軍事的雑学

軍事的雑学|謎のベールに包まれた新型イージス艦を遂に公開!中国海軍設立70周年記念観艦式

中国の環球時報(Global Times)が、山東省青島市で行われた中国海軍の記者会見で、中国海軍設立70周年を記念した観艦式中、空母「遼寧」を筆頭に、新型駆逐艦、新型原子力潜水艦などを披露する計画だと報じた。

参考:New warships to debut at naval parade

中国海軍設立70周年を記念した観艦式で、中国海軍の新鋭艦が初披露される予定

中国海軍は、今回の観艦式で、空母「遼寧」や、新型駆逐艦の055型ミサイル駆逐艦を参加させるのは確実視されていたが、新型原子力潜水艦まで参加させるというのは、中国海軍設立70周年を記念した観艦式を盛り上げるためのサプライズだろうと見られる。

残念ながら、中国が建造中の国産空母「001A型」は、試験航海を始めたばかりで観艦式には間に合わなかった。

出典:海上自衛隊 あきづき型護衛艦の3番艦「すずつき」

この観艦式には、日本、韓国、ロシア、タイ、ベトナム、インドなど10カ国以上の海軍艦艇が参加する。日本の海上自衛隊からは、あきづき型護衛艦の3番艦「すずつき」が参加するため中国山東省の青島へ派遣された。

では、今回、初披露されるという中国海軍の艦艇について説明する。

新型駆逐艦として、初披露される「055型ミサイル駆逐艦」とは、米国のタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦をも上回る、基準排水量12,000トンの大型艦で、これは中国版イージス艦といわれた、前級052型駆逐艦から進化・発展した、正真正銘、中国海軍の最新鋭駆逐艦だ。

Attribution: 星海军事 / CC BY-SA 3.0 055型駆逐艦のイメージ

この艦には、2種類のアクティブ・フェーズドアレイ・アンテナ(AESA)を搭載し、1つ目はType346Bと言われるSバンドとCバンドのデュアルバンドAESAだ。2つ目は、XバンドのAESAで詳細は不明。055型にはXバンドAESAが搭載されているので、Type346BのCバンド部分は削除されている可能性が高い。

恐らく、レーダー性能は米海軍のAN/SPY-1と同等か、一部の性能は上回っている可能性すらある。

112もの垂直発射セルを装備し、射程が200kmあると言われている長射程艦対空ミサイル「HHQ-9A」と、西側兵器のSM-2に相当する艦対空ミサイル「HQ-16」で、空母を中心とする艦隊防空を引き受け、艦対艦ミサイル「YJ-18」、艦対地巡航ミサイル「CJ-10」(CJ-10の亜種、射程が800kmに延長されたYJ-100を搭載している説もある)、垂直発射型対潜魚雷などで武装している。

2種類の艦対空ミサイルのHHQ-9A(長射程・低空目標は苦手)とHQ-16(中射程・低空目標が得意)の実用化で、中国海軍の宿願であった艦隊防空の多層化が実現し、西側レベルと遜色がなくなった。

現在、1番艦の「南昌」が各種試験を行っているが、既に同型艦を5隻建造中だ。

今後、編成される空母を中心とした中国機動部隊を、防空面で支えるものと見られる。

 

初披露される新型原子力潜水艦はどれだ?

初披露される新型原子力潜水艦について環球時報は、攻撃型潜水艦のType095(隋型)か、弾道ミサイルを搭載したType094(晋級)の新型か、攻撃型潜水艦のType093(商級)の新型のどれかである可能性が高いと、匿名の専門家の話を引用して伝えた。

出典:pixabay

Type095(隋型)については、開発が始まった当初、米海軍のロサンゼルス級原潜の初期型程度と言われていた。

2016年に中国の新華社通信が報道した内容によれば、Type095は単殻構造で、全長115m、全幅12m、水中排水量7,900トン、最大深度500m、最大速力32ノット、乗組員130名、潜航して連続80日の作戦行動が可能だ。

2017年には、Type095の推進方式はポンプジェットだと明らかにし、プロペラ推進に比べて10%以上騒音を低減させることに成功。Type095の静粛性は西側レベルに近いと言われている。

出典:public domain Type094潜水艦

Type094(晋級)は、攻撃型潜水艦のType093(商級)の船体を延長し潜水艦発射弾道ミサイルを搭載した潜水艦だ。

これは中国初の弾道ミサイル原潜、Type092の後継艦にあたる。今回、披露される可能性があると言われるType095の新型とは、Type095の就役時期から考えると5番艦か、もしかするとType095の後継として開発中だと噂されるType096(唐級)かもしれない。

出典:public domain ヴィクター級潜水艦

Type093(商級)は、3つのタイプに別れ、同じ093でも完全に別物だ。

1、2番艦までのType093は、旧ソ連の支援を受けて完成させた潜水艦で、性能はヴィクター級程度と言われている。

その後、中国独自の技術で改良し、静粛性が向上した3番艦から6番艦まではType093Aと呼ばれ、陸上攻撃用のミサイルを搭載するための直発射管を追加した7番艦から9番艦まではType093Bと呼ばれている。

今回、披露される可能性があると言われるType093の新型とは、就役時期から考えると、Type093Aの5番艦か、6番艦の可能性が高い。

Attribution: wc, File:Shenyang J-31 (F60) at the 2014 Zhuhai Air Show.jpg / CC BY-SA 4.0 2014年珠海航空ショーでの瀋陽J-31

さらに、この観艦式では、中国の早期警戒機、偵察機、対潜哨戒機、爆撃機、戦闘機等の編隊飛行も行われる予定で、もしかしたら艦載機化の計画がある、中国で2番目に開発されたステルス戦闘機「J-31」の飛行もあるかもしれない。

中国の70周年記念観艦式は、4月23日だ。

初め公式に披露される055型ミサイル駆逐艦、どのタイプが披露されるのか謎を呼ぶ新型潜水艦など、非常に珍しいショットが見られることだけは間違いないだろう。

 

※アイキャット画像の出典:Baycrest – Wikipedia user – CC-BY-SA-2.5 / Baycrest – 維基百科用戶 – CC-BY-SA-2.5

軍事的雑学|消えゆく「チャレンジャー2」、英国148輌まで戦車削減、陸上自衛隊の半分以下!前のページ

軍事的雑学|戦車もない、無線機もない、人もいない、ドイツ軍にNATO任務遂行は不可能?次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    最大潜航深度はそうりゅう型並?韓国、3000トン級潜水艦にHY-130相当を使用

    8月23日、韓国の潜水艦連盟の会長キム・ヒョクス氏は自身のFacebo…

  2. 軍事的雑学

    初飛行から30周年、B-2爆撃機は米空軍の全世界に対する攻撃能力の象徴

    米空軍は1989年7月17日に初飛行を行ってから30周年を迎える「B-…

  3. 軍事的雑学

    中国牽制目的?米国、条約失効に伴い「日本へ中距離ミサイル事前配備」検討

    1987年に米国とソ連の間で締結され、30年以上維持されてきた中距離核…

  4. 軍事的雑学

    韓国企業に勝算は? ステルス戦闘機「F-35ライトニングⅡ」部品整備受注のラストマッチ開幕

    米国防総省は2020年中にもステルス戦闘機「F-35ライトニングⅡ」の…

  5. 軍事的雑学

    韓国、東京や北京を射程圏に収める「準中距離弾道ミサイル」を事実上保有か?

    韓国軍は17日、韓米ミサイル指針改正によって可能になった弾道ミサイルの…

  6. 軍事的雑学

    中国、第5世代戦闘機「J-20」の弱点を「ステルス処理」した排気ノズルで克服か?

    新型エンジンを搭載した第5世代戦闘機「J-20」の写真が中国のネットに…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 4月 22日

    055型の建造で日中の戦力差は決定的になってしまった。このままだと10年以内には、第1列島線内ではアメリカでさえ中国海軍相手はきつくなるだろうな

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    あれが本当にそこまで高性能だとは思えないが

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
PAGE TOP