軍事的雑学

走行中射撃すら出来ない?時代遅れな戦車「チャレンジャー2」でロシア対抗は不可能

英国は、時代遅れの主力戦車「チャレンジャー2」を、アップグレードすることが出来るだろうか?

参考:Will the stars finally align to upgrade Britain’s ‘obsolete’ tanks?

時代遅れの戦車「チャレンジャー2」でロシアを震え上がらせることは不可能

英国の国防大臣、ペニー・モーダント氏は、英国軍の主要な装甲戦闘車両について、同盟国や、潜在的な敵対国に遅れをとっていると認め、問題を解決しなければならないと話した。

特に、英国陸軍の主力戦車であるチャレンジャー2について、「1998年に登場して以来、一度もメジャーアップグレードなしに稼働を続けている。この間に、米国やドイツ、デンマークは、2回のメジャーアップグレードを行い、ロシアでは、新しい戦車が登場した。チャレンジャー2は既に時代遅れで、主要同盟国で運用されている主力戦車よりも20年以上古い」と、モーダント氏は問題点を指摘した。

モーダント氏が時代遅れと指摘したチャレンジャー2の主な問題点は、走行中に主砲による攻撃ができない「旧式化した攻撃システム」と、現在、英国以外に採用例がない伝統的な「弾薬分離式」の装填方式のことだ。

このような時代遅れの性能では、潜在的な敵対国であるロシアを震え上がらせることは不可能だ。

出典:Attribution: Fiorellino / CC BY-SA 3.0 チャレンジャー2

チャレンジャー2のアップグレードに関して、既に評価テストは終了しており、このままアップグレードを実行するのかどうか判断待ちの状況だが、英国陸軍の主力戦車削減という報道が出て、チャレンジャー2の必要性が疑問視される中、大金を掛けてまで、本当にアップグレードを行われるのか不透明だ。

英国陸軍は、経済的な問題のため、現在保有している「チャレンジャー2」戦車227輌のうち、148輌にだけ改良を行う事を決定し、残りの79輌は部品取りとして活用する予定だという報道が出ている。

たった148輌のチャレンジャー2に、アップグレードを行っても数が少なすぎて、一体、何のために戦車戦力を維持するのか、意義が見いだせないと言う意味だ。

Attribution: Boevaya mashina / CC BY-SA 4.0 T-14戦車 プロトタイプ

主力戦車の保有量は、1位のロシアが12,950輌、2位の米国が6,333輌、3位の中国が5,800輌、4位のインドが4,665輌を保有し、冷戦終結直後、800輌近く戦車を保有していた英国が、報道通り148輌まで戦車を削減すれば、ロシアの1/87にまで戦車保有量が減少する。

NATO主要国の戦車保有量、フランス(ルクレール戦車 400輌)、イタリア(アリエテ戦車200両、レオパルト1A5戦車 120輌)、スペイン(レオパルト2戦車 320輌)、ドイツ(レオパルト2戦車 225輌)、ギリシャ(レオパルト2戦車 350輌)、ポーランド(レオパルト2戦車 249輌、PT-91戦車 232輌)と比較しても、英国の148輌と言う数字は、あまりに少ない。

英国メディアは、これが事実なら、英国陸軍は装甲車両の面で、カンボジア、セルビア、ミャンマーに劣り、戦車保有ランキングでも48位から56位に急落することになり、英国の国際的地位の低下は、軍の士気喪失に繋がると指摘している。

恐らく、2019年中には、チャレンジャー2の今後について、何かしらの決定が下されるだろう。

世界で初めて戦車を実用化させた国で、果たして戦車は生き残れるのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain チャレンジャー2

米空軍は爆撃機戦力の40%を失う?任務遂行可能なB-1B爆撃機がほとんど無い前のページ

ステーキ調理可能な戦車!台湾、20億ドル相当のM1A2エイブラムス導入か?次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    粋なサプライズ演出? ロシア航空ショーに伝説の戦闘機「SU-47」が登場

    ロシアは現在開催中の「MAKS国際航空ショー」に、伝説の戦闘機「SU-…

  2. 軍事的雑学

    開発費不足に悩む韓国型戦闘機? 文政権が密かに補填したKFX開発費「全額削減」か

    韓国最大野党の自由韓国党は、2020年度政府予算案について大幅な削減を…

  3. 軍事的雑学

    あまりに高価過ぎる? 米空軍、次期大統領専用機の取説制作を約90億円で発注

    国防総省が4月15日付けで発表した契約の中に、空軍が調達を進めている次…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|韓国の原子力潜水艦保有への野望!IAEAを騙してまで開発した潜水艦用原子炉はロシア製!

    昨年進水した韓国の島山安昌浩級潜水艦。この潜水艦を発展させて原子力潜水…

  5. 軍事的雑学

    遂に量産機が完成か? 中国空軍指定色に塗装されたステルス戦闘機「J-31」が姿を現す

    米国メディアは、中国がJ-20に続いて開発したステルス戦闘機「J-31…

  6. 軍事的雑学

    075型強襲揚陸艦はモンスター?中国、空母建造の裏で進む水陸両用戦力の強化

    米国のワスプ級強襲揚陸艦(満水排水量約40,000トン)と肩を並べても…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 6月 06日

    最近西側の装備グタグタ過ぎるな……

    4
    • 匿名
    • 2019年 6月 06日

    チャレンジャーは戦うために作られた戦車なのだ。アップグレードのために造られたのではない。

    2
    • 匿名
    • 2019年 6月 07日

    90式より旧式なのかよ…

    2
    •  
    • 2019年 6月 07日

    英仏は、核・空母・原潜を維持しないといけないので、どうしても通常戦力にしわ寄せが来る。
    ましてや英国陸軍の戦車戦力なんて、一番に削られそうな分野だ。
    どの国も軍事費には限りがあるのだから、どういう運用思想でどう予算配分するかって話になるね。

    2
    • 匿名
    • 2019年 6月 07日

    ドイツのレオパルト2はまともに動くのは60両程度で、あとは部品取り用らしいが

    2
    • 匿名
    • 2019年 6月 07日

    >ドイツ(レオパルト2戦車 225輌)
    >ポーランド(レオパルト2戦車 249輌、PT-91戦車 232輌)
    もうドイツはポーランドに戦車戦力で完璧に負けてるのね。道路国家に陸戦力で負けるとは、ゲルマン魂は無いのか?

    2
    • 匿名
    • 2019年 6月 08日

    >ゲルマン魂

    そんなもの、尻拭く紙の役にも立ちませんが何か?
    ドイツ人に聞かせたら鼻で嗤われるでしょうね

    3
    • 匿名
    • 2019年 8月 04日

    日本も戦車を300両にまで削減する計画。直協火力の不足は機動戦闘車で補うつもりらしい。軍事セオリーでは攻撃側は3倍の兵力が必要なので、日本に900両もの戦車を上陸させられる周辺国はないという判断なのだろう。
    戦車削減はイギリスに倣ったもののようだが、あちらは周りがすべて友好国。日本のように周辺国すべてがろくでなし国家とは事情が違うのだけどね。

    4
    • 匿名
    • 2019年 8月 27日

    我が国には74式大先輩がいるんだよなぁ(泣)

    • 匿名
    • 2019年 8月 27日

    匿名 :
    >ゲルマン魂
    そんなもの、尻拭く紙の役にも立ちませんが何か?
    ドイツ人に聞かせたら鼻で嗤われるでしょうね

    • 匿名
    • 2020年 3月 05日

    自衛隊に核もたせたら、そこに予算とられて同じような状況になるよ
    核はいろんな意味で諸刃の剣

    • 匿名
    • 2020年 5月 31日

    10式に湯沸かし器つけて売ろう

    1
    • 匿名
    • 2020年 9月 26日

    >英国以外に採用例がない伝統的な「弾薬分離式」の装填方式
    と、思ってたんだけどディスカバリーチャンネルのT-90SMの特集番組を見てたら
    「装填はボタン一つで行えます。まずは砲弾、次に装薬が自動的に装填されます」
    などと説明があり、画面でも確かにそのように映っていた。

    西側(で良いのかな?)で弾薬分離式はチャレンジャー2だけだろうけど、ロシアにも弾薬分離式はあるっぽい。

      • 匿名
      • 2020年 9月 28日

      ロシア(旧ソ連)系車両はみな分離装薬。分離装薬だけど完全自動装填だからね。これまでソ連は質より量でと言うコンセプトだったけど、今のイギリスのチャレンジャー2はアップグレードされてきたT-72B3やB4、T-90シリーズには質でも届かなくなりつつある。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP