軍事的雑学

ベル「水陸機動団にAH-1Zが最適」、陸上次期戦闘ヘリ選定へアピール

MAST Asia 2019に参加しているベル・ペリコプターが、陸上自衛隊の水陸機動団にとって、AH-1Z ヴァイパーが最適であるとアピールした。

水陸機動団を創設した日本には、AH-64EではなくAH-1Zが最適か?

6月17日、千葉市美浜区の幕張メッセで開幕したMAST Asia 2019は、海洋及び航空安全保障に関連した防衛装備・技術に関する展示・論文発表を行うシンポジウムで、欧米などで防衛装備を製造する企業、約70社が参加している。

因みに、MAST Asiaは、日本で開催される唯一の国際防衛見本市だったはずだが、ロンドンで開催されていた総合防衛・セキュリティ展示会「DSEI」が、2019年11月、日本の幕張メッセで「DSEI Japan」を開催する予定だ。

MAST Asia 2019に参加しているベル・ペリコプターのアジア・太平洋担当者のJohn Woodbery氏は、新しく創設された、日本版海兵隊の水陸機動団が実行する水陸両用作戦において、AH-1Z ヴァイパーが最適であるとアピールした。

AH-1Z ヴァイパーは、水陸両用作戦用のために作られた世界で唯一の「海上攻撃ヘリ」だと主張したが、実際には、英国向けのAH-64D、WAH-64は空母や揚陸艦に搭載し水陸両用作戦に使用出来るよう、防蝕処理が施されており、海上での長期に及ぶ作戦に使用可能なため、AH-1Z ヴァイパーが世界で唯一の「海上攻撃ヘリ」というのはオーバーだ。

出典:public domain ブレードを折り畳んだ状態のAH-1Z ヴァイパー(奥のヘリはUH-1Y)

元々、AH-64Dよりも機体が小型な上、狭い艦艇での使用を考慮しブレードを半自動的に折り畳む事ができるため、収容スペースは比較的小さく、空母化される「いずも型護衛艦」や、一回り小さい「ひゅうが型護衛艦」での運用に最適だ。

John Woodbery氏は「陸上自衛隊が、どのバージョンを導入するのか発表するのは時期尚早だが、陸上自衛隊と緊密に連携し、ニーズにあったバージョンを用意できることを楽しみにしている」と話した。

防衛装備庁は2018年5月、陸上自衛隊向けの次期戦闘ヘリ導入に必要な情報提供を求める公告を行っている。

出典:public domain AH-64E ガーディアン

世界中に導入可能な攻撃型ヘリは幾つかあるが、日本が導入を考えているのは、恐らく、米陸軍が採用しているAH-64E ガーディアンと、米海兵隊が採用しているAH-1Z ヴァイパーのどちらかだ。

以前、AH-64D(諸事情あり)を導入していた経緯もあって、通常ならAH-64の最新バージョンである、AH-64E ガーディアンの可能性が高いが、日本版海兵隊の水陸機動団が誕生し、今後は水陸両用作戦への対応が必要になるため、AH-1Z ヴァイパー採用の可能性が非常に高い。

米海兵隊と共同訓練を行うにも、同一機種の方が、何かと都合がいいこともある上、AH-64E ガーディアンよりも価格が安い。

情報提供を求める公告を行ってから、ほぼ1年が経過しているので、そろそろ次期戦闘ヘリ導入へ、何かしらの動きがあっても良い頃だろう。

 

余談だが、防衛装備庁による情報提供の求めに応じ、悪魔的天才、モフェット博士が開発したマッハ2.0で飛行可能で、パイロットが乗り降りする際、いちいち「プシュー」という効果音が入る、あのヘリコプターが・・・

これ以上、機体名を言うのは野暮というものなので、あとは読者の想像力にお任せする。

今回、あのヘリコプターが原子力潜水艦と直接交戦し、撃沈してしまうという離れ業を収めた動画を紹介するので必ず見て欲しい。

どう見ても、弾道ミサイルが・・・というのは気づいても、絶対に口に出してはいけない、CIAが監視している可能性がある。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain AH-1Z ヴァイパー

関連記事

  1. 軍事的雑学

    新兵器ラッシュの中国、ロケットエンジン搭載の超音速無人偵察機「WZ-8」を初披露

    10月1日に行われた中国建国70周年記念の軍事パレードで、これまで一度…

  2. 軍事的雑学

    また技術移転頼み? 韓国、第4.5世代戦闘機「KFX」で第6世代戦闘機に対抗可能

    米国や欧州を中心に第5世代戦闘機の次、次世代戦闘機(所謂、第6世代戦闘…

  3. 軍事的雑学

    米国の飴と鞭!インドS-400導入中止の見返りにF-35提供の可能性?

    NATO加盟国で、F-35の開発パートナー国でにあるトルコが、ロシアか…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|最凶の外交カードを切るか?米国がF-35導入問題で揺れるトルコに強烈な一撃

    米国は、依然としてロシア製地対空ミサイル「S-400」導入を強行するト…

  5. 軍事的雑学

    ステルス処理されたキャノピー不足が原因? 米軍、F-35の稼働率「80%達成」ならず

    7月16日、上院軍事委員会で開かれた公聴会で、次期国防長官に指名された…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|日本初!ステルス戦闘機F-35Aを擁する実戦部隊「第302飛行隊」が正式発足!

    3月26日、青森県の航空自衛隊、三沢基地でF-35Aを日本で初めて運用…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 6月 23日

    WAH-64「せやろか?」

    • 匿名
    • 2019年 6月 24日

    youtubeの動画でいずもにAH-64Dを載せているのを見ましたね。
    あんな感じで米軍のAH-1Zも載せたりして運用のし易さなんかを検討してるんでしょうね。

    • こんばんは
    • 2019年 7月 05日

    いやー懐かしい!

    • 匿名
    • 2019年 9月 01日

    早くバイパー採用してアパッチを売り飛ばして欲しい。というかMi28MNがほんまに400キロで飛ぶなら、それでもエエし、ベル412改造戦闘ヘリを次期ヘリがらみで復活でも良いし、トルコの次期戦闘ヘリでも良い。

    • 匿名
    • 2019年 10月 09日

    攻撃ヘリは戦車に強い。しかし携帯式防空ミサイルにやたやすくやられてしまう。自走高射機関砲にもやられる。
    こう考えると、必要なのはステルス性だ。音、可視光線、赤外線、電磁波に対するステルス性。
    これが無ければ攻撃する距離に近づく事さえできない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP