軍事的雑学

米国のF-35制裁に抜け道?トルコのF-35部品製造は国外移転で継続可能か

F-35プログラムから追放されたトルコは、2020年3月にF-35の部品製造からも完全に排除されることが決定している。

参考:F-35 üretiminde Bulgaristan formülü

ブルガリアで製造すれば問題なし?トルコ防衛産業界の目論見は成功するか?

トルコはロシアから防空システム「S-400」を導入したことで、F-35プログラムから追放されることになり、同プログラムへの出資(約14億ドル:約1,520億円)の見返りとして獲得したF-35の部品製造も制裁の対象に含まれ、トルコが発注していたF-35Aの完成機も米空軍が引き取ることで決着した。

ただトルコ政府は現在でも、F-35プログラムからの追放を受けれておらず、米国の決定は不当だと訴えている。

出典:Public Domain F-35A

トルコの防衛産業界は、目前に迫った米国の制裁を回避するための手段として、欧州のブルガリアでF-35の部品製造を継続することを計画し、実際にブルガリアで部品製造ができる施設を探し始めているとトルコメディアが報じている。

これは、一体どのようなカラクリなのか?

あくまでS-400導入によって制裁を受ける対象はトルコ(政府)であって、トルコの防衛産業企業は米国の制裁の対象に挙げられていない。

そのためトルコ国内での部品製造は制裁の対象になるが、トルコの防衛産業企業が第3国で部品を製造すれば米国の制裁対象から逃れられるという寸法で、トルコの防衛産業界はF-35の部品製造を通じて得た経験を無駄にしないためにも、この案が検討されてきたらしい。

出典:Public Domain 製造途中のF-35の胴体部分

しかし、トルコ国内のF-35部品製造施設をブルガリアに移転するとしても米国政府の了解なしで実行すれば、製造した部品をロッキード・マーティンが受け取るとは到底考えにくく、この制裁回避案の実現性は非常に低いと言わざるを得ないが、トルコの防衛産業界はブルガリアでの部品製造案に自信を持っており、トルコ企業はF-35の製造から排除されることはないと言っている。

トルコの防衛産業企業8社は以下のF-35部品製造に携わり、ロッキード・マーティンと結んでいる契約の総額は120億ドル(約1兆3300億円)に達する。

Alp Aviation社はF-35の機体構造体や降着装置の部品、さらにF-35に搭載されるエンジン「F135」のチタン製ブレードローター等、100余りの部品を製造しており、Ayesas社はF-35の主要コンポーネントである「ミサイル・リモートインタフェースユニット」とコックピットに搭載される「パノラマ・コックピット・ディスプレイ」を供給する唯一の存在だ。

出典:Public Domain F-35のコックピットのモックアップ、中央の横長のディスプレイが、パノラマ・コックピット・ディスプレイ

Fokker Elmo社はF-35の電気配線システムの40%を製造し、Havelsan社はトルコ国内に建設されるF-35のシミュレーター訓練装置や、メンテナンス要員のトレーニングセンターなど担当し、Kale Aerospace社はF-35の機体構造体やF-35全て(A/B/C型)の降着装置を製造し、Pratt&Whitney社と合弁でF135エンジン用の生産用ハードウェアを製造している。

ROKETSAN社とTubitak-SAGE社は射程250km程度のSOM巡航ミサイルを開発し、この巡航ミサイルをF-35のウェポンベイに搭載出来るよう改造・統合・製造・販売をロッキード・マーティン社と共同で行う契約を締結、 Turkish Aerospace Industries社はF-35の中央胴体、ウェポンベイの扉、エアインテークのダクトを製造している。

米国では制裁に備え、トルコ企業が製造していた部品の調達先切り替えが進んでおり、今更ブルガリア移転案が承認されたところで、トルコ企業に残されている部品製造は非常に限られたものになるだろう。

果たして、トルコ防衛産業界の目論見は成功するのだろうか?

 

※アイキャッチの出典:storm / stock.adobe.com

ロシアで2020年代に登場する次世代機、PAK DA、MiG-36、MiG-41、SU-60、Yak-150前のページ

共同交戦能力にリチウムイオン電池!新技術を採用した海自の護衛艦と潜水艦が就役間近次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    本当にF-15EXを買えるのか? 米空軍、議会が「F-15EX」調達を妨害していると訴える

    米空軍は、2020会計年度の予算が成立せず、連邦政府機関の閉鎖を回避す…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|韓国軍の最新動向!最新鋭3000t級潜水艦「島山安昌浩」が6月に初潜航試験!

    国会国防委員会全体会議で、去年に進水した「張保皐KSS-Ⅲ」の島山安昌…

  3. 軍事的雑学

    狙われれば最後? ロシア・台湾が開発した「極超音速」空対空ミサイルの実力

    現時点で「極超音速」の領域で作動する実用化された空対空ミサイルは、ロシ…

  4. 軍事的雑学

    いずも+F-35Bで対抗可能?中国「空母搭載型ステルス無人機」コンセプト披露

    中国の瀋陽飛機工業集団は、同社が製造したJ-8戦闘機(殲撃八型)の初飛…

  5. 軍事的雑学

    2019年ミリタリーニュース10選、欧州で進行する第6世代戦闘機プログラムの希望と問題

    早いもので2019年も、あと数日で終わりを迎えるが、今回は航空万能論的…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|日英が共同開発中の新型ミサイル試射、英空母と海自「いずも」との共同訓練も!

    日英の安保分野の協力内容を定めた「行動計画」の内容見直し。日英共同開発…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 1月 04日

    無理でしょうね。これが通用するならトルコは全く痛みなしですから。単純にトルコ系以外の指定企業のみに発注すれば事足ります。

    • 匿名
    • 2020年 1月 04日

    トルコって思ってたよりずっと愚かな国なのかな…

    • 匿名
    • 2020年 1月 04日

    トルコ必死だなぁ。
    何故S-400撤去や実質無力化とかに舵を切れないのだろう?

      • 匿名
      • 2020年 1月 05日

      それやったら今度はロシアを敵に回すからね。
      思うに、国境沿いでのSu-34撃墜事件以降トルコは急速にロシアに接近し始めたのを見るとアノ事件でロシア・・・というかプーチンを本気で怒らせてしまって逆らえないんじゃないかな?
      更にS-400でF-16を仮想敵機に見立ててのデータ取りとか既にやっちゃってるんで今更S-400を撤去しても元鞘には戻れないでしょ。

    • 匿名
    • 2020年 1月 05日

    国外は制裁外だから部品作れる!だから作ろう!

    ・・・・で?その部品はどこが買うの? 制裁対象はトルコなんだから得になる様な事を許すわけないでしょ。
    それともその部品を中国ロシア陣営に売るの? ってサンプルならともかく大量に部品だけなんて要らんよね。

      • 匿名
      • 2020年 1月 05日

      意外とSU-57に採用されたり

    • 匿名
    • 2020年 1月 05日

    生産した物をロシアに横流しされるのもF-35の要素技術の一部をパクられるので、ブルガリアで訴訟して生産の差し止めるか、ロハで買い取るかでしょうね。
    製造委託契約になっているものは契約終了で止められるとしても、トルコ企業オリジナル、特許保有などそれ以外のものに重要性があるかどうかですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP