軍事的報道

盗まれた契約を取り返せ?独次期フリゲート艦「MKS180」建造が裁判沙汰に発展か

ドイツ海軍が引渡を心待ちにしている次期水上戦闘艦艇「Mehrzweckkampfschiff 180(MKS180)」の建造に、予想外の遅れが出るかもしれないとドイツメディアが報じている。

参考:Klage kann Marine-Auftrag Jahre verzögern

ドイツ海軍の次期水上戦闘艦艇建造が裁判沙汰に発展か?

ドイツ海軍は世界中の海で運用でき、水上防空戦闘から対潜戦、海賊や小型ボートなどとの非対称戦闘にも対応でき、約2年間の連続運用が可能でドイツでは「万能艦」と呼ばれている次期水上戦闘艦艇「Mehrzweckkampfschiff 180(MKS180)」の調達を急いでおり、数日前に入札が行われMKS180建造を受注した企業が決定した。

出典:Dr. Karl-Heinz Hochhaus / CC BY 3.0

MKS180建造は4隻一括発注されるため契約規模が大きく、多くのドイツ企業が入札に参加したが、最終的にMKS180建造企業に選ばれたのはドイツ企業ではなく、約53億ユーロ(約6,500億円)で入札したオランダ企業だった。

そのため入札に参加したドイツ企業は口を揃えて「契約がオランダに盗まれた」と主張しているが、実際に建造するのはパートナーのドイツ企業(ブローム・ウント・フォス造船所)であり、建造の大半はドイツ国内で行われるにも関わらず、受注を逃したドイツ海軍造船所(※民間企業)は今回の決定について「合法性に深刻な疑念がある」と主張し、あらゆる法的手段を行使すると言い出したためMKS180の調達計画が大きく狂う可能性がある。

万が一、裁判所がドイツ海軍造船所の主張を受理し裁判が始まれば、MKS180の建造は裁判の結果出るまで凍結されることになり、建造スケジュールは年単位で遅れていくことは誰の目にも明らかで、1日でも早くMKS180が欲しいドイツ海軍は頭を抱えている。

しかしドイツ企業の言い分も分からなくもない。

そもそも国内に建造能力が無い訳でもなく、ドイツ国民の税金で賄われている軍艦の入札に国外企業の参加を認めたこと自体が、軽率だったのかもしれない。

果たして、ドイツ海軍の次期水上戦闘艦艇「Mehrzweckkampfschiff 180」は予定通り起工することが出来るだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:Ein Dahmer / CC BY-SA 4.0 125型フリゲート

関連記事

  1. 軍事的報道

    自ら「完全な孤立」を選ぶ韓国、日本との軍事情報保護協定を破棄

    韓国政府は、日韓秘密軍事情報保護協定の破棄を発表したが、これは日韓間の…

  2. 軍事的報道

    最強のミサイル空母? ロシア、2027年までにステルス爆撃機「PAK DA」運用開始

    ロシアメディア「RIA Novosti」は、現在、開発が進められている…

  3. 軍事的報道

    2月のF-2墜落事故に続き、航空自衛隊のF-35Aステルス戦闘機1機が訓練中に消息を経つ

    航空自衛隊、三沢基地所属のF-35Aが太平洋上で消息不明になったと朝日…

  4. 軍事的報道

    F-35とF-16Vで一人勝ちのロッキード、戦闘機のみでバックオーダーを3,000機以上積上げる

    ロッキード・マーティンは2019年、ステルス戦闘機F-35ライトニング…

  5. 軍事的報道

    奇妙な事故?|仏空軍所属の戦闘機「ラファール」、射出座席が離陸中に作動し搭乗者を放り出す

    フランスが誇る戦闘機、ラファールが離陸中に射出座席が作動し搭乗員が機外…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 1月 21日

    これって、あの要求仕様の完全ミス・フリゲート艦の建造そのものを潰すのが目的では? って思ってしまいますね
    ・対テロ(非正規戦)重視、50名の特殊部隊が乗れる、2年間も母港に帰港する必要なし
    ・兵装:127mm単装砲のみ、ミサイル無し
    ・防空:RAM*2(近接防衛)だけ  ミサイルへの防衛無し
    ・対潜:対潜ヘリのみ、その他の対潜装備無し(対潜ソナー無し、魚雷無し)

    別な問題として欠陥があるけど、改修されたら海軍は受け取るしかない(要求仕様は海軍が作ったのだから)
    右に大きく傾いてる、航行システムのバグ、レーダ、電子機器、食品冷凍が動作不良

      • 匿名
      • 2020年 1月 21日

      それはバーデン・ヴュルテンベルク級でしょ?これはまた違う話
      いやトップ画像がバーデン級なんで紛らわしいんだけどさ…
       
      ただでさえ失敗作で役立たずなのが確定してるバーデン級で海軍力に穴が空くのに
      新型艦の建造が裁判で遅れそうっていうドイツ海軍真っ青な自体が起こりつつあるというのが趣旨かと
      でもEUは共同体だからとドイツが甘い汁吸ってんのにこれで造船だけウチでやりますは通らんと思うんで
      外国企業の入札認めるのはしょうがない気もするがなぁ…
      とりあえず裁判でグダった挙げ句にドイツ企業が受注するが完成してみたらバーデン級の二の舞ってのに100ペリカ

      • 匿名
      • 2020年 1月 21日

      バーデン・ヴュルテンベルク級に、ザクセン級の防空能力を追加した万能艦って感じですね
      バーデン・ヴュルテンベルク級自体は、もう4隻とも完成していますし。何だかんだで受け取り自体は進んでいる?ようだし、ソマリア辺りに貼り付け配備するのかな? 改装なりして他国に売ろうにも、あんなデカイ艦買える国も早々無かろうし

        • 匿名
        • 2020年 1月 22日

        確かに、海賊対策には好適かな。

    • 匿名
    • 2020年 1月 21日

    ドイツ軍が惨憺たる状況になってる理由の一端がよく分かるな

    • 匿名
    • 2020年 1月 21日

    そりゃ、前級で失敗こいたからだろう。
    オランダに管理してもらった方が良いんじゃないか?

    • 匿名
    • 2020年 1月 21日

    日本の護衛艦の建造が、韓国の造船会社に取られた的な感じなんでしょうかw

      • 匿名
      • 2020年 1月 21日

      全然違う。
      ドイツはポーズとしてEUへの利益配分/還元が要求される。日本は韓国に支払いの義理無しの事多いしそういったこ政治的な弱みを経済的な利益で元をとろうとしている。立場は真逆。
      アメリカの兵器購入ついでに護衛艦の建造も頼んだ、ぐらいですかね。

      • 匿名
      • 2020年 1月 23日

      相手先のオランダ企業はドイツ海軍のブレーメン級フリゲート(122型)の原設計作ったロイヤル・シェルデの親会社
      アメリカ含む各国の軍艦・沿岸警備用の哨戒艦艇の設計や建造請負してる会社で、
      冷戦の最中からドイツ海軍・造船企業とは共同(下請け込み)でプロジェクト進めてたのよ

      どっちかっていうと、選定前からドイツ企業のプロジェクト管理能力に疑問が生じ、
      新型艦整備計画にあわせた提案募ってもなおEUと国内事業者への利益配分・還元含む管理体制が怪しかった為、
      入札で昔から関係深かったドイツの同盟国の下請け業者がプロジェクト管理含む事業の主契約を受注、
      ドイツ企業を下して下克上果たしてしまう形となった、って感がある

    • 匿名
    • 2020年 1月 22日

    中国に売ったらいいんじゃないですか
    喜んで買い取ってくれるでしょう(高度装備込みスクラップ値で)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP