軍事的雑学

軍事的雑学|どっちが強い?F-15C vs F-14A 中東で交戦する可能性浮上

米国がイランへの制裁を再開したことで、一気にキナ臭くなった中東情勢。先日、米空軍は「F-15C イーグル」を中東に配備したと発表した。

参考:U.S Sends Fully Armed F-15 Fighter Jets In The Middle East Amid Iranian Threats

一時代を築いた制空戦闘機F-15とF-14の戦い

5月9日、米空軍中央司令部は、中東へF-15C“イーグル”の配備を発表したが、どれだけの機数を、どの基地に配備したのか、今後の追加派遣があるのは明らかにしなかった。

中東に派遣されたのは、恐らく英国、レイクンヒース空軍基地に駐留している、在欧米空軍「第48戦闘航空団」所属、第493戦闘飛行隊のF-15Cで、配備先は、アラブ首長国連邦のアルダフラ空軍基地が最も可能性が高い。

出典:U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. Jocelyn A. Ford

最近、この基地には中東地域初のF-35Aが配備された場所として、一躍有名になったりもした。

仮に、イラン空軍と戦闘が発生するようなことがあれば、米空軍のF-15Cと、イラン空軍のF-14Aが交戦する可能性がある。

米空軍のF-15Cは、何度かの近代改修を受けており、一部のF-15Cに搭載されているレーダーは、機械式アンテナをAESAに変更したAN/APG-63(V)2や、AN/APG-63(V)3にアップグレードされ、AIM-120DやAIM-9Xの運用能力を獲得している。

今回、中東へ配備されたF-15Cの写真を見ると、AIM-120CかDを6発、AIM-9Xを2発を搭載しているのが確認できたため、恐らくアップグレードを受けたF-15Cの中で、最新のタイプに属するF-15Cだ。

Attribution: علی خدایی / CC BY 2.0 イラン空軍機 砂色と水色による迷彩が施された機体(2016年)

一方、イラン空軍のF-14Aは独自の改修と、ロシアからの技術援助で電子装置などにも手が加えられているという。

F-14の主兵器である「AIM-54フェニックス」のストックをイラン・イラク戦争で使い果たしたイランは、独自に空対空ミサイル「Fakour-90」を開発した。

このミサイルは、AIM-54のコピーだと言われていたが、実際にはMIM-23ホークに使用されているロケットモーター「M112」を転用し、AIM-54にそっくりの安定翼を取り付けたもので、完全にMIM-23ホークの空中発射バージョンと言ってよく、本物のAIM-54よりも射程が短い(約100km前後)と言われてる。

補足:MIM-23ホークとは、米国のレイセオン社が1950年代末に開発した地対空ミサイルで、多くに西側の国で導入された。

誘導装置については詳細が不明だが、イラン側は発射母機からの誘導が必要なく、自律的に目標へ誘導されると言ってる。

さらに、ロシア製の空対空ミサイルの搭載が可能という噂もあるが詳細は不明だ。

 

正面からやりあえば、米空軍のF-15Cの勝利は確実だが・・・

もし米軍のF-15Cと、イランのF-14Aが正面からやり合えば、スペック上、F-15Cが勝利するのは間違いないだろう。

しかし、イランが改造したF-14Aと、イラン製空対空ミサイルのスペックには不明な部分が多く、アップグレードを行ったF-15Cも、2019年基準で言えば、それほど性能が良いとは言えない。

アップグレードで換装したレーダーに関しては、18年前に開発されたもので、最新型のF-16は、これよりも性能が高いレーダーを搭載している。

そのため、イラン空軍が正面からではなく、地対空ミサイルのS-300や、イランが開発した、飛行可能か怪しい「幻」のステルス戦闘機「ガーヘル 313」など、珍(?)兵器を総動員し、搦め手で攻めてきた場合、案外と面白い勝負になるかもしれない。

きっと、なるに違いない。

補足:ガーヘル 313とは、イランが開発した国産のステルス戦闘機だが、非常に小型機のため実用性があるのか疑問で、一部では飛行不可能なモックアップではないかと言われていたが、2017年に滑走路をタキシングしている動画が公開された。しかし、未だに飛行している姿を確認したものは誰一人いない。

イラン問題が平和的な方法で解決されるのが1番良いのだが、実戦という環境下で「F-15」と「F-14」、一時代を築いた制空戦闘機同士の世紀の対決に、軍事的興味が尽きない。

出典:public domain

最後に、これだけは言いたい。

可変翼を最大後退角の68度(注:空母収納時の75度ではない)まで下げた、矢のようなフォルムのF-14Aに、コンフォーマル・フューエル・タンクを装着しない痩せ型のF-15Cでは、圧倒的にカッコよさが違うのだ。

やはり可変翼は正義で、男のロマンだと思う。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. Jocelyn A. Ford

軍事的雑学|ゲルマン魂はどこへ?装備も金も意思もないドイツ軍はNATO弱体化の元凶前のページ

推進用プロペラで高速飛行!Advanced AH-64 Block 2 をボーイングが発表次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|近代化著しい中国海軍へに対抗策!陸自「12式地対艦誘導弾」の射程を400kmに延長

    陸上自衛隊が装備している『12式地対艦誘導弾』を改良し、射程を延長する…

  2. 軍事的雑学

    決断の時? 豪州、世界で最も高価な潜水艦「アタック級」調達中止を検討か

    オーストラリアの公共放送「ABC(豪放送協会)」は11日、豪国防省はコ…

  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓練中

    海外メディアは、ドイツ陸軍が導入中のプーマ装甲歩兵戦闘車は稼働率が低す…

  4. 軍事的雑学

    開発費不足に悩む韓国型戦闘機? 文政権が密かに補填したKFX開発費「全額削減」か

    韓国最大野党の自由韓国党は、2020年度政府予算案について大幅な削減を…

  5. 軍事的雑学

    日本従属型の安保構造から脱却?韓国、F-35「重整備」のため整備拠点誘致

    8月13日、韓国の野党、正義党所属のキム・ジョンデ議員が、日本の経済・…

  6. 軍事的雑学

    世界中から発注が殺到するF-16V、 ギリシャもV仕様へのアップグレードを84機分発注

    ギリシャは27日、空軍が保有する戦闘機F-16C/Dを最新のV仕様相当…

コメント

    • oominoomi
    • 2019年 5月 16日

    当然、細マッチョのF-15Cの方が圧倒的にカッコいいよね~、という話だと思ってました(笑)

    • 匿名
    • 2019年 5月 17日

    コンフォーマルタンク無いほうがカッコいいじゃんねぇ
    なんで空中戦するのにデブの方がいいんだよ?
    余計なもんついてない純粋な制空戦闘機であるC系列こそ真のF-15だよ

      • 匿名
      • 2019年 5月 17日

      コンフォーマルタンクもカッコいいやん!
      あのムキムキ感がたまらんのよ

    • 匿名
    • 2019年 5月 17日

    個人的にはF-15vsF-14よりもFA-18vsF-14を見てみたいです。
    そして世代交代の差を見せつけてほしいてますね。

    • 匿名
    • 2019年 5月 17日

    人の殺しあいに興味が尽きないか…

    • 匿名
    • 2019年 5月 19日

    可変翼は正義。分かるわ

      • 千葉在住
      • 2019年 10月 05日

      F-15の方が、好き

    • 匿名
    • 2019年 6月 05日

    MiG23も忘れないでください。

    • 匿名
    • 2020年 2月 26日

    甲乙付け難いかっこよさがあるよね
    ステルス機もかっこいいけどさ

    • 匿名
    • 2020年 4月 23日

    いや普通にF-15の方がスリムでかっこいいと思うけど・・・。
    度々思うが、此処の管理人とは話が合いそうにないな。まあこれは好みの問題だから何とも言えんけど。

    最大後退時のF-14だって、F-15よりデブでは?
    「矢の様なフォルム」って、言い回しだとは思うけど喩えが毎回的外れと言うか、アタマの中で言ってるだけで実際に矢を見たことがないんじゃないか?

    • 匿名
    • 2020年 4月 27日

    かっこよさならF-4には敵わない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP