軍事的雑学

空母を大型輸送艦と偽るのはなぜ?韓国海軍が導入する「軽空母」の実力

韓国メディアが、韓国海軍が導入を予定している韓国型軽空母(実質的には強襲揚陸艦)の要求性能について報じている。

参考:한국형 경항공모함, 성능은 어느 정도일까

韓国型軽空母を大型輸送艦と偽らなければならない理由

韓国海軍は、韓国型軽空母建造(事業名:大型輸送艦-Ⅱ)を進めるため、空母設計に必要な技術や仕様を研究するための提案依頼書を配布し、今後、競争入札の形式で概念設計の受注業者が決定されるという。

今回、この要望書に盛り込まれた内容について韓国メディアが報じており、大まかにだが、韓国海軍が描く軽空母の実力と、不都合な韓国の事情が見えてきた。

まず、この軽空母にもっとも要求されるのは、短距離離陸・垂直着陸が可能な第5世代戦闘機「F-35B」運用能力と、高度な省力化技術の採用だ。

出典:public domain ワスプ級強襲揚陸艦6番艦「ボノム・リシャール」

韓国海軍にとって固定翼機を運用する空母建造は初めなので当然、運用ノウハウを持っていない。

F-35Bの排気熱に対応するため飛行甲板の耐熱化はもちろん、狭い飛行甲板で発艦や着艦を統制する誘導・管制技術や、韓国海軍にとって初となるデッキサイド式エレベーターの採用、駐機位置、整備スポットの位置など飛行甲板のレイアウトは、航空機運用効率に直結する問題なので、多くの研究と検証が必要となる部分だ。

さらに韓国では徴兵適齢期の人口減少に伴い、韓国軍が総兵力削減方針を打ち出しており、これに対応するため韓国海軍も艦運用に必要な人員を減らす必要があるため、今以上に高度な省力化技術採用は避けて通れない。

これ以外にも注目すべき点は、提案依頼書に海兵隊員や車両、武器、弾薬等を収容、艦尾に上陸用舟艇が収容できるウェルドックの検討記載があることから、韓国型空母は純粋な空母としてではなく、強襲揚陸艦に近い能力を併せ持っている艦という予想が成り立つ。

出典:public domain エア・クッション型揚陸艇

ただし韓国メディアは、水陸両用作戦で使用されるエア・クッション型揚陸艇は、地対艦ミサイルの性能向上で活動が制限を受け必要性が低下しているという点と、そもそもエア・クッション型揚陸艇を使用しなければならないほどの「大規模な上陸作戦」自体が非現実的だと指摘している。

韓国メディアによれば、大規模な上陸作戦は仁川上陸作戦(1950年)以降行われておらず、地対艦ミサイルの登場で、高価な強襲揚陸艦が上陸可能な海岸線沖合にまで接近し、70トンを超える貨物搭載が可能なエア・クッション型揚陸艇で戦力を送り込むという従来の作戦概念は「効果」を失いつつあり、イージス艦の強力な防空システムで敵地対艦ミサイルの脅威を排除し、小型上陸用舟艇によって戦力の分散を図った方が、安全で成功率が高く、万が一、1隻や2隻の上陸用舟艇が撃沈されても被る損失を最小化できると説明している。

そのため韓国型軽空母はエア・クッション型揚陸艇ではなく、小型上陸用舟艇と2028年までに戦力化される水上航行速度が向上(13km/h→20km/h)した新型水陸両用車を搭載して運用することになる。

ここで疑問点が出てくる。

過去に行われたノルマンディー上陸作戦や、仁川上陸作戦のような大規模な上陸作戦は非現実的=行われる可能性が低いと言っておきながら、なぜ排水量が3万トン以上と言われる韓国型軽空母に揚陸機能を求めるのか?

上記のような小型上陸用舟艇と新型水陸両用車を使用した小規模上陸作戦を実施するだけなら、可能性が低い大規模上陸作戦に備え建造した独島級揚陸艦2隻を転用すれば済む話で、韓国型軽空母から揚陸機能の取り除けば、より小型に韓国型軽空母を設計することもできるし、排水量3万トン以上大きさを維持したまま揚陸機能の取り除けば、固定翼の艦載機運用も可能な仏空母「シャルル・ド・ゴール」とほぼ同じ規模の中型空母を建造することも理屈的には可能なはずだ。

出典:public domain 仏空母「シャルル・ド・ゴール」

恐らく韓国が揚陸機能にこだわるのは、純粋な空母を建造すると中国や北朝鮮の反発し、韓国の政治・外交に負担になるからで、韓国型軽空母事業の正式名称が「大型輸送艦-Ⅱ」と呼ばれているのも、このような政治的な意図があるためだ。

韓国政府関係者も韓国型軽空母建造を「大型輸送艦-Ⅱ」と称しているのは「周辺国に配慮した結果で実質的には空母だ」と韓国メディアに本音を漏らしているので、恐らく間違いないだろう。

本来なら日本が空母改造を決定した「いずも型護衛艦」のように、韓国も「純粋な空母」を建造したいというのが本音だが、米国の要請で弾道ミサイル迎撃システム「サード」の国内配備を受け入れた韓国に中国が見せた反発と経済制裁、F-35A導入を進める韓国に北朝鮮が浴びせた罵詈雑言に近い批判と新兵器試射が、トラウマになっているのだろう。

以上のような理由から韓国型軽空母は、実際には使用される可能性が非常に低い揚陸機能をつけた大型輸送艦に偽る必要があるため、排水量3万トン以上という大きさの割に、航空機運用能力においては、日本のいずも型護衛艦とあまり変わりがない、無駄の多い設計になる可能性が高いだろう。

ただし、韓国が対外的配慮を捨て去れるのなら、韓国型軽空母は純粋な空母として設計されるかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain 独島級揚陸艦

関連記事

  1. 軍事的雑学

    そうりゅう型潜水艦が豪州入札で敗れた「フランス新型潜水艦」の問題点

    シュフラン級原子力潜水艦は、現在、フランス海軍が運用中のリュビ級原子力…

  2. 軍事的雑学

    未来を「約束」した日本、過去を「強調」した韓国 架空の兵器導入話で米国を欺く文大統領

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、米国のトランプ大統領と韓…

  3. 軍事的雑学

    日本、本格的な「水陸両用部隊」を大戦以降「最大規模」の上陸演習へ派遣

    豪州で実施されている実動訓練、Talisman Sabre(タリスマン…

  4. 軍事的雑学

    日本と北朝鮮が交戦状態に陥れば、米国は日本側で韓国は北朝鮮側で参戦か?

    もし日本と北朝鮮が交戦状態に陥った場合、米国は日本側で参戦し、韓国は北…

  5. 軍事的雑学

    ベル「水陸機動団にAH-1Zが最適」、陸上次期戦闘ヘリ選定へアピール

    MAST Asia 2019に参加しているベル・ペリコプターが、陸上自…

  6. 軍事的雑学

    F-22再生産を支持した豪州、今度はステルス爆撃機「B-21 レイダー」購入を検討か?

    オーストラリアメディアは、米国のロス商務長官がオーストラリアへのB-2…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 9月 23日

    >エア・クッション型揚陸艇
    これは韓国が買ったライセンス生産の台数が「4台」だけだからですね。
    なので、独島艦、馬羅島で終わりです。

    強襲揚陸艦は、その名目だと予算が獲得しやすいからでは?
    (それではなければ予算が獲れないとも言えます)
    竹島(独島)の防護、日本の奪回作戦からの防護って名目

    • 匿名
    • 2019年 9月 23日

    海自が海外で「LPD揚陸艦」に分類されるおおすみ型を「輸送艦」として建造してますから、対外的アピールという意味では類似してますね。
    いずも型のF-35B対応改修も「多用途運用護衛艦」ですから、呼称は重要です。
    おおすみ型は上陸用ヘリ運用には機能不足でLCACと人員輸送に主眼を置いているので、輸送艦の位置付けで間違ってはいないのですが、韓国ほどあからさまではないですね。

    いずも型改修後、新造した「多用途運用護衛艦」がDDMになるのか、「空母いぶき」のようにDDVになるのか、DDHのままか、はちょっと気になりますが

      • oominoomi
      • 2019年 9月 23日

      まあ日本は世界の通例からすればかなりおかしな艦種名を付けてる訳ですが、これは対外アピールというより国内向けのカモフラージュ、かつ予算対策と思われます。
      実際、「みうら」型の分類記号は正直にLSTとなっており、海外の人から見れば「輸送艦」ではなく「戦車揚陸艦」です。
      そして「おおすみ」型はその代艦として予算措置が行われたから「輸送艦LST」をそのまま引き継いでいる訳で、艦種の名称や記号を変更すると予算要求に際してそこを追及されやすくなるのです。
      これは「はるな」型「くらま」型DDH(ヘリコプター駆逐艦)の後継たる「ひゅうが」型、「いずも」型にも同じ事が言えます。

        • oominoomi
        • 2019年 9月 24日

        訂正=「くらま」型→「しらね」型

      • 匿名
      • 2019年 9月 24日

      そもそも旧海軍時代から「揚陸艦」を「輸送艦」と呼称し続けているので、今更な気もしますがね
      1等輸送艦=駆逐艦ベースに機関を半減して大発を搭載、艦尾のスロープから揚降。現代だとアブサロン級的な性格か
      2等輸送艦=戦車揚陸艦

    • 匿名
    • 2019年 9月 23日

    過去の事例を鑑みれば、あちらに合理的思考や行動を求めことの虚しさは、誰もが認めるところです。
    あれこれと考えてみるのはいいのですが、今回もくだらないオチのような気がします。

      • 匿名
      • 2019年 9月 23日

      攻撃型イージス艦とかみたいなそもそもの役割解ってる? って言いたくなる面白艦船が出来るんだろーなぁ。楽しみですね。

    • 匿名
    • 2019年 9月 23日

    どのみちお決まりの色々と盛り込んでどっち付かずの性能で使い物にならなくなるオチになると思う。

      • 匿名
      • 2019年 9月 23日

      一番使えない装備がKorean乗組員ですからね。

    • 麻生二郎
    • 2019年 9月 23日

    アメリカがF35Bを売ってくれる保証は無いのにね…

    • 匿名
    • 2019年 9月 23日

    >省力化が必要
    毎回手抜きで余計に手間と予算を掛けるという矛盾

    • おっさん
    • 2019年 9月 23日

    どちらにしても北朝鮮では無く対日本を意識して建造するのだから、間違えない程に『韓国は敵国』です。
    いや、韓国は日本を敵国と認識している。

    • 匿名
    • 2019年 9月 23日

    まぁ、作るので有れば是非あらかじめ 漂流した時に供えて船体各部にフックなどを付けておく事をお勧めします。

    •  
    • 2019年 9月 23日

    いつもの貧乏性から来る、「空母機能も強襲揚陸艦機能も、どっちも詰めとけ詰めとけ」という理由もありそう

    • 全てF-35B
    • 2019年 9月 23日

    取り敢えずF-35Bが飛べれば、満足だろうね。
    その前に、売ってもらえるのか?
    更に重整備はどうするのか?
    そもそも、完成するまで国家として存在しているのか?

    • そっぽ
    • 2019年 9月 23日

    イージス艦の強力な防空システムで敵地対艦ミサイルの脅威を排除?
    違うでしょ。

    • あっそ
    • 2019年 9月 23日

    盛り込み過ぎなんだよな
    ヘリ空母なら、軽空母サイズでも両立出来るかも知れないけど、
    固定翼機(VTOR機込み)だと専用施設で場所を取るから、ドック付きだと米原子力空母クラスの大きさじゃなきゃ無理じゃね?

    (後、エアクッション挺が的になる状況じゃ、水陸両用車も的になるんじゃね?)

    • 匿名
    • 2019年 9月 23日

    台風で折れるのと転覆か座礁するのどれが早い?
    トップヘビー造船国で空母作れるわけないだろ
    対北朝鮮には不要だから日本に対抗したいだけ

    • 匿名
    • 2019年 9月 23日

    そんな他国に配慮する国じゃないでしょ?
    本来なら空母と強襲揚陸艦が欲しいけど予算が足りないからどっちの機能も持たせようとしてるんでは?
    そもそも独島艦がそういう船だし攻撃型イージスとか言ってみたりK11複合銃作ってみたりとか全部のせ大好きじゃん
    過去の戦訓が無いからとにかく機能盛り込んだほうがいいという考えなんでしょ

      • 匿名
      • 2019年 9月 23日

      私もこの考えに1票。韓国人になって周囲全て敵国と考えてみると、どれだけ予算あっても足りずに作る船は重武装多機能化に向かうのは頷けます。まぁ世界初とか他にはない、みたいなキーワードが大好きと言う理由も50%はあるでしょうけれど。

    • 匿名
    • 2019年 9月 27日

    韓国、2033年ごろ軽空母の進水可能…F35Bの代わりにF35Aを追加で20機導入へ
    リンクさてさて・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP