軍事的雑学

イスラエル、投棄後にF-35のステルス性能が回復する「機外燃料タンク」を開発か?

第5世代戦闘機「F-35 ライトニングⅡ」はブラックボックスの塊で、米国以外の購入国が独自に改造することが許されていないはずなのに、ある国だけはF-35の独自改造を許されている。

参考:Israel to Eradicate Some of F-35’s Downsides by Heavily Modifying Them

米国以外で唯一、F-35の独自改造が認められているイスラエル

第5世代戦闘機「F-35」は、例え購入国であっても勝手に改造することは禁じられており、購入国が新しい装備品や電子装置をF-35で使用したい場合、ロッキード・マーティンに依頼(必ず対応してもらえるとは限らない)しF-35に統合する必要があるが、1つだけ例外が存在している。

独自の指揮統制通信演算(C4)システムや兵器を搭載出来るように改修した「F-35I アディール(ベースはF-35A)」を調達しているイスラエルだ。

イスラエルはF-35が搭載するコンピュータに直接アクセスすることは出来ない(ロッキード・マーティンから拒否された)が、F-35が搭載するコンピュータの基本ソフト(OS)の上で動く「ソフトウェア扱い」で独自のC4システムを搭載することを認めさせたので、高度なF-35が搭載するセンサーによって収集したデータを独自のC4システムが扱えるようになる。

これはF-35が収集したデータを直接、イスラエルの陸海空軍で共有することが可能になるという意味だ。

出典:U.S. Embassy Tel Aviv / CC BY 2.0 F-35I アディール

このようなソフトウェアの改造以外にも、イスラエルは機体に手を加えることを米国に認めさせたので独自の改良をF-35Iに施す予定だが、実際、どのような改良を行うのか不明な点も多い。

現在までに判明している主な改良案は2つだ。

1つ目は「プラグアンドプレイ方式」による追加機器の接続を利用し、イスラエルが独自に開発する電子妨害装置を搭載することを検討しており、これは敵の防空システムに対する柔軟性(ステルス性能と電子妨害の2つの選択肢)を確保するためだと言われている。

出典:Deror Avi / CC BY-SA 4.0 F-35I アディール

2つ目は、F-35Iに装着する2つの異なる「増槽」開発が計画されているという。

イスラエルが独自に開発する増槽にはステルス性能がなく、F-35Iの主翼下に設置したパイロンに接続して使用するためF-35Iのステルス性能は著しく低下するが、敵の脅威空域に侵入する前にパイロンごと増槽を投棄すると、F-35Iのステルス性能が回復するという代物だ。

米国と共同開発する増槽は、機体に密着しF-35のステルス性能を阻害しないタイプの増槽で、これについては米軍も採用するかもしれない。

以上のようにイスラエルは、日本を含むF-35購入国が出来ないF-35の独自改良を自由(手を出せない部分もある)に行っているように見え、同じ購入国としては歯がゆい思いが無いわけではない。

では、なぜイスラエルは米国に特別扱いされるのか?

真っ先に思いつくのは米国社会におけるユダヤ人の・・・ この辺りの話は、あまりにも政治的な話になるので当ブログではスルーする。

もう一つの理由に挙げられるのは、敵対する国に囲まれているイスラエルは、日常的に軍事行動を行っているため新兵器を実戦で試すには最高の環境であり、世界で最も実戦慣れしているイスラエル軍が「必要」と考える兵器開発を、米国は資金や技術で支援しており、その見返りとしてイスラエルから実戦データを得ている。

結局、その御蔭でF-35の完成度が高まっていると考えれば、間接的にだが日本を含むF-35購入国もその恩恵を受けているとも言えなくもない。

どちらにしても、日本がイスラエルのように独自改造を認められることは、恐らく100%ないだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:Major Ofer, Israeli Air Force / CC BY 4.0 F-35I アディール

関連記事

  1. 軍事的雑学

    日本従属型の安保構造から脱却?韓国、F-35「重整備」のため整備拠点誘致

    8月13日、韓国の野党、正義党所属のキム・ジョンデ議員が、日本の経済・…

  2. 軍事的雑学

    GPSや無線が使用不可でも平気?米軍、超原始的手法でロシアの通信妨害を無効化

    米国はイラン軍がGPS信号及び通信信号の妨害しているとし、中東地域のペ…

  3. 軍事的雑学

    米軍が主張する「40年前の一文」に韓国軍唖然、「戦時作戦統制権」返還が無意味に?

    40年前の1978年、米韓連合司令部を創設する際に盛り込まれた「国連司…

  4. 軍事的雑学

    賢い買い物か?ポーランド、1機あたり約220億円でF-35Aを32機導入

    ポーランドが米国に売却を要請していた32機のF-35Aについて、9月1…

  5. 軍事的雑学

    完全復帰! 米海軍、空母「ジェラルド・R・フォード」海上試験を無事クリア

    空母「ジェラルド・R・フォード」は、動力部のメンテナンス完了を確認する…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|海上自衛隊の潜水艦が敵役?日米英3ヶ国による潜水艦狩り訓練!

    今回は明日、3月14日から実施される日米英共同訓練についてのお話と、欧…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 22日

    F-35(機内燃料のみ 18,498lbs)の戦闘行動範囲:約1,200㎞
    イスラエル(エルサレム)~イラン(テヘラン)の距離:約2,000km
    イスラエル(エルサレム)~イラン(ブーシェフル=原発がある都市):約2,000km
    米空軍の標準的な増槽:4,000lbs *2なら、移動距離:1,000kmぐらい?(フェリーモードで)
    増槽は必須アイテムでしょうね。

    • 匿名
    • 2019年 10月 22日

    増槽も追加したらいかんのか?
    国産ミサイル装備すんのと扱い変わらん気が済んがなぁ。
    特に日本は侵攻するわけじゃないからイスラエル方式は有用そうに見えるが。

      • 匿名
      • 2019年 10月 22日

      現代の増槽は非常時以外には投棄されず、戦闘機の高G機動にも耐える性能が要求されるので、対空ミサイル並みに高価で貴重な装備となっている
      当然実際に搭載して機動・投棄しても問題が無いかの試験も必要だし、ステルス性の試験も必要(レーダーリフレクターとしても使用出来るので)
      そうとなれば、勿論ミサイルと同様にロッキード・マーティンの許可が必要となる。そもF-35はアップデート等で稼ぐプリンター型の商品でも有りますので

    • 全てF-35B
    • 2019年 10月 22日

    F-35は増槽を投棄しても、ステルス性能が回復しないのか。
    それはさて置き、イスラエルに頼めば、色々付けられるということかな。

    • 匿名
    • 2019年 10月 22日

    技術力ってのもあると思いますね
    一分野でもいいので相手と同等以上と認められれば譲歩を引き出せると思います
    イスラエルは何だろう。C4Iかな
    日本で良いのはシーカーとか?

    • 匿名
    • 2019年 10月 22日

    イスラエルは1970年代からF-15、F-16、F-15Eと当時の最新鋭機調達でアメリカに優遇されていますから、その流れもあるでしょうね。
    アメリカ以外では最上位の10%程度の出資をしたレベル1のイギリスよりFMS優先顧客であるSCPのイスラエルが優遇されているのはどうか、とは思いますが、イギリスにもF-35のソースコード開示はない状態です。

    F-35Bのみで138機から60機まで調達数を減らしかねないイギリスよりは、F-16のリプレースで最大で200機のF-35A調達が見込まれ、F-15/16導入から即座に実戦投入したイスラエルを優遇するのは実験場としての意味合いも強いのでしょう。

    • 匿名
    • 2019年 10月 23日

    ニダ国ステルスにぶら下がってたコンフォーマルタンクの元ネタはこれかしら
    イスラエルには開発可能でもウリナラでは無理なのに
    それでも 聞いた=ウリにも開発可能 で舞い上がる……

  1. 2019年 10月 25日

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP