軍事的報道

いよいよ本領発揮か? 米国防総省、F-35ミッション達成率を「73%」まで引き上げに成功

米国防総省は、米国史上最大の兵器調達に関する最終合意を発表する席で、F-35のミッション達成率が従来の55%から73%に上昇したことを明らかにした。

参考:F-35 Readiness Rates Soar, From 55% To 73%; Price Drops 12.8%

昨年55%だったF-35のミッション達成率が73%まで急上昇

米国防総省は総額340億ドル(約3兆7,000億円)で、F-35を478機購入する契約をロッキード・マーティンと正式に結んだと発表した。

この契約により、空軍向けのF-35Aの最終価格(ロット14)は8,000万ドルを下回る7,790万ドル(約84億円)となり、ロット11に比べて1,000万ドル以上も安くなり、海兵隊向けのF-35B(ロット14:1億130万ドル)も、海軍向けのF-35C(ロット14:9,440万ドル)も同様に価格が引き下げられた。

今回の発表内容は、6月に国防総省とロッキード・マーティンが合意していた内容とほぼ一致(多少価格のブレがある)し、大きな驚きはなかったが、合わせて発表されたF-35のミッション達成率の数値には、非常に「びっくり」することになる。

前国防長官のジェームズ・マティス氏は2018年、空軍と海軍に対しF-16、F/A-18、F-22、F-35のミッション達成率を2019年9月末までに「80%」まで引き上げるよう命じたが、次期国防長官に指名されたマイク・エスパー氏は7月、期限までにF-35のミッション達成率を80%まで引き上げることは、F-35を構成する部品供給問題が原因で「期待できない」と語っていた。

出典:U.S. Air Force photo by R. Nial Bradshaw F-35Aのキャノピー

スペア部品の供給不足問題の中でも特に、ミッション達成率引き上げの足を引っ張っているのは、F-35のキャノピー(天蓋:コックピットを覆う透明なカバー)の供給不足で、コックピット内部へのレーダー波進入を防ぎ、ステルス性を維持するために、F-35のキャノピーには「特別なコーティング」が施されているが、この「特別なコーティング」処理工程が安定せず、必要な量のキャノピー供給が困難な状況だと言う。

このキャノピーを製造しているロッキード・マーティンによれば、コーティング処理の失敗率は予想を超える多さで、同社だけの製造では、キャノピーの供給量を満たすのは難しいと明らかにし、米国会計検査院(GAO)はキャノピー製造企業を新たに増やすか、キャノピーの設計変更を検討しけなければならないと指摘していた。

それにも関わらず国防総省は、昨年の10月に記録した55%から、73%までF-35のミッション達成率を引き上げることに成功したと語った。

この数字はマティス氏が設定した80%には届いていないが、今回の結果は、ロッキード・マーティンがF-35の部品を製造するサプライチェーンの管理を大幅に改善したという証だと受け取る事ができ、これはF-35が本領を発揮できる体制が整いつつあることを示していると言える。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air National Guard photo by Tech. Sgt. Ryan Campbell

台風の影響? 海上自衛隊の「おやしお型潜水艦」が横須賀沖で立ち往生前のページ

2021年12月の初飛行は無理? ステルス爆撃機「B-21 レイダー」開発に遅れが発生か次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    なぜパトリオットでは駄目なのか?サウジアラビアが防空強化に「韓国製」を選んだ理由

    サウジアラビアの石油施設への攻撃は、無人機と巡航ミサイルによって引き起…

  2. 軍事的報道

    B-2にそっくり? 米空軍、ステルス爆撃機「B-21レイダー」の新CG画像を公開

    米空軍とノースロップ・グラマンは開発を進めているステルス爆撃機「B-2…

  3. 軍事的報道

    F-15並の精密攻撃が可能? 韓国、国産軽攻撃機「FA-50」に照準ポッド「スナイパー」統合

    ロッキード・マーティンは10月15日、韓国の韓国航空宇宙産業と共同で開…

  4. 軍事的報道

    韓国版Mi-24ハインド? 韓国、海兵隊向け「攻撃ヘリ」の国産開発を検討中

    韓国海兵隊は2021年に「海兵隊航空団」を創設し、上陸機動ヘリ「マリオ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 1月 09日
    トラックバック:URL

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP