軍事的雑学

軍事的雑学|米空軍が導入を検討する理由、F-35A vs F-15EX より優れた戦闘機はどっち?

現在、米空軍が導入を検討しているF-15EX。

もし導入されるとすれば、今後空軍の主力機となるF-35A、それを支援するF-15EX、それぞれが果たすべき役割の違いを考察していく。

F-35AとF-15EXの類似点は、空を飛ぶということ以外には価格面のみ

まずは両機種の類似点から見ていこう。

F-35AとF-15EXの類似点は、機体価格が非常に似通っているという点だ。

最新の生産ロットにおけるF-35Aの機体単価は、遂に9000万ドル(約100億円)を切るまでになったが、米国議会はより一層のコスト削減をロッキード・マーティンに要求している。具体的に言えば8000万ドル(約89億円)を切るよう求めいている。

出典:ボーイング

ボーイングがF-15を再設計し、最新のアビオニクスを詰め込んだF-15EXの機体単価は、おおよそ8000万ドル(約89億円)だ。

現時点では、F-35Aの方が10%程度価格が高いが、だからと言ってF-15EXが安価で調達性に優れているわけではない。数年後にはF-15EXとほぼ同じレベルにまで、単価が下がってくることは容易に想像がつく。

恐らく、これが両機における唯一の類似点で、意地悪な言い方をすれば、両機とも空を飛ぶという点も挙げられる。

 

スペックの違いは性能の優劣ではなく、特性の違いに繋がる

ここからは、両機の相違点を見ていく。

最大の違いは、F-35Aは第5世代のステルス機で、F-15EXは第4.5世代の戦闘機だという点。

ロシアの最新防空システム「S-400」なら、F-35Aを32km離れた地点で捕捉することができるが、F-15EXなら320km離れた距離からでも捕捉可能で、簡単に言えばF-35Aの低観測性は、F15EXの1/10という訳だ。

この数値は、さすが第5世代機の最新鋭ステルス機と言ったところ。

出典:Public Domain

スペックにも、第5世代機と、第4.5世代の違いがよく表れている。

F-35Aの最高速度はM1.6だ。最高15,000m上空を飛行でき、最大9.9トンの兵器を搭載でき、1070キロ離れた目標へ運ぶ事ができる。

F-15EXの最高速度はM2.5だ。最大21,000m上空を飛行でき、最大13.3トンの兵器を搭載でき、1770キロ離れた目標へ運ぶ事ができる。

しかも、F-35Aはウェポンベイ内にのみ兵器を搭載(約2トン、2,000lbのJDAM×2発、AIM-120C×2発)した状態なら、M1.2でスーパークルーズが可能だが、F-15EXの場合、アフターバーナーを使用しなければ音速突破は難しく、燃料消費の大きい音速飛行を常用することは困難だ。

出典:pixabay

逆に、スーパークルーズによる飛行や、ステルス性維持のため、武装の搭載をウェポンベイに限定した場合、その兵器搭載量の非力さがF-35Aの欠点だ。ステルス性を捨てた「ビーストモード」と呼ばれる場合でも、F15EXの兵器搭載量の方が、約50%以上多い。

どれだけの多彩な兵器を搭載できるのかにも大きな違いがある。

F-35Aには、空対空兵器専用のハードポイントが4、あらゆる兵器を搭載できるハードポイントが6、計10のハードポイントが備わっている。F-15EXには、空対空兵器専用のハードポイントが8、あらゆる兵器を搭載できるハードポイントが11、計19のハードポイントが備わっていると推定される。

出典:ボーイング

ハードポイントの差は、それだけ多くの種類の兵器を一度に搭載でき、どんな状況でも、どんな目標へも、最適な攻撃手段を備えておくことができるという意味で、攻撃手段の柔軟性と多彩さにおいて、第5世代機のF-35Aは、未だに第4世代機、第4.5世代機を超えることが出来ていない。

最後は、両機種の運用コストだ。

F-35Aは1時間飛行するための費用を、F-16並の2万ドルに抑えられるよう計画されていたが、実際には3万5000ドルの費用が必要だ。F-15EXは、2万7000ドルで済むため、1時間あたり8000ドルの運用コスト差が発生することになる。

さらにF-15EXは、米空軍で使用しているF-15C、F-15Eと70%以上もの部品共通性があり、地上設備や、シュミレータなどを使い回せるため、機体以外に掛かる導入費用が安く、導入にかかる時間も節約できる。

これはF-15EXが優れているのではなく規模の問題だ。

出典:ロッキードマーティン社

F-35Aが今後量産され、運用される規模が大きくなり、何かと問題の多いALIS(ロッキード社が開発した兵站・物流システムのソフトウェアの名称)が、本来の実力を発揮できるよう改善が進めば、運用コストが下がってくるだろう。

現時点ではF-15EXが有利だが、最終的にはこの関係は逆転するものと予想される。

 

F-15EXの導入は、ある意味、必然なのかもしれない

空軍のF-15EX導入支持派の主張としては、F-35Aを現在のペースで導入しても、先にF-15Cの機体寿命が切れてしまい、空軍全体の航空戦力が減少し始める。

理想は第5世代のステルス機で空軍の航空戦力を更新することだが、未だに第4世代機を全ての面で上回る第5世代機はなく、その上、運用コストも高い。そのため、一定数の第4世代機を保有し続ける方が、理にかなっているという論法だ。

これは米空軍が、出来るだけ早く達成すべき目標として掲げている、第5世代機が50%、第4世代機が50%という航空戦力比率に合致する。

出典:pixabay

最大の問題は、米軍全体で推し進めている戦場のネットワーク化、情報の共有化に、現在のF-15Cや、F-15Eは対応できていない。もし旧型のF-15の寿命を延長し、ネットワークに対応させて行けば、これもまた莫大な費用がかかる。

結局、全機を第5世代機に置き換えるのは、費用の問題や、第5世代機特有の特性のため時間が掛かるので、F-15EX導入は、突然湧いて出てきた話ではなく、ある意味、必然だったのかもしれない。

一つ言えることは、F-15EXが活かすためのは、F-35Aの存在が欠かせないと言うこと。F-15EXは、決して第5世代機にとって代われる存在ではないが、F-35Aがステルス性を存分に活用するためには、非ステルス任務をこなすF-15EXがあってこそだ。

現時点で言えるのはここまでで、F-15EXに搭載されるアビオニクスが判明すれば、米空軍がF-15EXを、どのように活用しようとしているのか、もう少し詳しく判明するだろう。

 

余談だが、日本のように、迎撃に特化(限定的な攻撃能力)した航空戦力規模なら、F-35AとF-15EXを使い分けるより、F-35A一本に絞った方が効率的だろうと思う。

出典:pixabay

最後に、これだけは言っておきたい。

コンフォーマル・フューエル・タンクを装備し、攻撃兵器をフル搭載した無骨なF-15は、世界一カッコいい戦闘機の一つだと確信している。

 

※アイキャッチ画像の出典:ボーイング

関連記事

  1. 軍事的雑学

    F-22よりも価格が高い?米海兵隊が開発した「世界で最も高価」なヘリコプター

    B-2爆撃機や、エアフォースワンなど大型の軍用機以外で、最も高価な軍用…

  2. 軍事的雑学

    タイフーンかF/A-18か?F-35の復活か?ドイツ、2020年にトーネード後継機選定

    ドイツ国防長官のクランプ・カレンバウアー氏は、ドイツ空軍が運用中の戦闘…

  3. 軍事的雑学

    グリペン好きなブルガリア大統領、署名したF-16V導入契約を拒否

    ブルガリア政府が承認した総額12.5億ドル(約1,354億円)のF-1…

  4. 軍事的雑学

    日本と北朝鮮が交戦状態に陥れば、米国は日本側で韓国は北朝鮮側で参戦か?

    もし日本と北朝鮮が交戦状態に陥った場合、米国は日本側で参戦し、韓国は北…

  5. 軍事的雑学

    対日従属した韓国安保!日本が韓国軍のF-35整備を拒否する『屈辱的』な状況を恐れる

    今年の2月、韓国国防部傘下の防衛事業庁が「韓国もF-35の整備国に選ば…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|米国がF-35の引き渡しを拒否する?トルコのS-400導入の本気度は?

    今回はF-35のお話です。F-35導入国(予定)のトルコが、もしロシア…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 7月 05日

    F-15exを従来型エンジンで運用する前提の話ではパフォーマンス不足は否めない
    でも新型エンジン搭載すればどうなるか
    日本で設計してるIHJ製のエンジンはF-15J改搭載可能だという話もある
    そしてブログ主さんが言うとおりF-15はカッコイイ!! ←これ大事

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP