軍事的雑学

F-15再降臨か?米空軍がF-15Xを購入するかもしれないという話

米国空軍がF-15の最新バージョンの購入をするかもしれないと言っています。

If the money is there, new and improved F-15s could be coming soon to the Air Force
出典:Defensenews

米空軍が現在保有する全ての航空機の内、第4世代の航空機が80%、第5世代の航空機が20%で、これを今後50%-50%のレベルまで第5世代の航空機を増やしていく方針だそうです。しかしこれを達成するということは、今後、第4世代の航空機を購入せず、第5世代の航空機しか購入しないという意味。

しかし「50%-50%」までに持っていくには、あと10年ほどかかる予定らしいが、現在空軍が保有するF-15C/D、F-15E、F-16、A-10など第4世代の航空機の寿命が2030年まで保たないらしい。

米空軍はF-35Aを年間72機(あくまで予定、予算が通ったらの話)のペースで調達するけど、第4世代、特にF-15C/Dはリフレッシする必要があるので、F-15Xを新規に購入するかもしれないという話。

72機全てがF-35Aにならないかもしれないが、F-35AとF-15C/Dはお互いに補完し合う関係で、F-15C/DはF-35Aには決してならないが、戦力規模を維持するための数量がいると言っています。

海兵隊用のF-35Bや海軍用のF-35Cはまた別な話なので、純粋にF-35Aだけを年間72機も購入できるって凄いですよね。

管理人は全ての実戦機を第5世代に置き換える必要はないと思っています。

しかし、米空軍はどうもA-10がお嫌いらしく、何度も退役の危機にw

その都度実戦で成果をあげて生き延びてきましたが、米空軍はこれをF-35で置き換えようとしています。

近接支援機にステルス性能なんているんでしょうか?

目視距離で戦闘するのにステルス性能必要?

近接支援が専門のA-10も、度重なる改修で、夜間攻撃能力や、精密誘導兵器なども搭載可能になり、30mm徹甲弾をばら撒くGAU-8 アヴェンジャーガトリング砲や、無誘導ロケット弾などの旧来の戦い方から卒業しつつあるので、近接航空支援のあり方も変わってくるんでしょうか?

うーん、なんか違うw

A-10といえば、これですよね?

関連記事

  1. 軍事的雑学

    次世代小銃は発砲音も閃光もなし?米陸軍、ステルス小銃を開発

    米陸軍は最先端技術を用いて、小銃発砲時の騒音と閃光を無くし、敵に気づか…

  2. 軍事的雑学

    ロッキード、再整備を施したステルス攻撃機「F-117」を公開! もちろん博物館寄贈用として

    ロッキード・マーティン社は米空軍のために開発した世界初のステルス攻撃機…

  3. 軍事的雑学

    日本の水陸機動団、第二次大戦以降「最大規模」の上陸演習『タリスマン・セイバー19』参加

    陸上自衛隊と海上自衛隊は、オーストラリアのクイーンズランド州、ショール…

  4. 軍事的雑学

    米空軍に必要な新型空対空ミサイルは、コンパクトなペレグリン?長射程のAIM-260?

    2020年代中の完成を目指し、全く異なる2つの新型空対空ミサイルが開発…

  5. 軍事的雑学

    軍事的雑学|狙われたら最後?ASM-3を超える最強対艦ミサイル「ブラモス」が“最凶”へ進化

    ロシアの“ロシースカヤ・ガゼータ”によると、ロシア・インドが共同開発し…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|豪州「ステルス無人機」開発を発表!自律飛行による編隊飛行も可能!

    オーストラリア国防省が密かに開発していた「Loyal Wingman」…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 3月 12日

    近接航空支援するために、隠密に目標まで接近するためにはステルス機が有利なのですよ!
    A10は確かに良い機体でしょうけどね。

    • 匿名
    • 2019年 5月 11日

    F-35で近接航空支援やるためにA-10の30mmガトリング砲アヴェンジャーを25mmにダウンサイジングしたイコライザーをF-35Aは機内搭載していますが、F-35BやF-35Cは機関砲内蔵してないので機関砲が必要ならガンポッド搭載ですね。
    アメリカ海兵隊が即応殴り込み部隊なので近接航空支援もF-35Bにやらせるなら機関砲内蔵してそうなんですが、リフトファンでスペースが無いんでしょうね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP