軍事的雑学

軍事的雑学|英国は単独で、独仏は共同で第6世代戦闘機開発に乗り出す

ドイツとフランスは共同で、第6世代戦闘機の開発を模索するようです。

参考記事:Airbus, Dassault tapped to pin down Franco-German fighter plans

ドイツ・フランスも第6世代戦闘機?

ドイツとフランスは、第6世代の戦闘機に関する両政府のビジョンを絞り込むための契約を発表。この契約の受注社はエアバスとダッソー、期間は2年間で6,500万ユーロ(7,400万ドル)。

この発表は、野心的なFuture Combat Air Systemプロジェクトは、契約企業が新しい概念をより具体的に形にすることを承認するもので、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース社は「この計画は、今世紀でも最も野心的なヨーロッパ防衛計画の1つ、今回も契約で計画が完全に動き出した」と話した。

FCASプログラムで開発される戦闘機は、2040年頃、フランスの戦闘機「ラファール」と、ドイツの戦闘機「ユーロファイター」を置き換えることを目標としています。そして欧州ではF-35レベルの戦闘機を開発した経験がないにも関わらず、第5世代戦闘機をスキップし、第6世代戦闘機に進むことを意味しています。

2019年中にはデモエンジンの製造契約を結ぶ予定らしい。

そもそも第6世代戦闘機の定義は?

確か、英国でも次世代戦闘機「テンペスト」の開発を進めているはず。これも第6世代戦闘機だと言われています。

そもそも○世代という表現は、F-22が誕生した前後から頻繁に使われるようになったと記憶しています。

要するに、F-22はそれ以前の航空機と決定的に異なる部分、いわゆる「ステルス」という概念を具現化したもので、それが第5世代戦闘機と呼ばれるための必須になっているようですが、当初、米空軍が第5世代戦闘機が備えるべきものに挙げたのは、ステルス性能と、スーパークルーズ(アフターバナーなしでの音速巡航)、短距離離着陸の3つ。

ステルス以外なら、ラファールも、ユーロファイターも、スーパークルーズが可能で、短距離離着陸も十分可能。だから第5世代戦闘機=ステルス機という認識になっているんでしょうね。

で、最近ちらほら聞こえてくる第6世代戦闘機という言葉。

未だに第6世代が何を指した言葉なのか、誰も知らないw

第6世代戦闘機だと言われる、テンペストにしても、おそらく各種電子機器の性能や、ステルス性能が大幅に強化されているだろうと思いますが、それは概念的に、第5世代戦闘機の延長線上でしかなく、F-22が登場したときのような、全く新しい、F-22以前の戦闘機には持ちえないと言うほどの差別化が、果たして第6世代戦闘機にあるのかどうか・・・

AIによる完全な無人戦闘システムが完成すれば、きっと第6世代戦闘機=無人戦闘システム搭載になると思いますけどね。

軍事的雑学|日本の新型「3000トン型潜水艦」は、そうりゅう型潜水艦を超える?前のページ

軍事的雑学|海外機案は除外決定!日本の次期戦闘機F-3開発は国内新規開発で決定か?次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    米海軍が第6世代戦闘機「F/A-XX」に求めるのは、ステルス化したF-14トムキャット

    米海軍が現在、直面している深刻な問題は、ジェラルド・R・フォード級空母…

  2. 軍事的雑学

    潜在的輸出先はイスラム圏? トルコ、マレーシアに第5世代戦闘機「TFX」計画への参加を要請

    トルコの第5世代戦闘機「TFX」を開発しているトルコ航空宇宙産業は、マ…

  3. 軍事的雑学

    インドに最適な戦闘機は「グリペンE」? 技術移転が可能でコストは「ラファール」の半分

    スウェーデンに拠点を置く航空機・防衛産業企業のサーブ社は、自社の戦闘機…

  4. 軍事的雑学

    尖閣諸島も作戦半径内!中国、正式にステルス戦闘機「J-20」配備を宣言

    7月28日、香港のサウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国人民解放軍…

  5. 軍事的雑学

    米軍需要が韓国から台湾へ? 台湾、米国と共同でF-16メンテナンスセンターを設立

    台湾の「自由時報」は17日、アジア・太平洋地域初となる戦闘機「F-16…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|秘密だらけの“そうりゅう型潜水艦”に乗れる?海上自衛隊のレアイベント!

    今回は海上自衛隊の潜水艦に乗れるかもしれないと言うお話です。…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 2月 08日

    本当に第六世代の戦闘機って何なんでしょうね。ジェットエンジン使わず、UFOみたいに飛ぶ機体なら凄いのですが、重力制御で飛行とかって、まだまだSFの中だけでしょうかねぇ。

    • 匿名
    • 2019年 2月 18日

    ステルスと電子妨害が当たり前になったら、結局は有視界下で高機動機同士が、大量装備された小型映像認識ミサイルでドッグファイトとかするんじゃなかろうか。

    つかエースコンバット万歳

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP