軍事的雑学

高額な導入費用の謎、F-16はコスパに優れた戦闘機というのは幻想か?

ブルガリア政府は、8機のF-16C/D block70/72と関連機器を、総額12.5億ドル(約1,354億円)で購入する契約を承認した。

参考:Bulgaria Agrees to Buy F-16 Jets From U.S. in $1.25-Billion Deal

現在でもF-16は比較的安く、コストパフォーマンスに優れた戦闘機か?

昨年、ブルガリア政府は、老朽化したソ連製戦闘機のMig-29を更新するための戦闘機として、F-16C/D block70/72を選定し、米国に対し売却を要請していた。

これに対し6月2日、米国務省は、8機のF-16C/D block70/72と、搭載兵器(AIM-9やAIM120など空対空ミサイルや数種類の精密誘導爆弾)やシュミレーター、スペアパーツ、保守サービスなど関連機器を、総額16.73億ドル(約1,811億円)で売却する要求を承認した。

出典:pixabay Mig-29

米国が承認した16.73億ドルという契約金額は、ブルガリア議会がMig-29を更新するために承認していた予算の上限を超えており、ブルガリア政府は、値下げを目的にした価格交渉に入ったが、万が一、値下げに応じなかった場合に備えて、ブルガリア議会に対し、戦闘機導入予算の増額を求めていた。

ブルガリア政府は米政府に対し、F-16C/D block70/72の導入に必要な契約の総額を12億ドル以内に収めること要求し、最終的に総額12.5億ドル(約1,354億円)、当初の価格から4億ドル(約430億円)以上の割引を受けて契約が合意に至った。

当初の契約金額では、1機あたりのF-16C/D block70/72導入費用(機体単価ではない)が2億ドル(220億円)を超えていたが、今回の新しい契約で、1機あたりの導入費用が約1.5億ドル(約162億円)まで安くなった。

旧ソ連製の軍用機しか運用してこなかったブルガリア空軍にとって、F-16C/D block70/72導入は、初めての西側製戦闘機になるため、機体だけではなく、運用に必要なインフラ整備や、搭載兵器を一から導入する必要があるため、機体以外の部分、西側戦闘機運用のためのインフラ整備に多くの費用が必要になったため、ここまで高額な契約になったのだろう。

今後、ブルガリアがF-16を追加導入すれば、今回の高額な初期投資が生きてくるだろうが、現在のブルガリア空軍の規模と需要を考えると、多くても数機の追加導入、もしくは今回の8機導入で打ち止めの可能性が高い。

出典:pixabay F-16C/D

最新型のF-16の機体価格については諸説あるのだが、block70/72(通称:V仕様)のようなフル装備のパッケージの場合、3,500万ドル(約37億円)から5,000万ドル(約54億円)と言われている。

比較的安価だと言われていたF-16は、視界外戦闘能力もなく短距離空対空ミサイルのAIM-9で武装した初期型(A/B型1,400万ドル前後)の話で、改良に次ぐ改良を重ね、いつの間にか全天候下での対空対地攻撃能力を付与され、レーダーはフェーズド・アレイ・レーダーに置き換わり、精密誘導兵器の運用を行うための目標指示ポッドの携行可能になり、遂には自動地上衝突回避の機能まで備え、第5世代機に非常に近いアビオニクスを持つ第4.5世代機のF-16C/D block70/72は高価だ。

さらに言えば、制空任務や対地攻撃任務など単一任務ごとに戦闘機や攻撃機を運用していた時代とは異なり、現代のマルチロール機化した戦闘機を導入し運用するためには、必要になる兵器の種類が増え、これを揃えるため、さらなる費用の支出に迫られるのも運用費用上昇の要因だ。

ブルガリアの契約を例にすれば、総額12.5億ドル(約1,354億円)の内、純粋な機体購入費用は約4億ドル程度で、残りの約8.5億ドルを、F-16を運用するために必要な搭載兵器の購入や、シュミレーター、スペアパーツ、保守サービスの導入のために使われる。

結局のところ、F-35を導入しても、F-16を導入しても、機体購入に掛かる費用よりも、運用維持に掛かる費用の方が圧倒的に高額で、恐らく、運用維持に掛かる費用はF-16を選択したからと言って大幅に安くなるということはない。

F-16は比較的安く、コストパフォーマンスに優れた戦闘機というのは、もはや幻想なのかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|サウジが韓国K2戦車を購入?頑固なドイツ、強かな米国、天狗な韓国

    ロシアの“ロシースカヤ・ガゼータ”が、サウジアラビアが韓国のK-2戦車…

  2. 軍事的雑学

    軍事的雑学|「F-35BライトニングⅡ」入手は絶望的?トルコ初の空母「アナドル」が進水!

    トルコが軽空母としても運用可能で、スキージャンプ台を備えた強襲揚陸艦「…

  3. 軍事的雑学

    軍事的雑学|狙われたら最後?ASM-3を超える最強対艦ミサイル「ブラモス」が“最凶”へ進化

    ロシアの“ロシースカヤ・ガゼータ”によると、ロシア・インドが共同開発し…

  4. 軍事的雑学

    軍事的雑学|ステルス戦闘機「F-35」は勝手に整備も出来ない?

    日本も導入しているステルス戦闘機、F-35タイプの整備について簡単にま…

  5. 軍事的雑学

    ベル「水陸機動団にAH-1Zが最適」、陸上次期戦闘ヘリ選定へアピール

    MAST Asia 2019に参加しているベル・ペリコプターが、陸上自…

  6. 軍事的雑学

    軍事的雑学|史上初、米海兵隊所属のF-35Bが「エレファント・ウォーク(象の行進)」を披露!

    米国海兵隊は、サウスカロライナ州にあるビューフォート基地で、第501海…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 7月 13日

    鳴門親方がトランプに突っ張りかましてアメリカ議会をうっちゃってくれれば7機に増やせるかもしれない

    • 匿名
    • 2019年 7月 14日

    脳内情報のアップデートしないオタさん結構多いですもんね

    • 匿名
    • 2019年 7月 15日

    F-16がアップデートのたびに価格を上げてきたのは事実としても、完全新規の少数導入などという、さらに高騰する買い方してるんだから仕方ないわな。

    • 匿名
    • 2019年 7月 16日

    でも維持費、ステルス塗料代を考えれば多少安い…… んじゃないかなぁ。単純な機械の方が長生きするし。
    Fー35がんがん安くなってるから、導入出来る国ならそっちの方が良くなる時代になるのかねぇ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP