軍事的雑学

韓国、東京や北京を射程圏に収める「準中距離弾道ミサイル」を事実上保有か?

韓国軍は17日、韓米ミサイル指針改正によって可能になった弾道ミサイルの「弾頭重量」を大幅に強化した弾道ミサイルを既に確保していると明らかにした。

参考:군, 사거리 500km에 탄두중량 4톤 미사일 확보

韓国は東京や北京を射程に収める準中距離弾道ミサイルを保有か?

韓米ミサイル指針とは韓国が開発できる弾道ミサイルの性能についての指針=制限であり当初は射程180km、弾頭重量500kgまでに性能が制限されていたが、この制限は段階的に緩和され続け、弾頭重量制限については2017年9月に完全撤廃することで韓米両国が合意した。

これまで韓国は弾道ミサイルは射程距離に応じて弾頭重量を減らす「トレードオフ」の原則に従う必要があり、そのため射程を300kmに制限すれば2トンまでの弾頭を搭載することができるが、射程を500kmに伸ばせば1トンまでの弾頭しか搭載できなくなり、韓米ミサイル指針下で開発できる最大射程800kmの弾道ミサイルには500kgの弾頭しか搭載することがで出来ず、北朝鮮の地下施設を破壊するには威力不足だと米国に再三文句を言っていた部分だ。

これが2017年の韓米ミサイル指針改正によって撤廃されたのだが、韓国にとって弾頭重量の制限撤廃には別の思惑が絡んでいる。

韓国軍は17日、すでに新型弾道ミサイルは確保された状況だと公式にその存在を認めた。

韓国軍によれば開発された新型弾道ミサイルは2種類あり、射程500kmのタイプは4トンの弾頭を搭載し、射程800kmのタイプは2トンの弾頭を搭載していると明らかにしたが、新型弾頭ミサイルの量産や戦力については詳細を明らかにしなかった。

ここで注目すべきは4トンもの弾頭を搭載する短距離弾道ミサイルで、ここまで大重量の弾頭を搭載する短距離弾道ミサイルは他に例がない。

実際のところ北朝鮮の地下施設を破壊するのに4トンもの弾頭が必要かと言えば答えはNOだ。地下施設を破壊するには弾頭の破壊力よりも落下速度を高速化させたり、地中深くまで浸透させるため弾頭の形状や耐久性を高め貫通能力を高めることの方が重要と言える。

では、韓国は何故、不必要だとも言える弾頭重量の引き上げにこだわるのか?

韓国が保有する弾道ミサイルの射程制限撤廃に否定的なため弾頭重量の制限緩和を要求したほうが実現性が高く、不必要ともいえる弾頭重量を打ち上げられる弾道ミサイルを開発しておけば、弾頭重量を減らすことで射程をいつでも延長できると考えているからだ。

出典:Public Domain 中国の準中距離弾道ミサイル DF-21

韓国は不必要ともいえる弾頭重量を減らせば弾道ミサイルの射程を1,000km以上に延長できると見込んでおり、これは事実上の準中距離弾道ミサイルに準じた性能に分類される。

韓国の釜山から弾道ミサイルで北朝鮮全域をカバーするだけなら800kmの射程で十分なのだが、日本の東京や中国の北京を射程内に収めるには1,500kmの射程が必要で、米国が韓国の弾道ミサイルの射程を800kmに制限しているのも、この点を考慮してのことだろう。

要するに韓国は米国との手前、弾道ミサイルの射程制限(800km)に応じているが4トンもの弾頭を半分以下に減らすることで事実上、東京や北京を射程内に収める準中距離弾道ミサイルを保有していることになる。

ただ、実際に試射することができないため本当に1,000km以上の射程を持っているのかは検証できない。

そのため韓国は韓米ミサイル指針によって制限されている民間用途の固体燃料ロケット開発解禁を求めており、これは試射することができない軍事用の弾道ミサイルを民間用途と偽り試射するための隠れ蓑だと管理人は見ている。

 

※アイキャッチの出典: alexyz3d / stock.adobe.com

悪夢の限韓令が再来?韓国の文在寅政権に止めを刺す米国の「THAADミサイル」アップグレード前のページ

革新より堅実さを選択したロシア、次世代戦車「T-14」の量産実用化は当面先送り次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    中国、第5世代戦闘機「J-20」の弱点を「ステルス処理」した排気ノズルで克服か?

    新型エンジンを搭載した第5世代戦闘機「J-20」の写真が中国のネットに…

  2. 軍事的雑学

    世界市場で生き残れるか?フランス、F-35に対抗し「ラファール F4仕様」開発に着手

    フランスは第6世代戦闘機「FCAS」が完成するまで、最低でも15年以上…

  3. 軍事的雑学

    崖っぷちの韓国防衛産業、生き残れるかは海外輸出の成否次第?

    韓国メディアによれば国内防衛装備製造企業10社の売上高は2016年をピ…

  4. 軍事的雑学

    急増する第5世代戦闘機F-35への需要、年間生産量を180機まで引き上げ

    ロッキード・マーティンはF-35の年間生産量を2024年までに180機…

  5. 軍事的雑学

    さよならアリス! 戦闘機「F-35」稼働率低下の原因「ALIS」システム廃止へ

    ロッキード・マーティンは14日、問題の多いF-35物流情報システム「A…

  6. 軍事的雑学

    護衛艦いずも、仏空母「シャルル・ド・ゴール」の次は米空母「ロナルド・レーガン」と共同訓練

    現在、インド太平洋地域の各国海軍等との共同訓練を実施し、部隊の戦術技量…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 2月 19日

    韓国の反応系ブログとかで翻訳されてる韓国人の意見で
    「日韓戦争になっても韓国は巡航ミサイルや対地ミサイルで日本の重要施設を数時間で破壊できる」
    とか言う内容がポンポン出てくるから
    日本を攻撃するのが目的なんだろうなと簡単に想像がつきます

      • 匿名
      • 2020年 2月 21日

      憲法9条があるから攻撃し放題だよね。

    • 匿名
    • 2020年 2月 19日

    流石にアメリカもこのからくりに気付いてるとは思うが、今後どう対応するかが気になる。

      • 匿名
      • 2020年 2月 21日

      気づいてても何も言わないか、言っても口先だけだと思うよ
      トランプはアジアには興味はない
      貿易でつぶしたいのは中国だけじゃなく日本も韓国も同じ

      結局日本で対処しなけりゃいけないけど、国内の勢力は…

      • 名無しの少佐
      • 2020年 6月 09日

      気づいてるも何も、わざとだよ。
      アメリカは韓国を使って日本に揺さぶりをかけてる。
      弾道ミサイルの保有するように揺さぶってる。
      日本が韓国に触発されて弾道ミサイルを保有すれば、アメリカの日米安保に割く予算を削減できるし、なんならアメリカの弾道ミサイルを売り込む事もできる。
      トランプ大統領が日本の核保有を歓迎したのもその為。
      勿論、アメリカに、はいまだに日本をアメリカの脅威と考える議員や国民が居る。だから表立って日本に弾道ミサイルの保有するように促す事は出来ないからね。
      こうやって、同盟国ですらも揺さぶるのはアメリカの何時ものやり方だよ。

    • 匿名
    • 2020年 2月 19日

    わかります。
    日本に向けて撃ったら、中国へ飛ぶのでしょ?

    • 匿名
    • 2020年 2月 19日

    よくもまぁこうも次々と「新兵器」を持ち出しますね。
    構想段階を含め予算的に苦しくないのでしょうか。
    確か数年前には人工衛星云々といっていましたがあっちはあきらめたのでしょうか。

    • 匿名
    • 2020年 2月 19日

    我が国は粛々と高速飛翔体の実用化に取り組むべし
    朝鮮人には迎撃できないからね

      • 匿名
      • 2020年 2月 19日

      表向きは尖閣用でも韓国全土射程圏内だもんなあ

    • Al
    • 2020年 2月 19日

    中国は、韓国がTHAAD+北京を狙える中距離弾道弾を保有した、と捉えるだろうね。
    韓国の運命がどうなるかは歴史が教えてくれてるね。

    • 熊🐻
    • 2020年 2月 19日

    本当にアホな国やね
    今国対国が戦争をして国が持つと思っているのかな、?
    自前で戦争した事が無いからね😥
    前回のは助けてもらってやっと引き分けたのに

    • (;´∀`)サバ
    • 2020年 2月 19日

    韓国なんてどうでもいいから自分の国気にしたら?

    • 匿名
    • 2020年 2月 19日

    韓国人は弾道弾を究極兵器かなんかだと思ってるようで
    なんかあると日本へぶち込んでやれと息巻いてるけど
    通常弾頭の弾道弾とか全く怖くないんだがなぁ
    第二次世界大戦でどんだけ日本へ投弾されたと思ってんだろ
     
    まあミサイルの射程距離伸延は核弾頭開発の前準備なのはバレバレなんだが…
    だからアメリカも絶対に許さんわけだし

    • 匿名
    • 2020年 2月 19日

    中韓はお互いに仮想敵だから似た兵器が欲しいんでしょう。
    アメリカと同盟国ならアメリカに頼むことも出来るが中国がアメリカに韓国をなんとかしろとは頼んでもムダと考えているから直接武力に走り韓国も軍拡に向かう循環が出来てる。
    ついでにいうと韓国は北朝鮮の長距離ミサイルのいくつかは中国の支援で配備出来たと疑っている。
    北朝鮮が中国の尖兵という意識。
    韓国メディア曰く吉林省には対韓国向けの弾道ミサイル部隊も配備してあるとのこと。

    • 金 国鎮
    • 2020年 9月 20日

    昨年あたりから在韓米軍と韓国軍が韓国政府抜きで話し合っているようだ。
    在韓米軍の思惑と韓国軍の思惑が一致してきたのだろうが中距離弾道ミサイルの話もそれが関係しているようだ。

    韓国のミサイルが北京に東京に届くよりウラジオストックに届くほうが政治的にはもっと重要である。
    というのは北朝鮮はソビエト軍が作り上げた国である。
    ロシアは沿海州の経済開発に日本と韓国の企業の資金と技術が何としてもほしい。
    これで韓国はロシアと安全保障の話し合いに入る条件を手に入れたようだ。
    ムンジェインは勿論何もできない。

    最近、韓国国防部長官チョンキョンドが北の権力が金与正に移行しつつあると言った。
    韓国政府が嫌がる話だが彼はそれを無視した。
    どうやら韓国の政治が動きつつあるようだ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP