でもブロック2までお預け。
        永久にお預けかもしれませんが。

  1. 日本製シーカーを載せた改良型ミーティアの運用は当然拒否されるよね?

    F-16Vに対して何ら優位性が無いから作っても売れないだろうけどたぶん完成しない。

    • 匿名
    • 2020年 1月 10日

    「あと5年も経てば韓国のKFXに興味を示す国は、この地球上に存在しなくなるかもしれない。」
    正にこの一行に尽きる。
    MBDAとの交渉が不調となった後の交渉相手は、ロシア > イスラエル > 中国 の防衛企業となると思われ。

    • 匿名
    • 2020年 1月 14日

    >KFXの開発を行っている韓国航空宇宙産業は、米国製空対空ミサイルの統合は諦めておらず、今後も米国政府との交渉を継続してKFXへの統合を実現させると話していた。

    これだけ明確に「O・KO・TO・WA・RI」されているのにしつこく食い下がるのが、かの国の真骨頂だよなw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP