軍事的雑学

まもなく開幕するユーロサトリ2022、独仏共同開発の主力戦車も

パリでまもなく開幕するユーロサトリ2022には多くの来場者が訪れ、既にMGCSのデモンストレーターらしきものや130mm砲を搭載する主力戦車KF51の写真がアップされている。

詳しい内容は後日記事にする予定だが、現段階で既にワクワク感が止まらない

独仏が共同開発する次期主力戦車「MGCS」のデモンストレーター?

ラインメタルが発表する130mm砲を搭載する主力戦車KF51


ハンファディフェンスがユーロサトリ2022に持ち込んだレッドバックと英陸軍に提案するK9A2のモック

ラインメタルがユーロサトリ2022に持ち込んだトラック搭載の榴弾砲

イスラエルがユーロサトリ2022で発表する戦闘用のUGV

イスラエルがユーロサトリ2022で発表する屋内偵察用の小型UAV

米国のAM Generalがユーロサトリ2022で発表する榴弾砲(?)を搭載した戦術車輌(ブルータスの後継???)

日本の防衛装備庁がユーロサトリ2022に構えるブース

詳しい内容は後日記事にする予定だが、現段階で既にワクワク感が止まらない。

関連記事:独ラインメタル、130mm砲を搭載する主力戦車KF51をまもなく発表

 

※アイキャッチ画像の出典:Rheinmetall

ロッキード・マーティン、米空軍にT-50Aを提案するため再び韓国とタッグ前のページ

ユーロサトリ2022で韓国はK9A2をアピール、チェコは自走砲モレーナを発表次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    AN/APG-83を搭載したF-16が増加、米軍仕様と輸出仕様では異なる点も

    米空軍が保有する72機のF-16C/DがAN/APG-83への換装を含…

  2. 軍事的雑学

    アジア主要国は積極的にUAVを導入、中国軍、豪軍、フィリピン軍の保有数は1,000機超え

    アジア主要国の無人機(UAV)導入は1990年代末に始まり、特に中国軍…

  3. 軍事的雑学

    極超音速兵器に既存の迎撃システムが役に立たない理由

    ロシアや中国が開発に成功した極超音速兵器は既存の防空システムで対応不可…

  4. 軍事的雑学

    6/26更新|ウクライナ外国人義勇兵に参加した兵士の国籍と人数

    ウクライナのゼレンスキー大統領が創設した「外国人義勇兵」に参加する兵士…

  5. 軍事的雑学

    世界一高価なインドの戦闘機「ラファール」、1機辺りの導入費用260億円超え

    2016年にインドとフランスの間で結ばれた契約に基づき、インドは36機…

  6. 軍事的雑学

    6/19更新|各国がウクライナに提供している装備や物資のリスト

    世界各国がウクライナに支援している(重装備を除く)武器や物資の一覧表で…

コメント

    • 無無
    • 2022年 6月 13日

    他国の状況は常にチェック
    その結果としての選択がガラパゴスでも我が道を往くでもいいんだが、怠慢と無知から来る独善だと滅亡の道でしかない
    ガラパゴスの生命はあの島から出られないんだよ、それは自慢にならない悲劇なんだから

    14
      • はぁ
      • 2022年 6月 13日

      >怠慢と無知から来る独善だと滅亡の道でしかない

      現時点での防衛装備品は、完全にこの道を行ってますね。
      投資の選択と集中を行わなければ、日本の防衛産業に明日はないでしょう。

      13
        • 無無
        • 2022年 6月 14日

        そこまで悲観したくはないが、予算不足からくるスピード感喪失がいつ埋められるのか
        貧すればすなわち鈍す、っていう悪い流れを止めないとどうもならん
        中国韓国との違いは、技術よりも上向きか下向きかの意識の差に思えてね

        3
    • ido
    • 2022年 6月 13日

    個人的にはイスラエルの屋内偵察用ドローンが気になる。日本も、テロ用とかに警察に配備されないかな。というか右の写真のドローンの下についてるアームは何に使うんだろうか。

    4
      • 伝説のハムスター☆☆☆
      • 2022年 6月 13日

      第2世代のウルヴァリンの下についているアームは即席爆発装置対策に使うらしい

      現状用途別に別れていて非効率だからゆくゆくはペイロードハブを搭載して効率化を図るらしいよ

      4
      • ななし
      • 2022年 6月 13日

      これ使ってUFOキャッチャーの新世代バージョン作れないかな?
      ドローンを使ったUFOキャッチャー
      もちろん外見もUFOっぽくするの

      5
        • ido
        • 2022年 6月 13日

        想像するだけで面白そうだな。事故りそうでちょっと怖い

        1
    • 新・にわかミリオタ
    • 2022年 6月 13日

    >日本の防衛装備庁がユーロサトリ2022に構えるブース

    個人的にはDSEI Japan2023も、気になりますね。
    来年の3月ですから、年末の防衛装備移転三原則の改定も終わっているでしょうし、今回は一味違うことになるかもしれません。

    17
    • 折口
    • 2022年 6月 13日

    わぁすごい…KF51完全にMBTのサイズですね…。車体も転輪一つぶん延長されているのかな。大容積の有人砲塔という意味ではレオパルトのコンセプトの正当発展型という感じなのかな。

    対象的にEMBTはすごい攻めたコンセプトですね。パットンA2を思わせるような低姿勢化された砲塔にMBT70時代のようなリモコン機銃を2つも…。外装部品や付属品でシルエット自体はそれほど小さくありませんが、内部の装甲区画は相当にコンパクト化されているのでは。スペックの続報が楽しみですねこれは。

    7
    • hoge
    • 2022年 6月 13日

    EMBTがかなり攻めた未来の戦車感がありますね。
    砲側面や恐らく弾薬庫の防御力、目視での視察能力を犠牲に砲塔の小型化を突き詰めることで重量を減らして機動性を向上させて、APSのネイティブ対応や、対ドローン及び軽装甲車両に有効な機関砲をRWSに搭載し、車体側に乗員を増やすことで作業効率を向上させてますね。
    人員を増やしているのが車体側なので砲塔は小型のままですみ、重量の増加を防いでますけど、その分車体側の砲弾の搭載量が犠牲になっていそうなのが気になりますね。
    機関も換装されて砲弾のスペースが確保されているのか、あるいは機関砲があるから割り切っているのか…

    2
    • あばばばば
    • 2022年 6月 13日

    EMBTの全体像が見えるわけではないのではっきり言えないが、ちゃんと砲塔にルクレールのセンサー配置の面影があるし、車体もそれとなくレオパルト2の面影が残っている。
    しかし砲塔装甲が、ガリガリとよく言われる韓国軍K2よりガリガリなんだが大丈夫なんだろうか?
    四人乗りという部分も今後、少子化が進む先進国でどう思われるか気になる。

    2
      • ネコ歩き
      • 2022年 6月 13日

      自動装填機構付、乗員は車長、砲手、操縦手、システムオペレーターの4名ということで、従来とは一線を画す将来ネットワーク戦対応型MBTなんでしょうね。

      2
      • hoge
      • 2022年 6月 14日

      実質的に「既存の戦車の車体をそのまま流用した場合の無人砲塔」に近いものなのでは。
      砲システムを守るつもりはなくて本当は完全に無人砲塔にしたいけれども、既存の戦車の薄い車体では容積不足(T-14は砲塔が小さい分、車体が分厚い)ので、乗員をできる限り浅い位置に着座させてもどうしても上半身が車体から飛び出す部分だけ防護しているとか。

    • ちゃわんビートル
    • 2022年 6月 13日

    KF51の名前はパンターで決定したみたいだね
    新しいネコ科でも虎でもないんだ

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP